Menu 診療メニュー

しみ・そばかす・くすみ・肝斑

紫外線・加齢等が原因でできてしまう、しみ・そばかす・くすみ・肝斑を改善します。

「あれ、こんなところにしみができている…」知らないうちに増えているのがしみです。うっかり長時間日差しを浴びたり、年齢とともに濃くなったり、原因の違いによって治療法が変わるため、自己判断はせずに、まずはクリニックでご相談ください。

こんな方にオススメです。

しみ・そばかすのイメージイラスト

しみは自己判断で間違ったケアを続けると、濃くしてしまったり増やしてしまうことがあります。当院では、それぞれの患者様のしみの種類や原因を正しく診断し、適切で一番効果が見られる治療を行っています。

しみの種類

○日光性色素斑(老人性色素斑)
30歳前後から徐々に現われてくる、いわゆるしみです。不定形の大小様々な形で境界がはっきりしているのが特徴。長時間日差しを浴びる等、紫外線ダメージが主な原因です。
○後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)
20歳くらいから、頬、下まぶた、こめかみなどにできる褐色の小斑点状の色素斑。あるいは額の両外側、鼻筋などに分布するびまん性色素斑をこう呼びます。
○そばかす(雀卵斑)
学童期などから見られ始め、両頬、下まぶた、鼻筋等に左右対称にできる褐色の斑点状をした色素斑。思春期にピークを迎え中高年になると目立たなくなりますが、紫外線暴露で濃くなります。
○肝斑
20~30代の女性の両頬、額、口周りなどに発症する境界がはっきりしないびまん性色素斑です。多くが、メイクやクレンジング等で肌をこすることによる摩擦で生じます。
○炎症後色素沈着
ケガや火傷の痕に生じる一時的な色素沈着です。なにもせずにしばらくそのままにしておくと、ほとんどの場合、自然に消えて行きます。

施術一覧 しみ・そばかす・くすみ・肝斑

ピコレーザー(かさぶたにして1回でとりたい方)

ピコレーザーの機械写真

周囲の細胞にダメージを与えることなく、メラニン色素だけにダメージを与えて、安全で確実にしみを除去するレーザー治療です。

詳しくはこちら

レーザートーニング(かさぶたにしないで、少しづつとりたい方)

レーザートーニングの機械写真

周囲の細胞にダメージを与えることなく、メラニン色素だけにダメージを与えて、安全で確実にしみを除去するレーザー治療です。

詳しくはこちら

ピコトーニング(かさぶたにしないで、できるだけ早くとりたい方)

ピコトーニングのイメージ写真

周囲の細胞にダメージを与えることなく、メラニン色素だけにダメージを与えて、安全で確実にしみを除去するレーザー治療です。

詳しくはこちら

症例写真 しみ・そばかす・くすみ・肝斑

ピコトーニング

ピコレーザーでトーニングをすることができます。数回行うことで、くすみを取ると同時に、お肌全体のホワイトニングが可能です。通常のトーニングよりも早く、高いホワイトニング効果が得られます。

シミ治療 レーザートーニング

シミ治療 レーザートーニング+ピコシミ

シミ治療 ピコシミ+レーザートーニング

ページトップ

診療メニュー

美容外科メニュー

美容皮膚科メニュー