池袋院 0120-822-188

銀座院 0120-261-895

カウンセリング予約

お問い合わせ

MENU

青クマの治療ってどんなもの?

青クマ治療のポイント

  • 青クマの原因は目の下の毛細血管
  • レーザー治療ならエクセルv、注射なら青クマ注射、手術ならコンデンスリッチ脂肪注入がおすすめ
  • それぞれの治療にメリットがあるとデメリットがあるのでしっかりと比較して決めましょう。

 

目の下のクマには四つの種類があります

黒クマ、茶クマ、赤クマ、そして青クマです。

それぞれのクマに対応した

適切な治療しなければクマは治りません

今回は青クマについて解説しますね。

 

青クマとは?

そもそも青クマとは何でしょうか?

青クマの原因は血管です。

目の下の皮膚のすぐ真下に毛細血管があり、

その毛細血管が皮膚を通して透けて見えるので

青く見えてしまいます

二の腕を見てみましょう。

皮膚から青い血管が透けてみませんか?

目の下も同じです。

腕ほど太い血管ではありませんが、

同じように皮膚の向こう側に

網の目のような細い血管がびっしりとあるので

その血管が透けて青く見えるのです。

特にお肌が色白で皮膚の薄い方は、

この血管が透けて見えやすいため

青クマがは余計に目立ってしまいます

 

青クマ治療は3種類ある

あくまでも治療には主に3種類あります。

  • レーザー治療
  • 注射
  • 手術

です。

それぞれにメリット、デメリットがあります。

 

青クマ治療のレーザー

青クマ治療の最も効果的なレーサーは

「エクセルv」というレーザーです。

エクセルVは、アジアエリアでは日本を含め

非常に人気のあるレーザーです。

特に韓国では600台以上販売されるというレーザーの中でも

非常に人気のあるものでした。

古いタイプレーザーはVビームと呼ばれるレーザーです。

「エクセルv」はVビームの進化版です。

 

青クマがレーザーで治る仕組み

青クマにレーザーを当てるとレーザーの光は血液に吸収されます。

すなわち光のエネルギーが

熱のエネルギーに変換されるというわけです。

熱エネルギーに変換されると血液が固まり、

例えるなら、コンクリートが固まるように

血液が固まって血管に血液が流れなくなります。

血液が流れなくなった血管はやがて線維のスジとなって

無くなっていきます。

余分な毛細細血管が間引かれるようになくなるので、

結果的に青クマがなくなっていくという仕組みです。

熱で青クマを改善するために、1回の治療では終わりません。

なぜならば一回で一気に高熱を入れてしまうと

皮膚が火傷してしまうからです。

なので回数がかけて、何回かに分けて

少しずつ青クマを改善していくという治療になります。

 

青クマ治療②

 

青クマ治療のレーザーのメリットとデメリット

青クマ治療のレーザー「エクセルv」にはメリットとデメリットがあります

メリットとしてはレーザー治療なので

お肌の負担が少ないということです。

特にかさぶたがや赤みが出ることもありません。

回数をかけて徐々に消えていきます。

デメリットとしては効果に個人差があるということです。

非常によく効く人もいれば効きにくい人もいらっしゃいます

毛細血管の量や血管の太さなどによってその差がでます。

 

青クマ治療の注射

注射の治療は成長因子の注射です。

ルーチェクリニックでは「クマ注射」と呼んでいます。

成長因子とは自分の組織を成長させる、増やすお薬のことです。

注射をすることによってご自身の組織が増えてくれます。

皮膚のすぐ向こう側に血管があるので、

血管が透けて青く見えてしまいます。

青クマ注射をすると、皮膚と血管の間に脂肪層が薄く増えてくれます。

脂肪層は黄色いので血管の赤みをさえぎってくれます

これによって自分の組織で青クマを改善させることができます。

 

青クマ治療の手術、コンデンスリッチ脂肪注入

青クマ注射の手術の治療は脂肪注入です。

原理は注射と同じです。

皮膚と血管を自分自身の脂肪で青みをさえぎります。

違いは、自分の脂肪をいらないところから採取して、

クマに注射する点です。

メリットは、コンデンスリッチ脂肪注入の効果は半永久です。

青クマ注射の場合は効果が徐々に落ちてくるので

再び注射をする必要があります。

デメリットとして、手術なのでダウンタイムがあり、

腫れや内出血など3日、4日程度ありるので、

スケジュールを調整する必要があります。

 

青クマ治療③

 

青クマ治療はレーザー注射手術どれが一番いいの

青クマ治療にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

手術は怖い、どうしても嫌だという方は

エクセルVのレーザーやクマ注射のような注射治療がおすすめです。

特に腫れることもなくダウンタイムもありません。

手術でも構わないので、できるだけ効果持続の長いものが良い

という方はコンデンスリッチ脂肪注入がおすすめです。

脂肪注入は一度行えば、効果が半永久だからです。

それぞれの治療にメリット・デメリットがありますから

治療を受ける先生としっかり相談しながら決めましょう。

 

青クマ治療、安い費用で受けるには?

青クマ治療をできるだけお手軽に手頃な価格で受ける方法があります。

それはモニター制度です。

ビフォーアフターのお写真をご協力いただくことによって

治療費用の割引を受けることができます。

ルーチェクリニックでもモニター制度を採用しておりますので

ご興味のある方はご遠慮なくご相談ください。

モニター割引によって1割から最大3割程度まで割引が可能です。

 

青クマ治療を東京で受けるなら

青クマ治療を受けることができるクリニックはあまり多くありません。

青クマ治療は難しいからです

ルーチェクリニックはレーザー、注射、手術、全ての治療を取り揃えており、

経験豊富な医師が在籍し、症例数も多く、

あなたにあった最適な治療をご提案できますので、

是非ご相談ください。

 

青クマ治療④

 

青クマ治療のまとめ

青クマの原因は目の下の毛細血管です。

毛細血管をなくすために

レーザー治療「エクセルv」で行うか、

血管を遮るために

クマ注射やコンデンスリッチ脂肪注入を行うか。

それぞれのメリットとデメリットがありますので

先生としっかり相談しながら決めていきましょう

 

記事監修

このページは医療に関わる専門的な内容になっていますそのため、医師免許を持った加藤晴之輔総院長をはじめ、
日本形成外科学会(JSPRS)専門医、日本美容外科学会(JSAPS)正会員を有するルーチェクリニック医師陣が監修し制作しております。
記事総監修医師:加藤晴之輔

 

<総院長略歴>

  • 岐阜大学医学部卒
  • 東京大学大学院医学博士
  • 医療法人社団光美会 理事長
  • ルーチェクリニック 総院長
  • 自治医科大学形成外科非常勤講師

 

<代表的な資格>

 

お問い合わせ

ルーチェクリニックではカウンセリング料、診察料、再診料などは頂いておりません。お話だけならお金はかかりません。後日検討して治療を始める事もできます。

無料カウンセリングはこちらからどうぞ↓



お問い合わせはこちらからどうぞ↓



 

この記事をシェアする