診療メニュー

ナチュラルビューティー埋没法

ナチュラルビューティー埋没法

<埋没法とは?>

切らずに二重まぶたになる方法です。一重まぶたの人は二重まぶたになりますし、もともと奥二重まぶたの方や生まれつきしっかりした二重まぶたの方でも、二重の幅をさらに広げることができます。切開法に比べてダウンタイムが少なく、お手軽に二重になることができます。アイプチテープやノリで二重にすることもできますが、長期的にはたるみの原因になってしまいます。埋没法に切り替えてあげる方がよいでしょう。簡単に二重になれるとはいえ、目はお顔のパーツの中でも主役の一つ。お顔の印象に大きく影響を与えますので、慎重なカウンセリングと丁寧な治療が必要です。綺麗で可愛く、でも自然でバレない、理想の美瞳を手に入れましょう。

こんな方にオススメです。

  • 切開したくない。でも長持ちさせたい!
  • 一度埋没をしたけど線が薄くなってしまった
  • 幅広の二重にしたい
  • 二重にしたいけど皮膚や脂肪が厚くて難しいと言われた
  • 結び目がポコッとなることが心配
  • 最小の点数で自然なラインをだし、かつ長持ちさせたい
  • しっかりした並行型ラインをつくりたい
  • 最近皮膚がたるんできて、二重が狭くなってきた

二重まぶたができる仕組みと埋没法の原理

二重まぶたの方は二重線の部分と組織の奥がつながって、目が開くときにそこがひきずりこまれるので、二重のラインができます。埋没法は、このつながりを糸で再現することをしています。

もともと二重まぶたの人

目を閉じているとき

目を開けたとき

皮膚と奥の組織が線維組織でつながっている(赤線)状態。

線維組織のつながりにより皮膚が引きずりこまれて二重まぶたになる。

もともと一重まぶたの人

目を閉じているとき

目を開けたとき

皮膚と奥の組織の線維組織のつながりがない、又はすくない。

線維組織のつながりがないので皮膚が引きずりこまれず、二重まぶたにならない。

埋没法をすると、、、、

目を閉じているとき

目を開けたとき

埋没糸(ピンク線)により、皮膚と奥の組織がつながる。

埋没糸により、皮膚が引きずりこまれ、二重まぶたができる。

ルーチェのこだわり

①患者様が持つ本来の目や顔立ちのバランス、自然に溶け込む美しさを重視した目元を実現できるよう心掛けております。
目はお顔の印象を決める最も重要な部分です。わずかな幅の違いやバランスの変化で、お顔全体のバランスのみならず印象も変わってきます。お顔に自然に溶け込む美しい二重瞼を実現できるよう、常に心がけております。
経験・実績が豊富である私たちが、患者様の理想とするイメージをしっかりと把握して、理想の目元になってHappy Lifeを送れるよう全力を尽くします。

②マイクロニードルで「痛み」と「ダウンタイム」を軽減!針1本もこだわって使用しております。
「マイクロニードル」という特殊な針を使用することで、「痛み」が減り、「ダウンタイム」が減ります。
細い針の方が痛みが減ります。痛みを感じると血圧があがり、腫れを誘発してしまいます。また、マイクロニードルを使用することで内出血も減り、手術後のダウンタイムが短くなります。使用する麻酔量も減らすことができるので、手術後の腫れもやはり少なくなります。針1本違うだけでも、「痛み」や「ダウンタイム」は軽減できます。患者様のご負担が減るよう、努力しております。

マイクロカニューレ使用で自然な仕上がり

針もこだわって数種類ご用意しております。

一回り細くなるだけで
通常の針がカニューレに代わるだけで、

痛み・針跡・内出血・ダウンタイム
がグッと減ります。

合わせて行うとよい治療

脂肪切除

・脂肪切除とは?
上まぶたが厚い方、重い方の原因の一つには、上まぶたの中の脂肪(主に眼窩脂肪)が多いことが挙げられます。
埋没法を行う際にこの脂肪をとることがでるので、上まぶたが厚い方、重い方は脂肪切除も同時に受けられることをお薦めします。傷口を縫うこともありませんので、手術後抜糸等もありません。

目頭切開

・目頭切開とは?
目頭を切開して更に綺麗な目になります。また、しっかりとした平行型の二重になりたい方、余分な二重のラインを取りたい方、目が離れている方等も同時に治療を受けられることをお薦め致します。

目頭切開の詳細はこちら

施術の流れ

step.1 カウンセリング
手術担当となる医師がしっかりとカウンセリングを行います。理想の二重の幅、形、手術後イメージ、手術後経過等、ご希望を丁寧に伺います。シミュレーションを行い、術後のイメージをつくります。手術の内容やアフターケア等についても詳細に説明致します。
ご不明な点がございましたら、ご遠慮なく何でも質問してください。
step.2 デザイン
手術担当医師がカウンセリングで伺った内容でデザインを行います。一緒に確認し、ご納得頂けましたら手術準備を開始します。
step.3 局所麻酔(併用時:笑気麻酔・静脈麻酔)
まず局所麻酔(部分麻酔)をします。局所麻酔は注射による麻酔です。注射の痛みを極力減らすために、当院では極細針を使用しています。
手術・ご希望に応じて笑気麻酔・静脈麻酔を行います。笑気麻酔とは注射ではなく、吸入で効果がでる麻酔です。意識がなくなることはありません。少し酔ったような感じになり、沈静・鎮痛効果を高め、局所麻酔の痛みや術中の不安感を軽減してくれます。静脈麻酔は点滴で眠る麻酔です。眠っている間に手術が終わります。
step.4 手術
局所麻酔が効いて痛みがなくなったら手術を始めます。手術時間は、約15分程度です。手術中は目を閉じて、リラックスして頂いている間に行います。
局所麻酔が効いているので手術中の痛みはありません。 虫歯の治療と同じです。触ったり押されたりの感覚はわかりますが、ちくちくずきずきはありません。
静脈麻酔をしている場合は眠っている間に手術が終わります。
step.5 クーリング・術後休憩
手術の後は、5~10分ほど休憩します。必要に応じて手術部位を保冷剤でクーリングします。
冷やすことで腫れを軽減できます。
step.6 手術後
歩いてお帰り頂けます。 笑気麻酔を受けられた方も麻酔効果はすぐになくなるので問題ありません。
美容液、日焼け止めは当院でご用意しておりますので、直後から保湿して頂けます。
目元が気になる方は、サングラスをご準備下さい。
サングラスをしてお帰り頂ければ周囲にはわかりません。サングラスが必要な方には1,000円で販売しております。
step.7 アフターケア
術後に腫れや痛みが気になる場合など、気になることがあれば、お電話などでお気軽にご相談ください。 お話をうかがい、必要があるようでしたら、術後検診に来院いただきます。

手術前後のケアについて

手術前 注意点

・毎日飲む薬のある患者様(特に糖尿病のお薬や血液サラサラのお薬)は必ず申し出てください。

・健康に注意し、不規則な生活はおやめください。

・時計、指輪、ネックレス、ピアス、ブレスレット等のアクセサリー類は外してご来院ください。

・自動車の運転は控え、公共交通機関でいらしてください。

手術当日 患部の状態

・上まぶたが腫れた状態になっています。

・サングラスをご持参頂けるとお帰りの際、周囲にわかりません。

清潔

・シャワーは浴びれます。

・洗髪可能です。

・洗顔、クレンジング可能です。目の下をゴシゴシこすらないようにしましょう。

ダウンタイムケア

・保冷剤をハンカチやタオルでくるんで、間接的に上まぶたを冷やしましょう。冷たすぎると低温やけどになってしまい、赤みがでることがあるので、お休みを挟みつつ適宜行いましょう。

基礎化粧

・化粧水、美容液などの保湿は可能です。

・上まぶたを強くこすらなければ日焼け止めも可能です。

メイク

・上まぶた以外は可能です。

処方箋

・抗生剤(1日3回) 、痛み止め・炎症止め(1日3回) 、胃薬(1日3回)、炎症止め目薬(1日4回)

炎症止めはなくなるまで飲みましょう。腫れの引きが早くなります。

手術後1日目 患部の状態

・翌日に腫れのピークがきます。直後より腫れた感じがするかもしれませんが、 ここから腫れが徐々に引いていきます。

メイク

・翌日から可能です。クレンジングは優しく行いましょう。

ダウンタイムケア

・手術後2,3日はクーリングをするとよいでしょう。

手術後2日目 メイク

・患部ギリギリまではメイク可能です。クレンジングは優しく行いましょう。

手術後7日目 患部の状態

・腫れはだいぶ落ち着き、自然な目元に近い状態になりつつありますが、まだわずかにむくみがあります。

日常生活

・入浴 腫れに影響を与えることはありませんので入れます。  

・飲酒 腫れに影響を与えることはありませんので飲めます。  

・運動 腫れに影響を与えることはありませんので、徐々に様子を見ながら始めていきましょう。  

手術後1か月 患部の状態

・ほぼ落ち着いた状態になります。

日常生活

・上まぶた強くこすらなければあまり意識しないでクレンジング・洗顔してよいでしょう。
糸を長持ちさせるコツは、やはり強くこすらないことです。1か月といわず、引き続き意識するとよいでしょう。

※上記説明はあくまで一般的なもので、肌質・体質・症状等の個人差により差異がありうることをご理解下さい。

施術について

● ダウンタイムについて
ダウンタイムは主に腫れです。個人差やデザインによって幅がありますが、人に会えるのは3日~7日間後です。
手術直後は予定の二重の幅よりやや広くなっているため、「やりすぎたかな?」と感じるかもしれません。手術翌日(手術後1日目)に腫れがピークとなり、そこから徐々に引いていきます。手術後2日目(手術後48時間後)以降は上まぶたもメイクができるため、腫れの引きが早ければアイメイクやメガネなどで隠して目立ちにくくすることができます。また、もともと一重の人が幅の広い二重になる場合など、変化が大きいケースでは7日しっかり休んでも人からは「あれ?」と言われてしまうかもしれません。このような場合は、手術数週間前からアイプチなどで二重をつくり、周囲の目を慣らしてから手術でアイプチから本当の二重に変えてしまう、という下準備をしておくとよいでしょう。
もう一つの主なダウンタイムは内出血です。腫れ程は起こりませんが、まれに起こることがあります。万が一内出血が出た場合、ファンデーションやコンシーラーで隠しましょう。1週間程度で消えていきます。もともと内出血が起こりやすい、引きにくい体質のかたは2週間程度かかることがあります。やはり消えるまでお化粧でカバーしましょう。
● 手術後のクーリングによって腫れや内出血などのダウンタイムを軽減するには
手術後のクーリング(保冷材等をくるんで患部を冷やすこと)は、手術部位の腫れや内出血の広がりを抑えてくれます。最終的な仕上がりに差が出ることはりませんが、腫れや内出血が減ることでダウンタイムを短くすることができます。生活のペースに合わせ、1回数分~数十分を、休憩を挟みながら、1日数回程度冷やすといいでしょう。冷えすぎなければ、時間の許す限りクーリングしても問題ありません。軽く押さえながら冷やしましょう。軽く押さえる方が圧迫になるので、時間差で起こりうる内出血のリスクが減ります。保冷剤を直接長時間あてないようにしましょう。低温火傷の原因になり、赤みが残ってしまいます。冷えピタなどを長時間貼りっぱなしにすることもしないで下さい。低温火傷の原因になりますし、はがすときに内側の傷が剥がれて内出血を誘発する恐れがあります。
特に手術当日~手術翌日(手術後1日目)は積極的に冷やすことがダウンタイム軽減に最もつながります。
手術後2日目~手術後3日目頃は、腫れのピークは越えて腫れが徐々にひき始める時期なので、この期間のクーリングもダウンタイム軽減につながります。
手術後4日目~手術後7日目くらいになると腫れも落ち着き始め、冷やさないのに比べて多少マシになる程度です。
手術後7日間程度は血行がよくなること(入浴、運動、飲酒等)控えましょう。血行がよくなることで腫れや内出血が強くなってしまう可能性があります。
手術後7日目以降は、腫れが残っていればクーリングをしてもよいかもしれませんが、ほとんどの場合必要ありません。以後のむくみ程度の腫れは時間とともに引いてきます。「温めた方がよい。」という意見もありますが、大きな差はないと考えており、当院では特別お薦めはしておりません。
● 入浴・運動・飲酒について
これらはいずれも血行がよくなる行為です。手術5日間は身体が温まる等で血行が良くなり過ぎると、腫れ・内出血が強く出ることがあります。手術で可能な限り腫れ・内出血が出ないように努力しても、手術後の過ごし方で血行がよくなりすぎたために、腫れや内出血が時間差で出てしまうことがあります。特に手術後24時間は血行が良くなりすぎると、傷口から血がにじむこともあるので、最も注意しましょう。手術後7日間は、湯船に浸からず、シャワーを浴びる程度にして、運動や飲酒を控えましょう。サウナ等も同様です。手術後7日目程度になると、血行が良くなりすぎて腫れが再び出てくる、といったことはまずないので、少しずつ様子をみながら入浴・運動・飲酒をはじめて構いません。もし患部にまだ違和感を感じたり、不安があるようでしたら、無理をしないで控えるようにし、以後は徐々に様子をみながら再開していきましょう。
● 洗顔と消毒、洗髪とシャワーについて
ナチュラルビューティー埋没法では、当日から上まぶた創部以外の顔の部分はいつも通り洗顔して頂いて構いません。クレンジング、洗顔料、洗顔フォーム等を用いても問題ありません。同様に髪も創部をできるだけ濡らさないようにして頂ければ、当日からいつも通りシャンプーやリンスをして頂いて問題ありません。シャワーも可能です。上まぶたが濡れた場合は、ティシュなどでこするのではなく、軽く押し当てるようにして優しく水分をとりましょう。手術翌日(24時間経過後)から上まぶたを洗顔等で濡らしても構いません。ただし、手術後1か月は上まぶたに負担がかからない方がよいので、強くこすることは控えましょう。
● お化粧はいつからできるか
化粧水や美容液の保湿等、日焼け止めなどの基礎化粧ケア、いつも通りのメイクは上まぶたを外せば当日から可能です。洗顔やクレンジングはいつもより優しく丁寧に行いましょう。手術後48時間経過したら上まぶたも基礎化粧・メイクをして構いません。但し、最低1か月間は上まぶたの洗顔・クレンジングは優しく行いましょう。乱雑に強くこすってしまうと糸が取れてしまう可能性があります。1か月経過後も、やはり優しくケアをしてあげることが糸が切れないで長持ちするコツです。
● コンタクトレンズは手術後いつからつかえるか
できるだけ1週間控えましょう。最低でも手術当日、翌日、翌々日は使用を控え、眼鏡で過ごしましょう。できなくはないのですが、手術直後は粘膜にもむくみが出ており、コンタクトをしていなくてもゴロゴロ感や違和感があります。瞼をしっかり休ませてからのご使用をお薦めします。
● 手術後どのくらいからレーザーやエステ、マッサージができるか
クリニックやエステサロンでの施術は1か月程度は避けましょう。少なくとも内出血や腫れが少しでも残っているうちは、控えるべきです。また、当然、腫れや内出血が残っている場合も避けるべきで、レーザーが内出血に反応してしまい、本来の効果が薄れてしまう可能性もありますし、傷自体にも刺激になってしまい仕上がりに影響を与える可能性もあります。またエステサロン等での強いハンドマッサージは最低1か月以上は控えましょう。強い摩擦は肝斑を誘発する原因にもなるので、それ自体をお薦めしません。
ご自宅でマッサージをする習慣がある方は、1か月程度は目の周りは控えましょう。目の周り以外は可能ですが、やはり強くひっぱったりこすったりする動作は目にも緊張がかかるので、控え目にしてください。強いマッサージは強い摩擦を起こして肝斑を誘発しますし、皮膚が伸びてシワ・タルミの原因にもなりうるので、それ自体をやはりお薦めしておりません。
● 手術後、まつ毛エクステやつけまつげをいつからしてよいか。
手術後1か月後をお薦めしております。どんなに早くても手術2週間後以降の使用をお薦めしております。まつ毛エクステの接着剤には、薬液によっては刺激のあるものもあると考えられますし、手術後の皮膚はダメージから回復途中にあるので、普段かぶれなくとも思いのほか発疹や湿疹の原因となりうる可能性があります。腫れが引いてきたのに、まつ毛エクステによってかぶれてしまい、腫れが長引いてしまうこともありうると考えられます。同様の理由で、つけまつげ、まつ毛パーマ、アイプチ、メザイク、アイテープ等も使用する場合は手術後1か月以降をお薦めしております。

よくある質問

Q. 一度手術を受けたら戻ることはないですか?
強い外力によって糸が切れると元に戻ります。例えば強くこすってしまったり、何かの拍子に手が当たってしまった等です。プチッと音がした、という方もいれば知らないうちに気づいたら二重のラインが消えていた、という方もいらっしゃるようです。すぐに二重のラインが消えることもあれば、これまでについた二重のくせで徐々にラインが消えることもあります。二重のラインが薄くなったり、消えてしまった場合は、また埋没法をすることができます。
切れた糸は見つけられれば取り除きますが、無理やり取り除かなくても生体との相性のいい素材ですのでそのままにしておいて問題ありません。新たに埋没をするラインに影響を与えることもありません。埋没法ではなくて切開法に切り替えることも可能です。もし糸が切れなければ埋没法の効果は一生継続します。実際に何十年も前に糸で止めました、という患者様は沢山いらっしゃるので、日常の目元のケアの中で、強くこすらないよう、優しくケアして上げることが長持ちのコツです。
Q. 一度手術をうけたら二重の幅はずっとかわらないですか?
加齢によって組織や皮膚はたるみます。ですので、5年10年という単位でみていくと、徐々に上まぶたの皮膚が 被ってくるので、二重の幅も徐々に狭くなってきます。また埋没法をした時ぐらいの幅に戻したいという場合は、 再度埋没法を行うか、根本治療として、たるみ取りや眉毛下切開等のたるんだ皮膚を切除する治療を行うとよいでしょう。 何が最適な方法かカウンセリングによりご提案致します。
Q. 瞼の中を縫った糸はずっと残るのでしょうか?
糸は残ります。ですが、例えば保険診療で盲腸の手術や内臓の手術をした場合でも溶けない糸や金属で組織を縫合し、そのまま体内に残すことはよくあります。 とけてしまうと元に戻ってしまうからです。このような場合、体との相性のよい、 問題ない素材(ナイロン等)でできた糸を使用しています。当院でも生体適合性の高いしっかりとした糸を使用しておりますので、ご安心ください。
Q. 黒目を大きくできるでしょうか?
黒目を大きくする場合は、眼瞼下垂症手術となります。眼瞼下垂手術は、老化によるものや生まれつき目の開きが悪い状態を改善するための治療ですが、眠そうな目元をしっかりさせるなどの目力アップ効果があります。ご希望があれば、誰でも受けることができます。

症例写真

症例1 10代後半女性

ご希望:可愛い綺麗な目元にしたい。   
術式:LUCE式リッチダブル8点埋没法+脂肪取り+目頭切開

もともと一重瞼の方です。瞼に重さがあるので、リッチダブルの8点でしっかり固定します。綺麗でかつ可愛い目元を ご希望されているので、目頭切開も控え目に行うことでちょうどよい

症例)20代前半女性

ご希望:二重のラインをしっかり固定したい。 
術式:LUCE式リッチダブル6点埋没法+脂肪取り

体調によって二重瞼になったり一重瞼になったりする状態でした。くっきりとしたラインになるために、抵抗となる脂肪を取り除き、 リッチダブル6点で固定しました。

症例)20代後半男性

ご希望:もともと一重なので大きく変えたくない。  
術式:LUCE式リッチダブル8点埋没法

奥二重にすることで控え目な二重瞼にすることができます。日本人の自然に見える二重のラインのまつ毛からの距離は約6mm と言われています。3~4mm程度にすることで奥二重、控え目な二重にすることができます。

症例)20代後半女性 

ご希望:以前他院で埋没法を受けたが外れてしまった。幅を広くして再度止めなおしたい。
術式:LUCE式リッチダブル6点埋没法

特に左目の内側、中間、右目の内側は外れている可能性が高そうです。拡大鏡を使用して以前の糸は取り除きます。 そのうえで新たなラインを固定しました。手術直後から綺麗な平行二重になっています。

症例)40代後半女性 

ご希望:年齢と共に二重の幅が狭くなってきたので以前の幅に戻したい。
術式:LUCE式リッチダブル6点埋没法

たるんだ皮膚を切るたるみ取りはこわい、でも何とかしたい、そのような方にオススメ。1年経過後も二重の幅はしっかり維持されています。

症例)50代前半女性

ご希望:テープでの固定が面倒なので糸でとめたい。
術式:LUCE式リッチダブル6点埋没法

もともと一重瞼の方。年齢的に皮膚のたるみがありますが、リッチダブルの糸であれば支持力が強いのでしっかり二重瞼に できます。

目・埋没法の施術料金

※表示は全て税別価格です。

施術名 輪の数 税別
ナチュラルシングル埋没法 1点止め(両目) 39,000円
2点止め(両目) 79,000円
3点止め(両目) 98,000円
4点止め(両目) 118,000円
ナチュラルビューティー埋没法 4点止め(両目) 129,000円
6点止め(両目) 189,000円
8点止め(両目) 248,000円
10点止め(両目) 398,000円
脂肪切除 両目 98,000円

※デザイン変更、経年変化による皮膚の垂れ下がりの修正は別途料金となります。

その他の料金についてはこちら

関連施術

このページをご覧になった方は合わせてこのページも見ています。