池袋院 0120-822-188

銀座院 0120-261-895

カウンセリング予約

お問い合わせ

MENU

豊胸で漢方薬は効くの?

豊胸の漢方薬のポイント

  • 漢方薬では豊胸できない
  • バストアップを大きくする特定の成分は存在しないから
  • 確実で安全で効果が持続する豊胸治療は脂肪注入がおすすめ

 

コンデンスリッチ脂肪注入豊胸のビフォーアフター症例はこちら↓

症例紹介

 

ルーチェクリニックの豊胸の口コミはこちら↓

豊胸口コミ

 

コンデンスリッチ脂肪注入豊胸の参考動画はこちら↓

 

豊胸の漢方はある?

残念ながら豊胸に効く漢方はありません。

漢方薬、漢方治療では

バストアップすることは難しいのです。

そもそも残念ながら飲み薬で

バストアップできる成分というのは

存在しません。

これはお薬でもそうですし

お薬に限らず食べ物やサプリメント

そういったものもそうです。

のむもので豊胸することは難しいのです

漢方と言うとなんとなく

西洋医学とは違って身体に優しく

割と効きそうな感じもしますが

実は豊胸に対して全く効果が無いのです。

豊胸 漢方薬 2

 

漢方薬とは?

そもそも漢方薬は東洋医学と言って

中国から発症した医学です。

古来から伝わる植物由来の成分を

抽出して漢方薬を作っています。

従っていろいろな成分が混じっているのです。

ここが西洋医学のお薬とは大きく違うのです。

例えば頭痛薬や生理痛薬でよく

痛み止めに使われるロキソニンという

お薬ですが、

ロキソニンなら「ロキソニン」という一つの成分から

薬ができているわけです。

一方で漢方というものは

植物から抽出した成分がまるごと入っているので

その成分が色々なものから構成されています。

またその植物成分をさらに

色々なもの同士で混ぜるので更に

複合的な成分からできているのです。

何か効くような気がするかもしれませんが、

そもそもバストアップさせる

特定の成分というのは存在しないのです。

特定の成分があれば、

それを含んでいる植物成分の漢方薬が

効くのかもしれません。

しかしそういった特定の成分は存在しないので

バストアップに漢方薬は効きません。

 

豊胸で漢方薬が効かないなら何がいいの?

残念ながら漢方薬では

豊胸バストアップすることができません。

では漢方薬でなければ

どのようにしてバストアップをしたら

よいのでしょうか?

残念ながらサプリメントや食べ物、

マッサージ、ナイトブラ、矯正下着、食べ物、

これらでは豊胸をすることができません。

何かしているような気もしますが

結果として豊胸につながりません。

またエステによるマッサージや

バストアップのクリーム、

バストアップを促すような

レーザー治療やマシーン治療なども

全く効果がありません。

お金と時間の無駄です。

では確実に安全に

効果がはっきりわかる治療は何かと言うと

医療です。

豊胸 漢方薬 4

 

豊胸は医療でしかできない

豊胸をするなら医療で受けてください。

医療で豊胸の手術をすることが、

安全で確実にそして効果が長続きする

バストアップになります。

代表的な方法は

  • 脂肪注入
  • ヒアルロン酸注射
  • シリコンパック

です。

医療でもレーザーや飲み薬クリームなどで

バストアップをすることはできないのです。

 

脂肪注入が最も良い豊胸手術

3つの豊胸手術の中で

最もお勧めする方法は脂肪注入です。

シリコンバッグ豊胸の場合、

シリコンは異物です。

体の中に存在しません。

シリコンバッグは10年経ったら

抜去するか入れ替えなければいけません。

これはなぜかと言うと

だんだん硬くなってくるからです。

シリコンバッグの周りにコラーゲンの膜ができて

その膜はやがて硬くなっていきます。

触ると硬い感じがしますし、

やがてその周囲に石灰化と言って

触るとカチコチに固まった状態になります。

横になってもおわんをひっくり返したような

膨らみになって

明らかに見た目にも不自然になっていきます。

これ以外にも位置がずれてしまったり

変形が起きてしまったり

パックが破損してしまったり

大きな異物になるので感染して

ばい菌がくっつくとすぐに取り出さざるをえません。

ヒアルロン酸はどうかと言うと

ヒアルロン酸注射は必ずなくなります。

せっかく高いお金をかけて

また痛い思いをして胸を大きくしたのに

数ヶ月単位でヒアルロン酸さんはなくなってしまうのです。

ヒアルロン酸は吸収されて必ずなくなりますから

元通りに戻ってしまいます。

これはとても残念なことです。

一方で脂肪注入は見た目にも

自然で触った感じも柔らかくバレません。

脂肪注入とは自分自身の脂肪を注入するわけです。

太ももであったりお腹や腰などのいらないお肉を

脂肪吸引によって採取します。

この脂肪をコンデンスリッチ脂肪と言って

血液や麻酔薬などの不純物を取り除いて

濃縮します。

これをマイクロインジェクション法と言って

ルーチェクリニックオリジナルの

丁寧で細かな注入方法を行います。

そうして高い定着率の脂肪注入が実現できるのです。

ダイエットや運動しても

お腹のお肉脂肪はなかなか落ちませんよね。

脂肪注入して定着した脂肪も

なくなることはありません。

定着した脂肪は効果が一生続き

バストアップしたサイズも続くというわけです。

豊胸 漢方薬 3

 

豊胸の漢方薬のまとめ

残念ながら漢方薬で豊胸することはできません。

バストサイズは変わりません。

豊胸ができる確実な方法は、

脂肪注入やなどの医療です。

漢方薬など色々試す前に

まずはクリニックの先生に

相談をしてみましょう。

 

 

記事監修

このページは医療に関わる専門的な内容になっていますそのため、医師免許を持った加藤晴之輔総院長をはじめ、
日本形成外科学会(JSPRS)専門医、日本美容外科学会(JSAPS)正会員を有するルーチェクリニック医師陣が監修し制作しております。
記事総監修医師:加藤晴之輔

 

<総院長略歴>

  • 岐阜大学医学部卒
  • 東京大学大学院医学博士
  • 医療法人社団光美会 理事長
  • ルーチェクリニック 総院長
  • 自治医科大学形成外科非常勤講師

 

<代表的な資格>

 

お問い合わせ

ルーチェクリニックではカウンセリング料、診察料、再診料などは頂いておりません。お話だけならお金はかかりません。後日検討して治療を始める事もできます。

無料カウンセリングはこちらからどうぞ↓



お問い合わせはこちらからどうぞ↓



フリーダイヤルはこちらです↓


この記事をシェアする