診療メニュー

S字ラインのボディメイク

ダイエットばかりしていて痩せすぎたり、加齢によって筋肉が落ちてハリがなくなっていませんか?女性らしい「S字ライン」は胸もですが、実はお尻(ヒップ)のアップも大事です。

理想のボディメイク

いらない脂肪を減ってしまった箇所に移動するだけで理想のボディラインに近づけます。

豊尻術(ほうこうじゅつ)とは

豊尻術(ほうこうじゅつ)、あまり聞き慣れないかもしれません。
胸を大きくすることはあっても、お尻を大きくする必要があるのでしょうか?豊尻術はただお尻を大きくする手術ではありません。当院の豊尻術は、もともと大きいお尻、下がったお尻をまずは徹底的に小さくして、その上で、お尻の上部にボリュームのピークをもたせることで、キュッと上がった魅力的なお尻を実現します。

下がった顔を上げる
下がった顔を上げる
下がったお尻を上げる
下がったお尻を上げる

どちらも加齢が原因の事が多いです。そして治療方法も同じです。

こんな方にオススメです。

  • 立体的なお尻で身体のラインをきれいに見せたい
  • 太ももやお腹の脂肪を取ってお尻・胸に入れたい
  • メリハリのある女性らいいボディラインに憧れている
  • 年齢と共に垂れ下がったおしりをキュッとあげたい
  • 大きなお尻を小さくしたい

脂肪注入による豊尻術

安全性を重視した“脂肪”の引っ越し

加藤先生脂肪吸引で取れた脂肪を、余分な水分や血液成分を遠心分離やpuregraft(ピュアグラフト)などによって除去し、大臀筋・筋膜下・皮下に注入します。
片側に200~300cc程度注入が可能です。お尻の割れ目の一番上の部分を中心に数か所より注入します。注入した脂肪は、胸の場合と同様に一部吸収されてなくなりますが、残ったものは定着します。
注入方法は、豊胸の際と同様で、局所大量注入は行っておりません。それでもミクロレベルでのしこりや石灰化が出来る可能性がありますが、小さなものであれば、経過観察することで十分問題ありません。

当院のこだわり

余計な脂肪を徹底的に吸引し、お尻を小さくしてから、キュッとあげます。
大腿外側、臀部下部、大転子部等、お尻周囲の余分な脂肪をしっかり吸引して一回り小さなお尻を目指します。もともとの骨格より小さくすることはできません。しかし、それら余分な脂肪を臀部上部を中心に注入する、いわゆる脂肪の引っ越しをすることで、キュッと上がったお尻を実現できます。

豊尻術図解

脂肪生着率へのこだわり

1.液体成分を除去した脂肪組織のみの注入
吸引した脂肪をそのまま注入するだけではほとんどの脂肪は吸収されてなくなります。
吸引直後の脂肪組織には約半分以上に麻酔液や血液などの液体成分が混じっているためです。これらの液体成分はほぼ100%すぐに吸収されます。これでは、せっかく治療したのにほとんどかわらなくなってしまった、、、となってしまいます。
当院では、注入後のボリュームを少しでも維持するため、基本的に全例、遠心分離により液体成分を除去し、脂肪組織のみの注入を行っております。また、より効率的なボリューム維持を目指し、puregraft (ピュアグラフト)による脂肪移植もお勧めしております。

液体成分

脂肪吸引について詳しくはこちら

2.微量ずつの丁寧な注入方法
当院では局所大量注入(1か所に大量に注入する方法)は行っておりません。局所大量注入は、一見問題なさそうに見えても、実は奥の方でしこりや石灰化になる可能性がかなりあります。
一方、手間をかけて丁寧に、脂肪組織を微量注入できる専用シリンジを使用して分散させながら注入することで、そのリスクをぐっと抑えることが可能にしています。長期的なよい結果をめざし、当院では微量ずつの丁寧な注入おこなっております。

豊尻施術について

施術について
施術時間 2時間~3時間程度
麻酔 局所麻酔・静脈麻酔
アフターケア
通院 2週間後にまず再診致します。
お薬 術後痛み止め、抗生剤、胃薬を処方致します。
シャワー 吸引部・注入部以外は翌日から可能。
入浴 1週間後から可能。
運動 軽い運動は2週間後から可能。激しい運動は1か月後から可能。
傷跡 注入なので傷跡は目立ちません。
マッサージ 不要です。
挿入部ケア 最低2週間はあおむけで寝ないようにして頂きます。
持続期間 生着した脂肪はほぼ半永久的と言えます。
合併症
内出血 特に脂肪吸引部で内出血が出る場合があります。時間と共に消えていきます。
腫れ 特に脂肪吸引部で腫れがでやすいので、術後圧迫を行います。
注入脂肪が
吸収される
注入された脂肪の一部は吸収されてなくなります。さらに臀部は立つ、座るなどの動作の影響を強く受けるので、脂肪注入による豊胸より吸収されやすいと言えます。
しこり/石灰化 当院では一か所大量注入を決して行っておりません。ごく微量脂肪を細かく分散して注入しております。そうすることでしこり、石灰化を予防しております。それでもミクロレベルでのしこり/石灰化の可能性はありますが、特別治療を要することはなく、経過観察のみで問題ありません。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入法は切らずにヒップの形や大きさを整える一番手軽な方法です。
ボリュームの足りないところ、例えばお尻の上半分にヒアルロン酸を注入することで、キュッと上がったヒップを短時間で得ることが可能です。
ヒアルロン酸は患者様のご希望やご予算にあわせて適量を選択できます。追加の注入もいつでも可能です。脂肪注入との違いは、脂肪吸引をする必要がないので、術後のダウンタイムがほとんどないことが特徴です。

施術について
施術時間 30分程度
麻酔 局所麻酔・笑気麻酔・静脈麻酔
アフターケア
通院 2週間後にまず再診致します。
お薬 術後痛み止め、抗生剤、胃薬を処方致します。
シャワー 翌日から可能。
入浴 3日後から可能。
運動 軽い運動は翌日から可能。激しい運動は1週間後から可能。
傷跡 注入なので傷跡は目立ちません。
持続期間 約1年半~2年です。
合併症
内出血 内出血が出る場合があります。時間と共に消えていきます。
腫れ 麻酔により多少の腫れがでることがあります。
硬く触れる ヒアルロン酸は深部に注入しますが、場所によっては皮膚から少し硬く触れることがあります。

豊尻術の施術料金

※表示は全て税別価格です。

施術名 税別
脂肪注入(puregraft)
注入分の脂肪吸引代含む
700,000円
静脈麻酔 50,000円
内服薬 0円
合計 750,000円
モニター価格 550,000円
施術名 税別
ヒアルロン酸注入(1cc)
1ccの値段です。
5,000円
静脈麻酔 50,000円
内服薬 0円
合計
両側total 100ccの値段です。
550,000円

その他の料金についてはこちら