Menu 診療メニュー

ほくろ

「ここにほくろがなければいいのに…」そんな願いをかなえる治療法があります。

生まれつきほくろの多い方、またここにほくろがなかったらいいのになとお悩みの方、ほくろはきれいにとることができます。ほくろの取り方には高周波、ピコレーザー、切除術の3通りあります。最適な治療法をご提案致します。

こんな方にオススメです。

あざ・ADMのイメージイラスト

施術一覧 いぼ・ほくろ

ピコレーザー(かさぶたにして1回でとりたい方)

ピコレーザーの機械写真

周囲の細胞にダメージを与えることなく、メラニン色素だけにダメージを与えて、安全で確実にしみを除去するレーザー治療です。

詳しくはこちら

高周波 

高周波のイメージ写真

細い電気メスの先端から高周波を照射することで、皮膚の分子が振動して熱エネルギーが発生します。この熱でほくろやいぼを焼却します。

詳しくはこちら

切除術 

切除術のイメージ写真

局所麻酔の注射を行い、切除をします。治療後は麻酔が切れても痛みはありません。お顔や体の部位によっては切除術の方がきれいになります。

詳しくはこちら

症例写真 ほくろ

高周波

高周波は「削る」治療です。レーザーの1種で、「1回」で治療が終わります。麻酔のクリーム、もしくは部分麻酔の注射を行います。治療後は肌色の小さなテープを数日はります。複数あるほくろがきれいにとれました。

ページトップ

診療メニュー

美容外科メニュー

美容皮膚科メニュー