池袋院 0120-822-188

銀座院 0120-261-895

カウンセリング予約

お問い合わせ

MENU

茶クマの治療、治し方ってどんなもの?

茶クマ治療のポイント

  • 茶クマの原因はメラニン
  • 目やにがたまることによってしみくすみ肝斑色素沈着となってしまう
  • 茶クマを改善する最も良い方法はレーザートーニング1セット12回のコースをしっかり行いましょう

 

目の下のクマには4種類のクマがあります

黒クマ、青クマ、赤クマ、そして茶クマです。

今回は茶クマの治療について解説していきますね。

 

目の下の茶クマとは

茶クマとはメラニンが原因です。

メラニンが溜まってくるとシミになります

まばらにたまってくると肝斑、いわゆるくすみになります。

炎症の痕や傷跡などによってメラニンが溜まった場合、

色素沈着となります。

この世にメラニンによってできたシミやくすみ、色素沈着が

目の下の部分にちょうど一致してしまうと

クマのように見えてしまいます

これが目の下の茶クマです。茶クマを改善するには

どうしたらよいかと言うと原因となっているメラニンを

いかに取り除くかということになります。

 

目の下茶色クマ治療

茶クマのメラニンを改善するには大きく三つつの方法があります。

飲み薬、塗り薬、レーザーです。

飲み薬で代表的なものはトラネキサム酸やビタミンE,ビタミンCです。

これらを飲み続けることによって、特に肝斑が改善していきます。

塗り薬ですとハイドロキノンやトレチノイン、ルミキシルなどの

クリームを塗ることによって徐々に色味が取れていきます

そして最も効果が高いものは美白レーザーです。

クリニックで美白のレーザーをあてることによって

メラニンが効率的に破壊され、

シミやくすみ色素沈着が無くなっていきます。

 

茶クマ治療のレーザーとは

茶クマを改善するためのレーザーにはたくさんの種類があります。

では具体的にどのような医療レーザーは有効かと言うと

シミ取りレーザーとレーザートーニングの二つに分けられます

もし茶クマの原因が何であればシミ取りレーザーを行います。

シミ取りレーザーを当てることでかさぶたが一週間程9月ます。

かさぶたが剥がれ落ちるとシミが取れます。

一週間で良くなるのでお手軽な資料と言えます。

代表的なシミ取りレーザーはピコレーザーといます。

一方で色素沈着や肝斑を治したい場合はレーザートーニングが最適です。

シミ取りレーザーとは違ってレーザートーニングは

かさぶたになりません。

色素沈着や肝斑は、かさぶたにするほど強いエネルギーを与えてしまうと

かえって濃くなってしまいます

1セット12回かけて徐々に優しくとっていく治療法が

レーザートーニングです。

レーザートーニングであればかさぶたまで来ませんし、

メイクをすることでレーザー治療を受けたことも全く分かりません。

レーザートーニングを継続していくことが

茶クマ治療レーザーでは最も良い治療と言えるでしょう。

 

茶クマが色素沈着の治療は

茶クマの原因は色素沈着の場合、レーザートーニングに加えて

塗り薬や飲み薬を同時に行った方がより早く治ります。

具体的にはトレチノインやハイドロキノンを同時に併用します。

飲み薬であればトラネキサム酸やビタミンC、ビタミンEを一緒に

ご自宅で飲みながらクリニックでレーザートーニングを行うと良いです。

 

茶クマ 治療②

 

茶クマ治療のブログを見たい方

茶クマ治療のブログはクリニックによって

あるところとないところがあります。

ルーチェクリニックでは、茶クマ治療を含めた

クマ治療の症例写真とビフォーアフターを載せてるページがあります。

茶クマを治すとどうなるか?

クマを改善するとどのようになるか

参考となるビフォーアフターがたくさんございますので、

ご覧になりたい方はこちらをご参照ください。

 

茶クマ治療は皮膚科で受けるもの?

茶クマ治療は保険の皮膚科でも出来なくはないです。

しかし、せっかく受けるなら美容皮膚科もしくは美容クリニックがおすすめです。

保険診療の皮膚科ではできることが限られてしまいます。

一方で美容皮膚科や美容クリニックの場合

自費診療になってしまいますがより性能の高いレーザーで

レーザートーニングを受けることができますし、

レーザートーニングの効果をより高める様々な併用治療を

受けることができます

選択肢が広がってより早くお肌をきれいにすることができます。

 

茶クマ治療の値段費用はどのくらい?

茶クマ治療で最も最適な方法はレーザートーニングです。

レーザートーニングは1セットが10回から12回としているクリニックが多いです。

ルーチェクリニックも1セット12回の治療としております。

値段の費用はクリニックによって違います。

平均すると15万円から20万円ぐらいになります。

1回に換算すると約1万円前後です。

 

茶クマ 治療③

 

茶クマ治療を安い値段で受けるには?

茶クマ治療の中心となる治療はレーザートーニングです。

このレーザートーニングは1回セットの金額はお値段がはります。

ですが、このレーザートーニングを安い費用でお得に受ける方法があります。

それはビフォーアフターのモニター協力制度がもしあれば

それを受けることです。

治療前と治療後の写真を提供することで

治療費用割引いてくるクリニックもあります。

 

茶クマ治療のモニター制度

モニター制度とはビフォーアフターの写真に協力することです。

顔を全て出すものもあれば、治療部分だけを出すモニター制度もあります。

お写真があることによってこれから治療を受けようとする方に

参考になります。

モニターの内容はクリニックによって様々ですので

それぞれのクリニックにお問い合わせしましょう。

ルーチェクリニックでもモニター制度あります

モニター制度にご協力いただくことによって

1割から最大3割程度まで割引が可能です。

お写真の利用範囲はホームページや広告、テレビ出演など、

写真を出す範囲は顔を全て出す、治療部位のみなど

いくつかモニターの種類があります。

モニターのパターンによって割引率が変わりますが、

治療をお得に受けることができるので是非ご相談ください

 

茶クマ治療を東京で受けるなら

クマ治療のクリニックは東京を含め日本にたくさんあります。

ルーチェクリニックは3000症例を超える手術例、

また腫れや内出血を予防、早く引かせる

ダウンタイム短縮セットなどもご用意しておいます。

クマ治療をたくさん手掛けている自信のあるクリニックです。

銀座院と池袋院がございます

東京の中では池袋と銀座で通いやすいほうに

ご相談いただければと思います。

 

茶クマ 治療④

 

茶クマ治療のまとめ

茶クマの原因はメラニンです。

メラニンによってシミやくすみ、色素沈着になってしまい、

目の下にちょうどできてしまうと茶クマとなってしまいます

茶クマを消す最も良い方法はレーザートーニングです。

レーザートーニングで少しずつ目元のくすみの改善し、

ついでにお顔全体の美白になりますので、

気になる方は遠慮なくご相談くださいね。

 

記事監修

このページは医療に関わる専門的な内容になっていますそのため、医師免許を持った加藤晴之輔総院長をはじめ、
日本形成外科学会(JSPRS)専門医、日本美容外科学会(JSAPS)正会員を有するルーチェクリニック医師陣が監修し制作しております。
記事総監修医師:加藤晴之輔

 

<総院長略歴>

  • 岐阜大学医学部卒
  • 東京大学大学院医学博士
  • 医療法人社団光美会 理事長
  • ルーチェクリニック 総院長
  • 自治医科大学形成外科非常勤講師

 

<代表的な資格>

 

お問い合わせ

ルーチェクリニックではカウンセリング料、診察料、再診料などは頂いておりません。お話だけならお金はかかりません。後日検討して治療を始める事もできます。

無料カウンセリングはこちらからどうぞ↓



お問い合わせはこちらからどうぞ↓



フリーダイヤルはこちらです↓


この記事をシェアする