診療メニュー

バッカルファット切除

バッカルファット切除

バッカルファット切除とは

 

バッカルファット切除とは、頬の脂肪を口の中から取り除くことで、丸くぽてぽてした顔の輪郭をスッキリさせる治療法です。「バッカルファット」とは頬の奥にある脂肪のことです。奥にあるので口の中から取り除く方が早く簡単に取ることができます。ふっくらした輪郭から自然にスッとした輪郭になりましょう。

こんな方にオススメです。

  • 頬がぷっくりしている
    ⇒バッカルファットを取ることでスッキリとした輪郭になります。
  • 頬のたるみと共にフェイスラインが下がってきた
    ⇒頬やフェイスラインの下がりの原因の1つには脂肪の下がりがあります。脂肪を減らすことでたるみの改善につながります。
  • リフトアップ糸などをしたがもっとシャープな輪郭にしたい
    ⇒脂肪を減らすことで重さがなくなり、糸の引き上げ効果と効果持続を高めます。
  • リスのえさぶくろのようなしもぶくれたフェイスラインをなんとかしたい
    ⇒バッカルファットを切除して、輪郭周りのお肉をなくし、しもぶくれ顔とお別れしましょう。
  • できるだけ腫れが少ない方法で顔の脂肪を減らしたい
    ⇒脂肪吸引に比べると腫れ・内出血が圧倒的に少ないバッカルファット切除を検討しましょう。

バッカルファット切除の方法

口の中を部分麻酔をして1㎝程切開します。そこから脂肪を引き出して切除します。切開部は溶ける糸で縫合します。自然となくなるので抜糸の必要はありません。

バッカルファット切除の方法

バッカルファット切除の効果

頬の奥にあるバッカルファットを切除することで、しもぶくれた輪郭、がスッキリとした輪郭になります。

バッカルファット切除の効果

ルーチェのこだわり

➀口腔内小切開
バッカルファットを切除する際は口腔内に麻酔をして切開を行いますが、この麻酔と切開が少ないほど、腫れによるダウンタイムが短くなります。麻酔と切開を可能な限り少なくすることで腫れを少なくしています。手術後は圧迫用のバンド着用等も不要です。

➁切除した脂肪を法令線などに注入できます。
切除したバッカルファットは通常破棄してしまいますが、それではもったいないので、粉砕して脂肪注入を行うことができます。目の下のクマ、法令線、マリオネットラインなど、気になる部位をいくつかを改善するだけの十分な量を得ることができ、いらない頬の脂肪は減らし、その脂肪でくぼんだ法令線を平らにします。いわば自分の脂肪の引っ越しであり、リサイクルとも言えます。注入した脂肪はひとたび安定すればヒアルロン酸のように何度も注入する必要がありません。捨ててしまうのであれば、注入に利用することをお薦め致します。

切除した脂肪を法令線などに注入

施術の流れ

step.1 カウンセリング
手術担当となる医師がしっかりとカウンセリングを行います。理想のフェイスラインやご希望のお顔のシルエットのイメージを丁寧に伺います。手術後のシミュレーションを行い、術後のイメージをつくります。手術の内容やアフターケア等についても詳細に説明致します。
ご不明な点がございましたら、ご遠慮なく何でも質問してください。
step.2 デザイン
手術担当医師がカウンセリングで伺った内容でデザインを行います。一緒に確認し、ご納得頂けましたら手術準備を開始します。
step.3 局所麻酔
手術中の痛みをなくすために、局所麻酔を行います。局所麻酔は注射で行います。
step.4 手術
局所麻酔が効いて痛みがなくなったら手術を始めます。 手術時間は、約1時間程度です。 局所麻酔が効いているので手術中の痛みはありません。
虫歯の治療と同じです。触ったり押されたりの感覚はわかりますが、ちくちくずきずきはありません。
step.5 手術後休憩とクーリング
手術の後は、5~10分ほど手術部位を保冷剤でクーリングします。冷やすことで腫れを軽減できます。
step.6
歩いてお帰り頂けます。保湿、日焼け止め、お化粧等も直後から可能です。
腫れが気になる方は、マスクをご準備下さい。マスクをしてお帰り頂ければ周囲にはわかりません。
step.7 アフターケア
術後に腫れや痛みが気になる場合など、気になることがあれば、お電話などでお気軽にご相談ください。お話をうかがい、必要があるようでしたら、術後検診に来院いただきます。

手術について

お薬 内服薬(抗生剤・胃薬・抗炎症薬)は1日3回食後。3日間
消毒 不要

<手術前>
・毎日飲む薬のある患者様(特に糖尿病のお薬や血液サラサラのお薬)は必ず申し出てください。
・健康に注意し、不規則な生活はおやめください。

<当日>
・時計、指輪、ネックレス、ピアス、ブレスレット等のアクセサリー類は外してください。
・マスクをご持参頂けるとお帰りの際、周囲にわかりません。

<手術後>
・2日間、保冷剤をハンカチなどで包み創部を軽く押しながら冷やしましょう。
腫れの引きが早まります。

シャワー浴 当日より可
洗顔 当日より可
お化粧 当日より可
洗髪 当日より可
運転 当日はお控えください。
飲食 当日より可
歯磨き 当日より可(積極的に行いましょう)
入浴 7日間程避けましょう(血行が良くなることを控えた方が腫れ・内出血が少ないです)。
飲酒 7日間程避けましょう(血行が良くなることを控えた方が腫れ・内出血が少ないです)。
運動 7日間程避けましょう(血行が良くなることを控えた方が腫れ・内出血が少ないです)。
飲み薬 すべて飲みきりましょう。特に鎮痛剤は抗炎症作用もあるので引きが早くなります。
抜糸 1週間後

※上記説明はあくまで一般的なもので、肌質・体質・症状等の個人差により差異がありうることをご理解下さい。

施術について

ダウンタイムについて
ダウンタイムは約1週間とお伝えしています。主なダウンタイムは腫れです。腫れと言ってもひどい腫れではなく、むくみ程度です。脂肪を取り除くのでフェイスラインはスッキリするはずですが、手術直後は麻酔と腫れによって一見変わっていないように見えます。脂肪がなくなった分腫れと麻酔でプラスマイナス0になるからです。翌日もう少しむくみがでます。ひどい腫れはありません。マスクができればわかりません。むくみがひいてくるのにおよそ1週間かかります。内出血はありません。
手術後のクーリングによって腫れや内出血などのダウンタイムを軽減するには
手術後のクーリング(保冷材等をくるんで患部を冷やすこと)は、手術部位の腫れを抑えてくれます。最終的な仕上がりに差が出ることはりませんが、腫れが減ることでダウンタイムを短くすることができます。生活のペースに合わせ、1回数分~数十分を、休憩を挟みながら、1日数回程度冷やすといいでしょう。冷えすぎなければ、時間の許す限りクーリングしても問題ありません。軽く押さえながら冷やしましょう。軽く押さえる方が圧迫になるので、時間差で起こりうる内出血のリスクが減ります。保冷剤を直接長時間あてないようにしましょう。低温火傷の原因になり、赤みが残ってしまいます。冷えピタなどを長時間貼りっぱなしにすることもしないで下さい。低温火傷の原因になりますし、はがすときに内側の傷が剥がれて内出血を誘発する恐れがあります。
特に手術当日~手術翌日(手術後1日目)は積極的に冷やすことがダウンタイム軽減に最もつながります。
手術後2日目~手術後3日目頃は、腫れのピークは越えて腫れが徐々にひき始める時期なので、この期間のクーリングもダウンタイム軽減につながります。
手術後4日目~手術後7日目くらいになると腫れも落ち着き始め、冷やさないのに比べて多少マシになる程度です。
手術後7日間程度は血行がよくなること(入浴、運動、飲酒等)控えましょう。血行がよくなることで腫れが強くなってしまう可能性があります。
手術後7日目以降は、腫れが残っていればクーリングをしてもよいかもしれませんが、ほとんどの場合必要ありません。以後のむくみ程度の腫れは時間とともに引いてきます。「温めた方がよい。」という意見もありますが、大きな差はないと考えており、当院では特別お薦めはしておりません。
入浴・運動・飲酒について
これらはいずれも血行がよくなる行為です。手術5日間は身体が温まる等で血行が良くなり過ぎると、腫れが強く出ることがあります。手術で可能な限り腫れが出ないように努力しても、手術後の過ごし方で血行がよくなりすぎたために、腫れが時間差で出てしまうことがあります。特に手術後24時間は血行が良くなりすぎると、傷口から血がにじむこともあるので、最も注意しましょう。手術後7日間は、湯船に浸からず、シャワーを浴びる程度にして、運動や飲酒を控えましょう。サウナ等も同様です。手術後7日目程度になると、血行が良くなりすぎて腫れが再び出てくる、といったことはまずないので、少しずつ様子をみながら入浴・運動・飲酒をはじめて構いません。もし患部にまだ違和感を感じたり、不安があるようでしたら、無理をしないで控えるようにし、以後は徐々に様子をみながら再開していきましょう。
洗顔と消毒、洗髪とシャワーについて
バッカルファット切除では口腔内にしか傷がつきません。顔の表面に傷ができることはないので、クレンジング、洗顔料、洗顔フォーム等を使用して洗顔して頂いて問題ありません。但し、頬だけゴシゴシ強くこすらないようにしましょう。いつも通りシャンプーやリンスもして頂いて問題ありません。
飲食、うがい、歯磨きについて
バッカルファット切除は口腔内を切開します。切開は1㎝程度ですので食べたり飲んだりすることに影響を及ぼしません。手術後より飲食して頂いて構いません。但し刺激物、例えば激辛フード等は控えてください。また極端に大きく口を開けて無理して食べるようなことは控えましょう。食後にうがい等は必要ありません。むしろ歯磨きをしっかりいつも通り行うことで口腔内を清潔に保ちましょう。
「お化粧はいつからできますか?」
手術当日から可能です。化粧水や美容液、日焼け止めなどのケアも当日から可能です。傷は口の中だけだからです。クレンジング、洗顔の際、頬だけは強くゴシゴシ擦らないようにしましょう。腫れが時間差で出てきてしまう可能性があります。手術後2週間経過すれば頬をあまり意識せずクレンジングや洗顔をしていいでしょう。
手術後どのくらいからレーザーやエステ、マッサージができるか
クリニックやエステサロンでの施術は1か月程度は避けましょう。少なくとも腫れが少しでも残っているうちは、控えるべきです。また、当然腫れが残っている場合も避けるべきです。エステサロン等での強いハンドマッサージも最低1か月以上は控えましょう。強い摩擦は肝斑を誘発する原因にもなるので、それ自体をお薦めしません。
ご自宅でマッサージをする習慣がある方は、1か月程度は頬の周りは控えましょう。頬の周り以外は可能ですが、やはり強くひっぱったりこすったりする動作は目にも緊張がかかるので、控え目にしてください。強いマッサージは強い摩擦を起こして肝斑を誘発しますし、皮膚が伸びてシワ・タルミの原因にもなりうるので、それ自体をお薦めしておりません。
傷跡について
傷跡は口腔内に1㎝程度つくだけです。粘膜部分なので口を開けてもわからないくらいになりますし、何より皮膚を傷つけることはないので全く分かりません。溶ける糸で縫いますので、1か月程度で糸はなくなっていきます。糸の切れ端や結び目が気になる場合は2週間後以降に抜糸を行います。
片側ずつ施術することについて
バッカルファットの手術を片側ずつ受けることも可能です。片側ずつ受ける理由は、手術を受けた側を例えば虫歯治療をしたとか親知らずを抜いた等の理由づけをすることで手術を受けたことがわからないようにできるためです。1週間程度で腫れが引くので、時期を開けて反対の手術を行います。

よくある質問

Q. どこをどのくらい切るのでしょうか?
口腔内を1㎝程度切開します。頬の膨らんでいるあたりです。切開が小さいほど腫れは少なくなり、ダウンタイムも短くなります。手術当日から飲んだり食べたりできますのでご安心ください。
Q. 小顔になりますか?
なります。骨格は変わりませんが頬の脂肪が減ることで、丸い輪郭はシャープで直線的な輪郭に近づきます。
写真を取る時に指を頬に押し当てて輪郭を細く見える動作は少なくなるでしょう。更にフェイスラインをスッキリさせたい場合、いわゆるVラインのフェイスラインになりたい場合は、リフトアップの溶ける糸や、鼻や顎へのヒアルロン酸注入を併用することをお薦め致します。
Q. 後戻りしますか?
極端に体重が増えなければ後戻りすることはありません。また、仮に体重が増えたとしても、脂肪が既に減っているので手術前に比べると脂肪がつきにくくなっていると考えられます。
Q. 取ったバッカルファットを注入できますか?
できます。通常は切除したバッカルファットは破棄しますが、その脂肪を注入できるようにして目の下のクマや法令線、マリオネットライン等への治療に使用することができます。数㏄分の脂肪になるので改善を見込める十分な量が得られます。余分なところから必要なところへ、いうなれば脂肪の引っ越しです。せっかく取るなら、捨てるないで有効活用する方法をご検討してみて下さい。

症例

Before
頬に丸みがあり、ふっくらとした輪郭です。

After
頬がスッキリしてシャープな
フェイスラインになりました。

バッカルファット切除の関連施術

このページをご覧になった方は合わせてこのページも見ています。

バッカルファット切除の施術料金

※表示は全て税別価格です。

バッカルファット切除
施術名 税別
バッカルファット切除 300,000円

その他の料金についてはこちら