診療メニュー

胸・豊胸・バストアップ

女性らしく美しいボディラインを手に入れるために、理想的な胸・バストを目指しましょう。

当院での豊胸術は大きく3つの方法で行っております。脂肪注入、ヒアルロン酸注入、シリコンバッグ挿入術です。これらを適宜組み合わせて行うこともあります。いずれの方法にもメリット、デメリット、また患者様に合う、合わないがあります。カウンセリングをしていくなかで、最適な方法を提案してまいります。

こんな方にオススメです。

  • バストが小さいのが悩み
  • 乳輪をもっと小さくしたい
  • とにかく大きな胸が欲しい
  • 乳首が陥没していて心配
  • ツンと上向きのバストが理想
  • 乳首が大きくて恥ずかしい

当院では、カウンセリング時に胸郭の形状やもともとのバストの大きさ、筋肉(大胸筋)の状態、下垂の程度など、全てを正しく認識することが、ご希望される理想のバストに仕上げるためには何よりも大切だと考えています。

脂肪注入

自然に近い形のボーリュムアップで、最も違和感の少ない豊胸術の一つ

腹部、太もも、ウエスト周りなど、脂肪のいらないところから脂肪吸引を行い、麻酔液、血液等を除去したのち、濃縮した脂肪をバストに注入します。脂肪注入法によるバストアップのメリットは、まず自分でも他人でも触った時の感触が非常に自然であるということです。同じ脂肪組織で大きくするためです。また、姿勢を変えた時、たとえば仰向けの状態でも重力に従って自然に垂れるので、寝た時の形も違和感がありません。長期的にみてもシリコンバッグのように全体的に硬く触れることはありません。
これらの自然な感触や形態の維持は、ヒアルロン酸やシリコンバッグに勝るものといえます。また、注入する部位、注入量などを微調整することで、例えば谷間を大きくする、痩せたデコルテをふっくらさせる、授乳後でしぼんだバストの上半分にハリを出す、きれいなカーブにする、などご希望の形に近いデザインが可能です。また、注入後、注入脂肪は一部吸収されますが、安定した後はヒアルロン酸のように吸収されてなくなることはありません。
デメリットとしては、注入された脂肪は一部吸収されてサイズダウンすること、もともとスリムで脂肪が少ない方は、数回の施術が必要になること、また丁寧な注入手技を怠るとしこりや石灰化の原因となりやすいことなどがあげられます。主に乳腺組織と脂肪組織からなるバストをご自身の脂肪組織で大きくすることは、自然に近い形でのボーリュムアップですので、最も違和感の少ない豊胸術の一つと言えます。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入ヒアルロン酸を専用の針で注入します。施術時間は30分から1時間程度です。注入する位置によって、自由にバストのデザインができます。数回にわけて徐々に大きくしていくことで、他人に気づかれる心配も少なくできます。
バストアップも可能ですし、形を整える感覚で、1~2カップ程度のサイズアップもできます。注入のみですので、ダウンタイムが短い点がメリットといえますが、長期的にはヒアルロン酸は吸収されていくので、サイズダウンを感じたら再度注入するか治療法を変える必要があります。

詳しくはこちら

シリコンバッグ豊胸術

シリコンバッグ豊胸術シリコンバッグを挿入し、バストをサイズアップします。希望のサイズへのバストアップや、出産・授乳によって下垂又は、しぼんでしまった胸の形を整えます。
患者様の体型や元々の胸の大きさ、希望のサイズなどにより、挿入部位やバックサイズ、形状などを診察により決定していきます。当クリニックでは、アメリカのFDA(米国食品医薬品局:日本の厚生労働省にあたります)の認可を受けたバッグを使用しております。

バッグのタイプ

シリコンバッグには大まかな種類があり、表面がつるつるのスムースタイプ、ざらざらしたテクスチャードタイプ、丸い形をしたラウンドタイプ、滴の形をしたアナトミカルタイプなどがあります。スムースタイプは体の動きに対して強いですが、被膜拘縮(バッグがコラーゲンの膜に覆われ、徐々にその膜が硬くなる現象)が起こりやすいと言われています。
その点、テクスチャードタイプは術後の痛みがあるものの、被膜拘縮が起こりにくいと言われています。ラウンドタイプかアナトミカルタイプかはご希望のサイズや体型にもよります。どのタイプが最適であるかは、患者様とそのご希望により千差万別ですので、診察により選択していきます。

乳輪縮小

乳輪縮小先天的に乳輪が大きい、授乳によって乳輪が大きくなってしまったなど乳輪の大きさに悩む女性は少なくありません。また、バストの大きな方は成長過程に乳輪も大きく広がってしまうことがあります。乳房や乳首の状態、乳輪を小さくする手術方法は様々で、基本的には乳輪外側部分の周囲を丸く切除し、皮膚を縫い縮めます。もちろん局部麻酔を行うため術中の痛みはなく、また乳腺を傷つけることも、授乳時への影響もありません。

詳しくはこちら

陥没乳頭

陥没乳頭陥没乳頭の原因の一つは、乳管の未発達障害によるものと言われています。
手術は、母乳を出す乳管を傷つけることなく、アプローチしていきますので、未婚女性で将来お子様を・・・と気にされている方も、安心してうけていただけます。

乳頭縮小

乳頭縮小授乳後、乳輪が大きくなった、乳頭が伸びてしまった、また出産経験はないが、胸の大きさと比較して、乳輪、乳頭のバランスが悪い、など乳輪乳頭のコンプレックスをお持ちの方は意外と多いものです。
乳首が長い場合は、乳首の根元の皮膚を切除して縫い付ける方法、乳首が大きい場合は、乳首の先端の皮膚をカットして縫い縮めます。このほか、個人の乳頭の形に合わせて様々な手術法があります。男性で大きな乳頭に悩んでいる方も施術可能です。

乳輪乳頭縮小・乳頭縮小術:陥没乳頭

ピコニップルケア®

ピコレーザーで"ちくびはく(乳首美白)"

黒ずんでしまった乳輪・乳頭を、ピコレーザー照射によりピンク色にします。
基本的に1回で治療が可能です。その後のお手入れも軟膏をさっと塗るぐらいですむのでアフターケアも簡単です。黒ずみをとって綺麗なピンク色の乳輪乳頭にしましょう。

モントゴメリー腺切除

モントゴメリー腺切除乳輪にあるぶつぶつした隆起は、モントゴメリー腺といい、乳頭と乳輪を保護するための皮脂を分泌している皮脂腺です。誰にでもあるものです。数や大きさには個人差がありますが、大きなものが沢山あると凸凹した乳輪に見えてしまいますし、気温差や刺激を与えると皮膚の萎縮で目立ってしまい、コンプレックスに感じている方も多くいらっしゃいます。モントゴメリー腺切除治療では平らでつるっと綺麗な乳頭になることができます。

詳しくはこちら

胸・豊胸・乳頭の施術料金

※表示は全て税別価格です。

施術名 部位 税別
ヒアルロン酸注入 1.0cc    8,000円
脂肪注入 両側 800,000円
シリコンバック豊胸術 両側 1,200,000円
陥没乳頭 両側 298,000円
乳頭縮小術 両側 298,000円
乳輪縮小術 両側 298,000円
モントゴメリー腺切除 1個 10,000円

その他の料金についてはこちら