診療メニュー

チークスレッドリフト

チークスレッドリフト ゴルゴ線消し、頬を高くして若くなる。

チークスレッドリフト症例

チークスレッドリフトとは

チークリフトとは頬をリフトアップする方法です。チークリフトはミッドフェイス(中顔面)リフトとも呼ばれます。
頬が下がってくるとゴルゴ線がでてくる、目の下のクマがひどくなる、頬のお肉がさがるので法令線が深くなる、等顔の中央部分の下がりなので、なんとなくパッと見のお顔の印象を老けたものにしてしまいます。
チークリフトは皮膚を切開する方法で行われる方法が一般的ですが、当院では溶ける糸でもチークリフトを行っております。溶ける糸のメリットは皮膚に傷跡が残らない、ダウンタイムがほとんどない点です。頬を高い位置に戻し、お化粧の映えるチークになりましょう。

こんな方にオススメです。

  • ゴルゴ線が目立ってきた
    ⇒頬が下がるとゴルゴ線が目立ってきます。溶ける糸で頬を戻すとゴルゴ線が目立たなくなります。
  • 頬が下がってきた気がする
    ⇒皮膚の下がり、靭帯の下がり、脂肪の下がり等、様々な要因で下がった頬を糸でリフトアップします。
  • 目の下のクマが広がってきた
    ⇒目の下のクマはゴルゴ線とつながり、くぼみが広がって見えます。溶ける糸でくぼみを改善しましょう。
  • 法令線が深くなってきた
    ⇒頬が下がると法令線との高低差が大きくなるので法令線が深くなったように感じます。ヒアルロン酸や脂肪を注入すると同時に頬の下がりを改善するとよいでしょう。
  • 頬の下がりを予防したい
    ⇒下がってからしか糸ができないわけではありません。「昔に比べるとなんとなく下がってきた気がする…」という段階から予防的に治療することで、良い状態を未来へもキープしやすくなります。
  • ダウンタイムが少ない方法でリフトアップしたい
    ⇒溶ける糸は腫れ・内出血等のリスクがほぼ「0」です。「この後帰ったら家族に会わないといけない。」「この後夜にパーティーです。」といったご要望にお応えし、これまでご満足頂けました。ダウンタイムが少ない方法をご希望の方はご相談下さい。

チークスレッドリフトによる変化

顔の輪郭やパーツなどの個人差がありますが、一般的には目の幅、目と目の間の距離が同じぐらいだとバランスがよいとされています。目と目が離れている場合は目頭切開をすることで幅を均等にしてバランスを整えることができます。

チークスレッドリフトによる変化

ルーチェのこだわり

口の中から糸を通すので針穴が見えません。

これまでの溶ける糸の通し方は法令線の上ぐらいに針穴を数個作って糸を通さないといけませんでした。
例え針穴と言えどお顔に傷ができないことに越したことはありません。また、頬の針穴は顔の中心に近く、正面でも見えやすい部位にあるので、やはり気づかれないようにするには針穴すらあけないことがよいと言えます。ルーチェでは特殊な方法によって、頬の皮膚表面には針穴を作らず、口の中からアプローチすることにしています。そうすることで、針穴はお口の中に隠されて全く分かりません。

ルーチェのこだわり

 

合わせて行うとよい治療

・コンデンスリッチ脂肪注入
さらに頬の高さを出す、法令線、マリオネットラインをなくしたい方はコンデンスリッチ脂肪注入を合わせて行うとよいでしょう

施術の流れ

step.1 カウンセリング
手術担当となる医師がしっかりとカウンセリングを行います。理想の頬、自然なリフトアップ後の状態、改善イメージ等、ご希望を丁寧に伺います。手術後のシミュレーションを行い、術後のイメージをつくります。 手術の内容やアフターケア等についても詳細に説明致します。
ご不明な点がございましたら、ご遠慮なく何でも質問してください。
step.2 デザイン
手術担当医師がカウンセリングで伺った内容でデザインを行います。一緒に確認し、ご納得頂けましたら手術準備を開始します。
step.3 局所麻酔(併用時:笑気麻酔・静脈麻酔)
手術・ご希望に応じて笑気麻酔・静脈麻酔を行います。笑気麻酔とは注射ではなく、吸入で効果がでる麻酔です。意識がなくなることはありません。少し酔ったような感じになり、沈静・鎮痛効果を高め、局所麻酔の痛みや術中の不安感を軽減してくれます。静脈麻酔は点滴で眠る麻酔です。静脈麻酔をしている間は記憶がないので、とても楽です。局所麻酔は注射による麻酔です。注射の痛みを極力減らすために、当院では極細針を使用しています。
step.4 手術
局所麻酔が効いて痛みがなくなったら手術を始めます。手術時間は、約30分程度です。
手術中は目を閉じて、リラックスして頂いている間に行います。
局所麻酔が効いているので手術中の痛みはありません。
虫歯の治療と同じです。触ったり押されたりの感覚はわかりますが、
ちくちくずきずきはありません。
静脈麻酔をしている場合は眠っている間に手術が終わります。
step.5 クーリング・術後休憩
手術の後は、5~10分ほど休憩します。必要に応じて手術部位を保冷剤でクーリングします。
冷やすことで腫れを軽減できます。
step.6 手術後
歩いてお帰り頂けます。
笑気麻酔を受けられた方も麻酔効果はすぐになくなるので問題ありません。
美容液、日焼け止めは当院でご用意しておりますので、直後から保湿して頂けます。
また、マスクをご持参頂けるとよいでしょう。ご帰宅時にマスクをして頂ければ全く分かりません。
step.7 アフターケア
術後に腫れや痛みが気になる場合など、気になることがあれば、お電話などでお気軽にご相談ください。
お話をうかがい、必要があるようでしたら、術後検診に来院いただきます。

手術・手術前後の過ごし方

手術前
毎日飲む薬のある患者様(特に糖尿病のお薬や血液サラサラのお薬)は必ず申し出てください。
健康に注意し、不規則な生活はおやめください。
当日
時計、指輪、ネックレス、ピアス、ブレスレット等のアクセサリー類は外してください。
サングラスをご持参頂けるとお帰りの際、周囲にわかりません。
手術後
手術当日、翌日の2日間は保冷剤をハンカチなどで包み創部を軽く押しながら冷やしましょう。
腫れの引きが早まります。
飲食 直後より可。当日は刺激物等は避けましょう。
歯磨き 当日より可。
シャワー 当日より可。
洗顔 当日より可。
洗髪 翌日より可。
もみあげの
肌色テープ
翌朝には取ってください。
入浴 5日間程避けましょう(血行が良くなることを控えた方が腫れ・内出血が少ないです)。
飲酒 5日間程避けましょう(血行が良くなることを控えた方が腫れ・内出血が少ないです)。
運動 5日間程避けましょう(血行が良くなることを控えた方が腫れ・内出血が少ないです)。
飲み薬 すべて飲みきりましょう。特に鎮痛剤は抗炎症作用もあるので引きが早くなります。
消毒 不要。
抜糸 不要。

※上記説明はあくまで一般的なもので、肌質・体質・症状等の個人差により差異がありうることをご理解下さい。

施術について

ダウンタイムについて
溶ける糸によるチークスレッドリフトはほとんど腫れることもなく、内出血もなく、ダウンタイムはほぼ0です、とお伝えしております。「この後帰ったら家族が待っていますので。」「明日講義があるのです。」等、難しいご注文を受けながらもこれまで多くの方にご満足いただけました。それでも時間差でわずかな内出血や腫れがでることがありますので、術後のアイシングが有効です。時間が許す限り、保冷剤をタオルやハンカチで包み、患部を軽く押さえながら冷やしましょう。軽く押さえる方が圧迫になるので時間差で起こりうる内出血のリスクも減らしてくれます。保冷剤を直接長時間あてないようにしましょう。低温火傷の原因になり、赤みが残ってしまいます。冷えピタなどを長時間貼りっぱなしにすることもしないで下さい。やはり低温火傷の原因になります。手術後5日間程度は血行がよくなること(入浴、運動、飲酒等)は控えましょう。血行がよくなることで腫れや内出血が強くなってしまう可能性があります。これらを意識して頂くことで、ダウンタイムのリスクを更に抑えることができます。
手術後のクーリングによって腫れや内出血などのダウンタイムを軽減するには
糸による施術は、基本的にほとんど腫れませんしほとんど内出血が起きません。それでも以下のことを意識して頂けると更にそのリスクを抑えることができます。
手術後のクーリング(保冷材等をくるんで患部を冷やすこと)は、手術部位の腫れや内出血の広がりを抑えてくれます。最終的な仕上がりに差が出ることはりませんが、腫れや内出血が減ることでダウンタイムを短くすることができます。生活のペースに合わせ、1回数分~数十分を、休憩を挟みながら、1日数回程度冷やすといいでしょう。冷えすぎなければ、時間の許す限りクーリングしても問題ありません。軽く押さえながら冷やしましょう。軽く押さえる方が圧迫になるので、時間差で起こりうる内出血のリスクが減ります。保冷剤を直接長時間あてないようにしましょう。低温火傷の原因になり、赤みが残ってしまいます。冷えピタなどを長時間貼りっぱなしにすることもしないで下さい。低温火傷の原因になりますし、はがすときに内側の傷が剥がれて内出血を誘発する恐れがあります。
特に手術当日~手術翌日(手術後1日目)は積極的に冷やすことがダウンタイム軽減に最もつながります。
手術後2日目~手術後3日目頃は、腫れのピークは越えて腫れが徐々にひき始める時期なので、この期間のクーリングもダウンタイム軽減につながります。
手術後4日目~手術後5日目くらいになると腫れも落ち着き始め、冷やさないのに比べて多少マシになる程度です。
手術後5日間程度は血行がよくなること(入浴、運動、飲酒等)は控えましょう。血行がよくなることで腫れや内出血が強くなってしまう可能性があります。
手術後7日目以降は、腫れが残っていればクーリングをしてもよいかもしれませんが、ほとんどの場合必要ありません。以後のむくみ程度の腫れは時間とともに引いてきます。「温めた方がよい。」という意見もありますが、大きな差はないと考えており、当院では特別お薦めはしておりません。
入浴・運動・飲酒について
これらはいずれも血行がよくなる行為です。手術5日間は身体が温まる等で血行が良くなり過ぎると、腫れ・内出血が強く出ることがあります。手術で可能な限り腫れ・内出血が出ないように努力しても、手術後の過ごし方で血行がよくなりすぎたために、腫れや内出血が時間差で出てしまうことがあります。特に手術後24時間は血行が良くなりすぎると、傷口から血がにじむこともあるので、最も注意しましょう。手術後5日間は、湯船に浸からず、シャワーを浴びる程度にして、運動や飲酒を控えましょう。サウナ等も同様です。手術後5日目程度になると、血行が良くなりすぎて腫れが再び出てくる、といったことはまずないので、少しずつ様子をみながら入浴・運動・飲酒をはじめて構いません。もし患部にまだ違和感を感じたり、不安があるようでしたら、無理をしないで控えるようにし、以後は徐々に様子をみながら再開していきましょう。
洗顔と消毒、洗髪とシャワーについて
クレンジング、洗顔料、洗顔フォーム等の使用は当日から可能です。消毒等は必要ありません。手術直後はもみあげあたりに肌色の小さなテープを貼りますが、翌日に剥がして下さい。シャンプーやリンスは翌日からして頂いて問題ありません。洗顔や洗髪をするとどうしても多少は傷口が濡れてしまったり泡がついたりしてしまうかもしれません。多少濡れても仕上がりに影響は与えないので安心してください。泡がついた場合はこすらないで水でもお湯でもよいので優しくすすぎ落とし、ティッシュでもタオルでもよいので強く擦らないように軽く拭いて下さい。約4週間経過すればあまり気にしないで洗顔・洗髪等して頂いて問題ありません。
お口のケアについて
口腔内にも小さな針穴ができますが、歯科治療での局所麻酔と同じです。虫歯治療で局所麻酔の部分を特に期する必要がないとの同じで、糸を入れた針穴も知らないうちにふさがるので問題ありません。治療後から飲食できます。辛い物、熱い物だけ当日は控えましょう。特別にうがいなどする必要はありません。いつも通り、しっかり歯磨きをして口腔内の清潔を保ちましょう。
「お化粧はいつからできますか?」
手術当日から可能です。化粧水や美容液、日焼け止めなどのケアも当日から可能です。クレンジング、洗顔も当日から可能です。頬周囲だけは強くゴシゴシ擦らないようにしましょう。腫れや内出血が時間差で出てきてしまう可能性があります。手術後4週間経過すれば頬もあまり意識せずクレンジングや洗顔をしていいでしょう。
手術後どのくらいからレーザーやエステ、マッサージができるか
クリニックやエステサロンでの施術は1か月程度は避けましょう。少なくとも内出血や腫れが少しでも残っているうちは、控えるべきです。また、当然、腫れや内出血が残っている場合も避けるべきで、レーザーが内出血に反応してしまい、本来の効果が薄れてしまう可能性もありますし、傷自体にも刺激になってしまい仕上がりに影響を与える可能性もあります。またエステサロン等での強いハンドマッサージは最低1か月以上は控えましょう。強い摩擦は肝斑を誘発する原因にもなるので、それ自体をお薦めしません。
ご自宅でマッサージをする習慣がある方は、1か月程度は頬のマッサージを控えましょう。頬周り以外は可能ですが、やはり他の場所でも強くひっぱったりこすったりする動作は頬に緊張がかかるので、控え目にしてください。強いマッサージは強い摩擦を起こして肝斑を誘発しますし、皮膚が伸びてシワ・タルミの原因にもなりうるので、それ自体をやはりお薦めしておりません。
傷跡について
皮膚には針穴程度の小さな点がもみあげからこめかみ辺りに数個できるだけです。ですので手術直後からお顔に美容液や日焼け止めを塗ってご帰宅頂くことができます。針穴には、手術直後は肌色の小さなシールを貼りますが、翌日には取り外してよく、1,2日程度でわからなくなります。検診で採血をする時を思い出してください。ひじの部分に注射針を刺すと思いますが、注射の後はすぐに治ります。糸の針穴も同じです。口腔内にも小さな針穴ができますが、こちらも歯科治療での局所麻酔と同じです。知らないうちにふさがるので問題ありません。治療後から飲食できます。辛い物、熱い物だけ当日は控えましょう。特別にうがいなどする必要はありません。いつも通り、しっかり歯磨きをして口腔内の清潔を保ちましょう。

チークスレッドリフトに関する よくある質問

Q.一度糸でリフトアップしてもまたリフトアップできるでしょうか?
できます。糸は吸収されていきますので、2回目、3回目の手術が可能です。実際に受けられた患者様もたくさんいらっしゃいます。以前に入れた糸が仕上がりに影響を与えることもありません。戻ってきたかな、と感じるところで再度ご来院ください。
Q.痛いでしょうか?
痛みはそこまで心配する必要はありません。歯科治療と同じで、最初の局所麻酔はチクッとしますが、麻酔が効いてしまえば痛みはありません。また、痛みが心配な方は静脈麻酔をすることで、手術は寝ている間に終わります。手術後に麻酔が切れても痛みはほとんどありません。

症例写真

チークスレッドリフトの症例写真1

手術前
頬全体が下がり始めている状態です。

手術1週間後
ゴルゴ線が消えて頬が高くなりました。腫れはありません。

チークスレッドリフトの施術料金

※表示は全て税別価格です。

切る施術
施術名 税別
ロングスレッドリフト 1本 100,000円
ショートスレッドリフト 1本 60,000円
ソフトスレッドリフト 1本 30,000円
チークスレッドリフト 1回 360,000円
モニター価格 298,000円
こめかみリフト 600,000円
フェイスリフト 800,000円
LUCEリフト 980,000円
ネックリフト 800,000円
フルリフト 1,200,000円

その他の料金についてはこちら

チークスレッドリフトの関連施術

このページをご覧になった方は合わせてこのページも見ています。