池袋院 0120-822-188

銀座院 0120-261-895

カウンセリング予約

お問い合わせ

MENU

豊胸の特徴を教えてください!豊胸手術別の特徴

豊胸の特徴ポイント

  • 豊胸の特徴は、脂肪注入、シリコンバッグ、ヒアルロン酸注射など方法によって異なる
  • 豊胸の特徴で見た目が一番自然な方法は脂肪注入
  • 豊胸の特徴で触り心地が一番自然な方法は脂肪注入

 

コンデンスリッチ脂肪注入豊胸のビフォーアフター症例はこちら↓

症例紹介

 

ルーチェクリニックの豊胸の口コミはこちら↓

豊胸口コミ

 

コンデンスリッチ脂肪注入豊胸の参考動画はこちら↓

 

豊胸の特徴は手術方法によって違う

豊胸の方法には3種類あります。

ヒアルロン酸注射、シリコンバッグ、脂肪注入の3つです。

豊胸の特徴はこれらの方法によって違います。

それぞれにどのような特徴が

あるのか、見た目や触った感じなどを

中心に解説していきますね。

豊胸 特徴 2

 

豊胸の特徴 見た目や触り心地 シリコンバッグ

豊胸の代表的な方法の一つとして

シリコンバックによる豊胸があります。

シリコンバッグにはベラジェルやモティバなど

いくつかの種類があります。

シリコンバッグはヨーロッパ製や

アメリカ製、韓国製などのものがあります。

シリコンバッグの大きな特徴は

シリコンバッグ自体は吸収されたり

することはないので

サイズや大きさが変わらない点です。

大きなバッグを入れれば、

そのサイズのままでずっと大きさを

維持することができます。

元々の体型や皮膚の伸び具合によっても

入れられるサイズに限界はありますが、

細身の方でも

大きなサイズのバッグを入れれば

バストアップをすることができます。

見た目の特徴としては

体の体型に合ったバッグを選択することで

自然でナチュラルな見た目の

バストにすることができます。

触った感じの特徴は、

本来の胸の柔らかさより

やや硬いといった感じです。

本来のバストを構成している脂肪や乳腺に比べると

シリコンパックには硬く感じられます。

強めの張りがあるというような感じでしょうか。

しかし一般の人が触っても

その差はほとんどわからない程度です。

シリコンバッグの大きなデメリットとして

シリコンバッグは異物です。

なのでシリコンバッグの周りに

「被膜拘縮(ひまくこうしゅく)」といって

コラーゲンの膜ができてきます。

この膜は年単位で厚くなり硬くなります。

石灰化といって、触ると石のように固く感じます。

見た目にも変形が起きます。

とにかくをサイズを大きくしたいがために

無理して大きなシリコンバッグを入れると、

変形や位置がずれ、また破裂してしまったり

することがあります。

シリコンバッグをによる豊胸は

大体10年ぐらいでで入れ替え、

または抜去が必要と言われています。

 

豊胸の特徴 見た目触り心地 ヒアルロン酸注射

豊胸の二つ目の方法として、

ヒアルロン酸注射があります。

ヒアルロン酸には様々な製剤があります。

固いヒアルロン酸から柔らかいヒアルロン酸まで

様々なものがあります。

ヒアルロン酸は本来、

肌などの体内にある成分なので、

安心して受けることができます。

最近はヒアルロン酸ではなくて、

アクアミドやポリアクリルアミドと呼ばれるような、

吸収されない異物の注入製剤もあります。

注入タイプの異物は

後遺症が出ます。

決して行わないようにしましょう。

ヒアルロン酸注射による豊胸は見た目は自然です。

さわり心地も自然です。

ヒアルロン酸を無理してたくさん注入すると、

ヒアルロン酸が胸の奥に止まりきることができず、

胸の縁のや下の部分にはみでてきてしまいます。

このようになってしまうとしこりのように

硬く触れてしまったりすることがあります。

ヒアルロン酸注射のデメリットとしては

ヒアルロン酸は吸収されてしまうので

数ヶ月後には完全になくなって

サイズが元に戻ってしまいます。

せっかく痛い思いをして

高額な金額を払ったのに

効果がなくなってしまうのは残念なことです。

豊胸 特徴 3

 

豊胸の特徴 見た目触り心地 脂肪注入

豊胸の代表的な三つ目の方法として

脂肪注入があります。

脂肪注入が最もお勧めする方法です。

なぜおすすめすること言うと

脂肪は自分自身の脂肪を使うので

異物ではないからです。

また脂肪注入で定着した脂肪は一生残るので、

効果が半永久持続してくれるのです。

ヒアルロン酸注射はなくなります。

脂肪はなくなりません。

またバストは脂肪や乳腺でできています。

脂肪層を増やすことになるので

見た目の感じがとても自然です。

立った状態でも自然な胸の形になっていますし

重力に従って自然にたれた形になるので全く自然です。

触った感じも脂肪の柔らかさがあるので自然に感じます

妊娠出産時よりも全く影響はありませんし

補強を考えているのであれば

是非脂肪注入をお勧めします

脂肪注入のデメリットは、

適切な方法を行わなければ吸収されてしますことです。

ルーチェクリニックでは

これを避けるために

「コンデンスリッチ脂肪注入」と言って

不純物を取り除き

脂肪を濃縮して注入する方法を行っています。

またマイクロインジェクション法と言って、

脂肪をご丁寧に細かく注入しています。

高い定着率となっています。

 

 

豊胸 特徴 4

 

豊胸の特徴のまとめ

豊胸の特徴、特に見た目や触り心地は

方法によって違います。

一番自然な見た目、触り心地は脂肪注入です。

次はヒアルロン酸注射です。

最も不自然に見えやすい、

また触り心地に違和感があるものは

シリコンパックです

それぞれのメリットデメリットを比較しながら

最も良い方法を検討してみてください

ルーチェクリニックが最もおススメする方法は

脂肪注入による豊胸です。

 

記事監修

このページは医療に関わる専門的な内容になっていますそのため、医師免許を持った加藤晴之輔総院長をはじめ、
日本形成外科学会(JSPRS)専門医、日本美容外科学会(JSAPS)正会員を有するルーチェクリニック医師陣が監修し制作しております。
記事総監修医師:加藤晴之輔

 

<総院長略歴>

  • 岐阜大学医学部卒
  • 東京大学大学院医学博士
  • 医療法人社団光美会 理事長
  • ルーチェクリニック 総院長
  • 自治医科大学形成外科非常勤講師

 

<代表的な資格>

 

お問い合わせ

ルーチェクリニックではカウンセリング料、診察料、再診料などは頂いておりません。お話だけならお金はかかりません。後日検討して治療を始める事もできます。

無料カウンセリングはこちらからどうぞ↓



お問い合わせはこちらからどうぞ↓



フリーダイヤルはこちらです↓


この記事をシェアする