診療メニュー

切らないリップリフト(鼻下短縮)

切らないリップリフト(鼻下短縮)とは

切らないリップリフト(鼻下短縮)とは、唇と鼻の距離を縮める治療です。通常は鼻の付け根の皮膚を切って縫うことで距離を縮めます。「切らないリップリフト(鼻下短縮)」は皮膚を切らないで距離を縮めます。注入による方法と手術による方法の2つがあり、どちらも皮膚に傷跡が付かない点がメリットです。
美人、かわいい方に共通する点の一つとして、鼻下の距離が短いことが挙げられます。
鼻下を短くして美人でかわいいバランスを持ったお顔を目指しましょう。


こんな方にオススメです。

  • 鼻下を短くしたい方。
  • 皮膚を切りたくない。
  • 傷跡を目立たせたくない。
  • 大きく変化しなくていいので少しかわればいい。
  • バレない程度で変化したい。
  • ダウンタイムを短くしたい。

2つの切らないリップリフト(鼻下短縮)

切らないリップリフト(鼻下短縮)には注入と手術の2通りがあります。それぞれいくつかの治療を組み合わせて行います。


<注入による方法>

鼻先ヒアルロン酸注入+唇ヒアルロン酸注入+口角ボトックス
3つの方法を組み合わせてリップリフト(鼻下短縮)を行います。

鼻先ヒアルロン酸注入:鼻先(鼻尖)にヒアルロン酸を注入することで鼻先が下を向くので、鼻下の長さが縮まります。
唇ヒアルロン酸注入:上口唇にヒアルロン酸を注入することで上口唇が少しふっくらするので、上にあがり鼻下の長さが縮まります。
口角ボトックス:口角にボトックスを注入することで上口唇があがるので、上にあがり鼻下の長さが縮まります。

<手術による方法>

鼻尖形成+耳介軟骨移植+唇ヒアルロン酸注入+口角ボトックス

鼻先(鼻尖)形成+耳介軟骨移植:鼻先(鼻尖)にヒアルロン酸を注入することで鼻先が下を向くので、鼻下の長さが縮まります。
唇ヒアルロン酸注入:上唇にヒアルロン酸を注入することで上唇が少しふっくらするので、上にあがり鼻下の長さが縮まります。
口角ボトックス:口角にボトックスを注入することで上口唇があがるので、上にあがり鼻下の長さが縮まります。



ルーチェ東京美容クリニックのこだわり 『腫れにくい』

ルーチェ東京美容クリニックの切らない鼻下短縮が腫れにくいのには訳があります。


ポイント① 最小限の麻酔

非常に小さい切開と縫合で済むので、麻酔も最小限で行います。そのため腫れが少なくて済みます。


ポイント② 最小限の負担で済む術式

患者様それぞれの鼻に合わせて最適な方法を選択しておりますが、できるだけ傷跡が少なく、負担の少ない術式を行っております。


ポイント③ 針へのこだわり

マイクロカニューレやナノニードル使用で自然な仕上がり。腫れ・内出血はありません。
通常の針で注入すると高確率で内出血が起こります。
当院では専用の特殊針である「マイクロカニューレ」や「ナノニードル」を 使用しますので、腫れ・内出血はでません。安心して治療を受けられます。


マイクロカニューレ使用で自然な仕上がり

針もこだわって数種類ご用意しております。

一回り細くなるだけで
通常の針がカニューレに代わるだけで、

痛み・針跡・内出血・ダウンタイム
がグッと減ります。


ポイント④ ダウンタイム短縮セット
ルーチェ東京美容クリニックでは腫れ・内出血を軽減するセットをご用意しております。ダウンタイムが短くすることで、日常生活にできるだけ支障がでないよう配慮致しております。ショートダウンタイムセットには①腫れ短縮セット ②内出血短縮セット ③傷跡が綺麗になりやすいセット の3つがあります。ご希望に応じてご提案しております。

①腫れ短縮セット

  • 腫れ抑制点滴:手術後直後に点滴を1回だけ行います。10分程度で終わります。手術後に起こる腫れを最小限に抑えることができます。
    その後通院して行う必要はありません。
  • 腫れ抑制飲み薬:手術後にご自宅で内服して頂く飲み薬です。毎食後内服して頂くことで腫れの引きを早くします。

②内出血短縮セット

  • 吸収性止血薬:植物由来の吸収性止血薬を手術中に使用します。麻酔がきれてからジワジワと出る微出血をとめることで手術後内出血を予防します。
  • 内出血を消すレーザー:「エクセルV」というレーザーを手術後に照射すると、翌日には内出血がひきます。
  • 内出血短縮クリーム:血行を促して内出血の排泄・消退を促します。

③傷跡が綺麗になりやすいセット

  • 傷を目立たなくさせる飲み薬:ケロイド体質などが心配な方は内服するとよいでしょう。傷がより綺麗に治ってくれます。
  • 傷を目立たなくするテープ:体など、テープが貼れる部位であれば専用のテープを貼って頂きますと傷がより綺麗になります。
※上記セットを行っても、個人差や体質により腫れや内出血、傷跡ができることが考えられます。ご了承ください。

同時に行うとより綺麗になる治療

①鼻翼縮小
鼻先を細くすると同時に、小鼻(鼻翼)縮小を同時に行いましょう。小鼻を小さくするとキュッと締まった小さな鼻になります。また、鼻先、小鼻、の幅が均等であることが、バランスのとれた美しい鼻であると言われています。

②プロテーゼ挿入
鼻先を細くすると同時に、プロテーゼを挿入することで、鼻が高くなるだけでなく、鼻筋から鼻先までスッと筋が通るようになり、鼻全体が綺麗ですっきりとした印象になります。

③鼻中隔延長術
鼻先を細くすると同時に、鼻中隔延長術を行うことで、鼻先を下に向けて鼻の穴を隠すことができます。
鼻が短い、鼻の穴を隠したい、鼻を長くしたい、といったご希望のある方は、一緒に行うとよいでしょう。

施術の流れ

step.1 カウンセリング
手術担当となる医師がしっかりとカウンセリングを行います。鼻、鼻下の状態の診断、特に改善したい部位、理想的な手術後のイメージ等、ご希望を丁寧に伺います。
手術の内容やアフターケア等についても詳細に説明致します。
ご不明な点がございましたら、ご遠慮なく何でも質問してください。
step.2 デザイン
手術担当医師がカウンセリングで伺った内容でデザインを行います。一緒に確認し、ご納得頂けましたら手術準備を開始します。
step.3 局所麻酔(併用時:静脈麻酔)
基本は局所麻酔です。注射による部分麻酔を行います。麻酔の針も極細針を用いておりますので、普通の注射に比べて痛みは少なくなっております。
step.4 手術
静脈麻酔が効いて痛みがなくなったら手術を始めます。
手術時間は、約2時間程度です。
手術中は目を閉じて、リラックスして頂いている間に行います。
局所麻酔が効いているので手術中の痛みはありません。
虫歯の治療と同じです。触ったり押されたりの感覚はわかりますが、ちくちくずきずきはありません。
step.5 手術後休憩
手術の後は少し休憩して頂きます。
笑気麻酔、静脈麻酔を受けられた方は、麻酔がしっかり覚めるまでお休み頂きます。
step.6 手術後
歩いてお帰り頂けます。
笑気麻酔を受けられた方も麻酔効果はすぐになくなるので問題ありません。
鼻先に肌色のテープを3日程度貼ります。鼻先だけでしたら鼻のギプスは不要です。マスクをして頂ければ周りの方から気づかれることもありません。
耳はトラガス場合、耳栓をしてお帰り頂きます。髪を下ろせばみえません。 耳栓は翌朝にはとってしまって問題ありません。
コンカの場合、耳に綿が付きます。こちらも髪を下ろせばみえません。
step.7 アフターケア
術後に腫れや痛みが気になる場合など、気になることがあれば、お電話などでお気軽にご相談ください。お話をうかがい、必要があるようでしたら、術後検診に来院いただきます。

施術について:注入の場合

施術時間 10分程度
痛み 極細針やカニューレを使用して注入を行います。
ご希望の方は笑気麻酔もできます(別途費用がかかります)。
内出血 まれです。基本的にありません。
腫れ ありません。
施術期間 1回で終わります。ボトックスは約3~4ヶ月(気になる場合は3か月毎、春夏秋冬、ワンシーズンに1回を目安に継続するとよいでしょう)、ヒアルロン酸は唇は約半年程度、鼻は約2年程度持続します。定期的な継続がよいでしょう。
治療後の経過
ヒアルロン酸は注射直後から変化を実感できます。ボトックスは注入直後は変化がありません。約1週間程度から効果実感がでてきます。
治療後の過ごし方
お化粧 直後から可
洗顔 当日から可
シャワー 当日から可
アルコール 当日から可
スポーツ 当日から可
入浴 当日から可
飲み薬 ありません。

※上記説明はあくまで一般的なもので、肌質・体質・症状等の個人差により差異がありうることをご理解下さい。



施術について:手術の場合

ダウンタイムについて
ダウンタイムは約3日程度とお伝えしています。まず手術直後から鼻先に肌色のテープを貼ります。テープは極力貼ったままにしておきます。テープは伸びない素材なので、鼻がむくんで膨張することをある程度予防してくれます。このテープを貼っている期間が手術当日、翌日、翌々日の最低3日間程度です。テープを貼ったまま洗顔、シャワー、テープの上に基礎化粧やお化粧をして構いません。テープが取れても手術から約1週間ほどはわずかなむくみがありますが、見た目にはわからない程度です。徐々にひいていきます。ほとんどありませんが、まれに内出血が出た場合は、ファンデーションやコンシーラーで隠しましょう。デスクワークでしたら当日から可能です。激しい肉体労働は1週間は控えることをお薦めします。

【トラガス(耳の穴)から採取した場合】

耳の穴の腫れを抑えるため、軟骨をとった側に手術直後から耳栓を入れます。入れたままにして、手術翌日の朝にとりましょう。この間は髪を下ろして隠してください。当日夜からシャワーや洗髪できますが、耳栓ができるだけ濡れないようにしましょう。髪を洗うと多少は濡れてしまいますが、少しでしたら傷口にも影響はありません。濡れても自然に乾くのを待ちましょう。耳栓は取れにくくしてありますが、もし翌朝になる前に取れてしまった場合、無理して戻す必要はありませんので、とれたままにしておきましょう。

【コンカ(耳)から採取した場合】

耳の腫れを抑えるため、手術直後から軟骨をとった側の耳の内側と外側に固定をつけます。この固定をしないと「柔道耳」と言って、柔道選手に多い腫れぼったい耳に変形してしまいます。この固定は糸で縫い付けて固定しているので手で外すことはできません。固定だけでしたら最短で5日後に抜糸可能です。通常は7日後に抜糸します。この固定は目立ちます。固定している間は髪を下ろして隠してください。当日夜からシャワーや洗髪できますが、固定ができるだけ濡れないようにしましょう。髪を洗うと多少は濡れてしまいますが、少しでしたら傷口にも影響はありません。濡れても自然に乾くのを待ちましょう。もし固定が抜糸前に取れてしまった場合、クリニックにご連絡下さい。多くの場合そのまま様子を見ますが、状態によっては固定しなおします。
手術後のクーリングによって腫れや内出血などのダウンタイムを軽減するには
鼻先の耳介軟骨移植の場合、クーリングはしないでください。軟骨の位置や鼻先の形はしっかりと固定しているのでそう簡単にずれることはありませんが、特に手術直後は不安定な時期でもあるのでテープで固定しています。無理にクーリングをして保冷材などを強く押し当てることはあまり適切とはいえないので、クーリングはしないようにしましょう。
入浴・運動・飲酒について
これらはいずれも血行がよくなる行為です。手術5日間は身体が温まる等で血行が良くなり過ぎると、腫れ・内出血が強く出ることがあります。手術で可能な限り腫れ・内出血が出ないように努力しても、手術後の過ごし方で血行がよくなりすぎたために、腫れや内出血が時間差で出てしまうことがあります。特に手術後24時間は血行が良くなりすぎると、傷口から血がにじむこともあるので、最も注意しましょう。手術後7日間は、湯船に浸からず、シャワーを浴びる程度にして、運動や飲酒を控えましょう。サウナ等も同様です。手術後7日目程度になると、血行が良くなりすぎて腫れが再び出てくる、といったことはまずないので、少しずつ様子をみながら入浴・運動・飲酒をはじめて構いません。もし患部にまだ違和感を感じたり、不安があるようでしたら、無理をしないで控えるようにし、以後は徐々に様子をみながら再開していきましょう。
消毒について
軟骨を採取した耳、治療をした鼻、いずれも消毒をする必要はありません。軟膏などを特別塗る必要もありません。
洗顔について
軟骨を採取した耳と鼻先以外は当日から洗顔をして頂いて構いません。鼻先にはテープが貼ってあり、極力濡らさないようにしましょう。濡れた場合は、タオル等で軽くふいてください。張り付いたまま自然に乾きます。手術後3日程度はテープが剥がれないでついていた方が、腫れを最小限に予防できます。万が一手術当日にテープが取れてしまった場合はご連絡下さい。
入浴・運動・飲酒について
これらはいずれも血行がよくなる行為です。手術後約5日間は身体が温まる等で血行が良くなり過ぎると、腫れ・内出血が強く出ることがあります。手術で可能な限り腫れ・内出血が出ないように努力しても、手術後の過ごし方で血行がよくなりすぎたために、腫れや内出血が時間差で出てしまうことがあります。特に手術後24時間は血行が良くなりすぎると、傷口から血がにじむこともあるので、最も注意しましょう。手術後7日間は、湯船に浸からず、シャワーを浴びる程度にして、運動や飲酒を控えましょう。サウナ等も同様です。手術後7日目程度になると、血行が良くなりすぎて腫れが再び出てくる、といったことはまずないので、少しずつ様子をみながら入浴・運動・飲酒をはじめて構いません。もし患部にまだ違和感を感じたり、不安があるようでしたら、無理をしないで控えるようにし、以後は徐々に様子をみながら再開していきましょう。
保湿などの基礎化粧、メイク等いつからできるか
手術当日から可能です。化粧水や美容液、日焼け止めなどのケアも当日から可能です。いつも通り行って頂いて問題ありません。但し、手術後数日間、鼻先にテープが張り付いている間は、鼻先には何もつけないようにしましょう。テープが取れた後、遅くとも1週間後からメイク可能です。クレンジング、洗顔の際は鼻先の部分を強くゴシゴシ擦らないようにしましょう。鼻先が安定するには1か月ほど時間が必要です。
手術後どのくらいからレーザーやエステ、マッサージができるか
クリニックやエステサロンでのレーザー施術は1か月程度は避けましょう。少なくとも内出血や腫れが少しでも残っているうちは、控えるべきです。また、当然、腫れや内出血が残っている場合も避けるべきで、レーザーが内出血に反応してしまい、本来の効果が薄れてしまう可能性もありますし、傷自体にも刺激になってしまい仕上がりに影響を与える可能性もあります。
ご自宅でマッサージをする習慣がある方、エステサロン等でのフェイシャルマッサージ等は最低3か月以上は控えましょう。特に鼻とその周囲は控えましょう。強いマッサージは強い摩擦を起こして色素沈着を誘発しますし、皮膚が伸びてシワ・タルミの原因にもなりうるので、それ自体をお薦めしておりません。
傷跡について
ほとんどの場合、クローズ法(鼻の穴の中だけの手術)で行うので、傷跡は鼻の穴に隠れ直後から見えることはありません。トラガスの場合、耳の穴に傷が残りますが目立ちませんし見えません。コンカの場合、耳の裏側に傷が残りますが、浅いしわのように見えるだけでみえませんし気づかれません。
リスク・合併症
傷跡 表面の皮膚には傷はつきません。鼻の穴の中に傷がつきますが、ほとんどわからない程度になります。また鼻の中なのでみえません。
腫れ 鼻先が約3日程度少しむくんだ状態になりますが、徐々に治まっていきます。この間は肌色のテープを貼ることでむくみを最小限に抑えます。

手術前後のケアについて

手術前 注意点 ・毎日飲む薬のある患者様(特に糖尿病のお薬や血液サラサラのお薬)は必ず申し出てください。
・健康に注意し、不規則な生活はおやめください。
手術当日 来院前注意点 ・時計、指輪、ネックレス、ピアス、ブレスレット等のアクセサリー類は外してご来院ください。
・自動車の運転は控え、公共交通機関でいらしてください。
・静脈麻酔の場合、手の指もしくは足の指のネイルを外しておきましょう。
・静脈麻酔の場合、来院3時間前から飲水を控えましょう。6時間前から食事を控えましょう。
鼻の状態 ・鼻先に肌色のテープを貼ります。マスクで隠せる範囲です。
軟骨を採取した耳の状態 ・コンカの場合、耳の表と裏にボルスター固定と言ってガーゼまたは綿をまるめて挟むように圧迫固定を行います。ぱっと見わかるので髪を下ろして隠して頂きます。
・トラガスの場合、耳栓をします。ぱっと見わかりませんが、やはり髪を下ろして頂くと目立ちません。
処方箋 ・抗生剤(1日3回) 、痛み止め・炎症止め(1日3回) 、胃薬(1日3回)を処方致します。
炎症止めはなくなるまで飲みましょう。腫れの引きが早くなります。
ダウンタイムケア ・クーリングはしないでください。その代わり血行が良くなりすぎる行為を控えましょう。
例えば飲酒、浴槽にはいる(シャワーはOK)、運動をするなどです。
清潔 ・シャワーは浴びれます。
・鼻先、耳はあまり濡れないように意識してください。とはいえ濡れてしまうと思いますが、多少でしたら自然に乾きますので問題ありません。
基礎化粧品 ・化粧水や美容液などの保湿は可能です。
・日焼け止めも可能です。
手術後禁止事項 ・手術を行った鼻先、軟骨を採取した耳は強くさわったり動かしたりしないようにしましょう。
軟骨が動いたり、傷の治りが悪くなったりする可能性があります。
手術後1日目 抜糸 ・軟骨を採取した耳は抜糸を行います。トラガスの方もコンカの方も共に抜糸を致します。
鼻の状態 ・鼻先、軟骨採取部ともに翌日に腫れのピークがきます。直後より腫れた感じがするかもしれませんが、ここから腫れが徐々に引いていきます。
軟骨を採取した耳の状態 ・トラガスから軟骨を採取した方は、耳栓をとりましょう。
メイク ・鼻先以外は翌日から可能です。クレンジングは鼻周囲は優しく行いましょう。
・抜糸後は軟骨採取した側の耳でもピアスなど使用して問題ありません。
ダウンタイムケア ・クーリングはしないでください。その代わり血行が良くなりすぎる行為を控えましょう。
例えば飲酒、浴槽にはいる(シャワーはOK)、運動をするなどです。
清潔 ・湯船に入るのは1週間控えましょう。
手術後7日目 鼻の状態 ・腫れはだいぶ落ち着き、自然に近い状態になりつつあります。鼻の中の縫った部位は溶ける糸を使用しているので、抜糸不要です。結び目などが気になるかもしれませんが、2週間~1か月程度で自然になくなるので、むやみに触ってとらないようにしましょう。
軟骨採取した耳の状態 ・コンカから採取した方はボルスター固定を外します。ボルスター固定は糸で固定しているので、抜糸をしないと外せません。
・トラガスから採取した方、コンカから採取した方、共に抜糸を行います。
日常生活 ・入浴 傷口や腫れに影響を与えることはありませんので入れます。
・飲酒 腫れに影響を与えることはありませんので飲めます。
・運動 腫れに影響を与えることはありませんので、徐々に様子を見ながら始めていきましょう。
手術後1か月 鼻の状態 ・ほぼ落ち着いた状態になりますが、場合によって、まだ少し腫れが残っていることもあります。
軟骨採取した耳の状態 ・触ると固いところやしこりを感じることがあるかもしれません。内部が治ろうとする時の一過性の反応です。時間と共に柔らか無くなり、消えていきます。
日常生活 ・耳は意識しなくてよいです。
・鼻先はまだ強くこすらないで優しく丁寧に触れるようにしましょう。
手術後3か月 日常生活 ・鼻先は安定した状態に入りますが、可能な限り強くこすらないで優しく丁寧に触れるようにしましょう。

※上記説明はあくまで一般的なもので、肌質・体質・症状等の個人差により差異がありうることをご理解下さい。

よくある質問

Q. できるだけ切らない方法で鼻下を短くしたいのですができますか?
切らない鼻下短縮術には短縮できる幅に限界があります。もともとの状態、手術後の状態を想定した時に不自然にならないか等、考慮した上で、ご希望に添えない場合は、皮膚を切る鼻下短縮もご提案することがございます。
Q. 効果はどのくらいもちますか?
抜糸は不要です。瞼の裏側は粘膜は安静が保たれ、傷が治りやすい湿潤環境が保たれていることもあり、 そもそも傷口を縫わないので抜糸はありません。抜糸は不要です。
Q. 傷は目立ちますか?
切らない鼻下短縮は皮膚を切らないので目立つ傷はできません。方法によっては鼻の中の粘膜を一部切開しますが、鼻の穴の中なので見えません。また粘膜部分なので、傷もほとんどわからない程度まで目立たなくなります。

切らないリップリフト(鼻下短縮)の施術料金

※表示は全て税別価格です。

施術名 税別
切らないリップリフト 鼻下短縮(注入) 165,000円
切らないリップリフト 鼻下短縮(手術) 250,000円
ダウンタイム短縮セット
①腫れ短縮セット 10,000円
②内出血短縮セット 30,000円
③傷跡が綺麗になりやすいセット 10,000円

その他の料金についてはこちら