池袋院 0120-822-188

銀座院 0120-261-895

カウンセリング予約

お問い合わせ

MENU

豊胸は不自然になってしまうの?気になるバストアップのお話

豊胸が不自然はなってしまう?のポイント

  • 豊胸手術には、ヒアルロン酸注射、シリコンバッグ、脂肪注入がある
  • シリコンバッグが一番不自然に見えるリスクがある
  • 脂肪注入が最も自然な豊胸になりやすい

 

コンデンスリッチ脂肪注入豊胸のビフォーアフター症例はこちら↓

症例紹介

 

ルーチェクリニックの豊胸の口コミはこちら↓

豊胸口コミ

コンデンスリッチ脂肪注入豊胸の参考動画はこちら↓

 

 

豊胸手術とは?

豊胸術とは

胸が大きくなるバストアップの手術です。

胸を大きくしたいという悩みは

たくさんの方が抱えています。

サプリメントや矯正下着などが

最近は流行っていますが、

それらは全く効果ありません。

時間とお金の無駄です。

家庭用のレーザーやマッサージエステなどの

バストアップ施術なども全く意味がありません。

残念ながらそのようなものに

お金と時間をかけても効果がないので、

最初からしない方が良いです。

勇気をだして、

最初から美容医療で

バストアップの悩みを解決しましょう。

豊胸手術の代表的な方法は、

大きく次の3つです。

  • シリコンバッグ
  • ヒアルロン酸注射
  • 脂肪注入

不自然になりやすいかどうか、

どの方法を選ぶかでかわります。

豊胸したことを他人に呼ばれたくないですよね。

それぞれどのような特徴があるのか

詳しく解説していきましょう。

豊胸 不自然 3

 

豊胸でシリコンは不自然になりやすい

豊胸手術の代表的な方法の1つとして

シリコンバックがあります。

シリコンバッグは最も不自然になりやすい

リスクがあります。

シリコンは形が決まっているので、

体の状態によってはシリコンパックの

形がういてみえることがあります。

例えばとても痩せてる人が大きなバッグを入れた場合、

シリコンパックの辺縁が見えてしまったり、

細身なのに極端に胸が突出していたりすると、

不自然な印象をうけます。

体を横にしてもシリコンパックは垂れません。

お椀をひっくり返したようにポコッとした状態です。

触った感じもやや硬い感じがしますし、

時間とともに確実に触った感じが硬くなります。

また決定的なことは、

シリコンバックは異物です。

破裂、変形、ずれ、感染などの

リスクがあります。

もし万が一このようなことが起きると

見た目にあきらかに不自然になりまし、

抜去しないといけなくなります。

 

ヒアルロン酸の豊胸は不自然になる?!

ヒアルロン酸による豊胸手術はどうでしょうか?

ヒアルロン酸とは本来は体の中に存在する物質です。

このヒアルロン酸を人工的に抽出して

注射器に入ったものが

ヒアルロン酸注射です。

ヒアルロン酸は見た目には

ジェル状です。

注入すると、組織の隙間に入り込んでいきます。

乳腺の下に入れることが多く、

塊で奥の方に入れます。

しかし、ヒアルロン酸も元々痩せ型の人であったり

胸が小さい人に大量に入れると

どうしても奥の方にとどまることができず

表面に出てきます。

その場合、しこりのように感じます。

決定的な点は、

ヒアルロン酸は吸収されてなくなってしまうことです。

せっかく高い金額をかけたのに、

結局なくなるのは悲しいことです。

豊胸 不自然 2

 

海外セレブの豊胸が不自然に見えてしまうのはなぜ?

海外セレブのビーチや

海での写真を見ることがあります。

すごくスレンダーで華奢で細いのに

胸だけ極端に大きいことってありませんか?

よく見てみると

パンと丸く張った状態です。

このような場合は

シリコンバックが入っているのかもしれません。

 

豊胸で不自然にならない方法は脂肪注入!

一番不自然にならなない方法はどれでしょうか?

それは脂肪注入です。

そもそもバストは何で構成されているかと言うと、

最も奥に大胸筋、

その上に乳腺、

その上に皮下脂肪という

三段構造になっています。

ボディビルダーを想像してみてください。

大胸筋を動かすして、

胸がピクピク動いているところを

見たことありませんか?

大胸筋を大きくなると、

バストも大きくなります。

また妊婦さんになると胸が大きくなります。

これは母乳を作るために

乳腺が大きくなるからです。

しかし授乳が終わると

乳腺がしぼんで胸は小さくなります。

5キロ10キロ体重が極端に太ると胸も大きくなります。

これは皮下脂肪が増えるからです。

つまり、この3つの層のどこかを大きくしたらいいわけです。

最も自然に安全に大きくできるのは

皮下脂肪なので、脂肪注入をするとよいわけです。

お腹や太ももなどのいらない脂肪を

胸に注入してバストアップするのです。

ダイエットでなかなか脂肪が落ちないように、

定着した脂肪細胞はそこで生きていくので、

ヒアルロン酸のになくなってしまうことはありません。

横になっても胸は垂れますし、

触っても柔らかく、

自然なふわふわの胸になります。

豊胸を自然な豊胸求めるのであれば

脂肪注入をお勧めします。

豊胸 不自然 4

 

豊胸は不自然になってしまうの?!まとめ

豊胸手術をすることで

胸が必ずしも不自然になってしまう

というわけではありません。

豊胸の方法と

もともとのバストの状態

によります。

なかでも最も安定して自然な見た目、

触り心地になる豊胸の方法は

脂肪注入です。

バストアップにご興味ある方は気軽にご相談下さい

 

記事監修

このページは医療に関わる専門的な内容になっていますそのため、医師免許を持った加藤晴之輔総院長をはじめ、
日本形成外科学会(JSPRS)専門医、日本美容外科学会(JSAPS)正会員を有するルーチェクリニック医師陣が監修し制作しております。
記事総監修医師:加藤晴之輔

 

<総院長略歴>

  • 岐阜大学医学部卒
  • 東京大学大学院医学博士
  • 医療法人社団光美会 理事長
  • ルーチェクリニック 総院長
  • 自治医科大学形成外科非常勤講師

 

<代表的な資格>

 

お問い合わせ

ルーチェクリニックではカウンセリング料、診察料、再診料などは頂いておりません。お話だけならお金はかかりません。後日検討して治療を始める事もできます。

無料カウンセリングはこちらからどうぞ↓



お問い合わせはこちらからどうぞ↓



フリーダイヤルはこちらです↓


この記事をシェアする