池袋院 0120-822-188

銀座院 0120-261-895

カウンセリング予約

お問い合わせ

MENU

クマのレーザーにはどんなものがあるの?

クマレーザーのポイント

  1. 茶クマと青クマはレーザーでも治せる
  2. 茶クマはメラニンが原因で青クマは血管が原因
  3. 青クマも茶クマも治療に半年から1年程度かかる

 

目の下のクマはレーザー治療で治せる ものがある

目の下のクマには4種類のクマがあります。

黒クマ、茶クマ、青クマ、赤クマです。

黒クマは眼窩脂肪の突出、皮下脂肪の減少による

影でできるクマです。立体感が問題です。

茶クマはメラニンが原因です。

メラニンが沈着するとシミやくすみなどになります。

青クマは血管が問題です。

目の下の皮膚の血管が透けて見えるため

青クマとなってしまいます。

赤クマは炎症が原因です。

お肌 かぶれや湿疹になり、赤みができてしまいます

場合によってはその赤みが

固定してしまうという状態です。

クマ レーザー 2

 

クマへのレーザーの効果

目の下のクマを治すレザーには

どのような効果があるでしょうか。

レーザーの効果は、

クマの原因となっているものを

破壊することで、その効果を発揮します。

茶クマならメラニンを破壊する、青クマなら血管を破壊する、

といった効果です。

このようにレーザーで原因を除去することによって

問題となっているクマを改善することができます。

 

茶クマをレーザーで治すには

クマの種類によって効果はそれぞれ異なります。

茶クマの原因はメラニンです。

メラニンが溜まってしまうことで

シミやくすみとなってしまいます。

メラニンには破壊するレーザーは

ナノレーザーやピコレーザーです。

ナノレーザーやピコレーザー使い、

レーザートーニングやピコレーザートーニングを

行うことで、

メラニンを破壊し、茶クマを改善することができます。

 

クマの色素沈着もレーザーで治る

茶クマの代表的な原因は

シミやくすみ などでした。

このメラニンによってできるものの

もう一つの症状は色素沈着です。

ゴシゴシこする洗顔をしていたり、

メイク落としの時に強くお肌をこすってしまっていたり、

合わない化粧品を長く使い続けた場合、

色素沈着と言って

メラニンが溜まってしまう状態が起こります。

この茶クマがの原因が色素沈着だった場合、

レーザーの中でもレーザートーニングによって

この色素沈着を改善することができます。

レーザートーニングによってメラニンを破壊し、

茶クマが消えていきます。

 

ジェネシスレーザーで青クマも治せる

青クマの原因は血管です。

血管が透けてしまうため

目元の皮膚が青く見えてしまいます。

この血管を破壊するレーザーが

ジェネシスです。その中でも

ルーチェクリニックは進化版の

ジェネシス vレザーを使用しています。

ジェネシスvは、よりお肌に優しく

より多くの血管を破壊することができます。

青クマの原因である血管を

レーザーで破壊し、

血管の青みを徐々に薄くしていきます。

 

黒クマはレーザーで治すことができるの?

黒クマは残念ながらレーザーで治すことができません。

これは黒クマの原因が眼窩脂肪の突出と

皮下脂肪の減少による

立体感が原因だからです。

残念ながらレーザーで効果が

分かるぐらい脂肪を減らす、

脂肪増やすと言ったことはできません。

黒クマの中心となる治療は、注射や手術です。

注射や手術に勝るレーザーはまだ

この世に存在しません。

黒クマはレーザーでは治らないと

考えてもらった方が良いです。

クマ レーザー 3

 

クマレーザーの費用はどのくらい?

クマに有効なレーザーは

茶クマ治すレーザートーニングや

青クマを治すエクセル V レーザーです。

これらはいずれも

一回では治すことができません。

10回から12回の1セットを繰り返して

定期的に行うことで

茶クマ青クマを徐々に改善していきます。

この費用はクリニックによって異なります。

ひとつの費用の目安として

大体10万円から25万ぐらいの間です。

 

クマレーザーは東京、大阪、名古屋などでも受けれますか?

レザーの中でも茶クマを治すための

レーザートーニングなどは

比較的どの地域でも受けることができます。

青クマを治すための

ジェネシス V などのレーザーは

クリニックによってはないことも多いです。

ご自身のクマの種類がどれなのか、

どの程度のひどさなのか、

それによっても

治療に使われるレーザーはかわります。

自分がどのタイプのクマか

クリニックに相談してみるとよいですね。

ルーチェクリニックでは茶クマを治すレーザーがあります。

青クマを治すジェネシスvレーザーもあります。

また黒クマを治すために

手術や注射の治療も行うことができますし、

赤クマの原因である炎症を改善する

クリームやお薬があります。

全ての釜に対して

診断治療を適切な治療をご案内することができます。

クマ レーザー 4

 

クマレーザーのまとめ

クマはレーザーで治せるものがあります。

代表的なものは青クマと茶クマです。

茶クマはメラニンが原因であり

青クマは血管が原因です。

メラニンや血管は

レーザーで破壊することができるので、

そのクマを治すことができます。

回数と期間がかかりますので、

いつまでに治したい、

どの程度時間がかかるかは、

クマの程度にもよりますので

治療してもらう先生に

しっかりと診断してもらいましょう。

 

記事監修

このページは医療に関わる専門的な内容になっていますそのため、医師免許を持った加藤晴之輔総院長をはじめ、
日本形成外科学会(JSPRS)専門医、日本美容外科学会(JSAPS)正会員を有するルーチェクリニック医師陣が監修し制作しております。
記事総監修医師:加藤晴之輔

 

<総院長略歴>

  • 岐阜大学医学部卒
  • 東京大学大学院医学博士
  • 医療法人社団光美会 理事長
  • ルーチェクリニック 総院長
  • 自治医科大学形成外科非常勤講師

 

<代表的な資格>

 

お問い合わせ

ルーチェクリニックではカウンセリング料、診察料、再診料などは頂いておりません。お話だけならお金はかかりません。後日検討して治療を始める事もできます。

無料カウンセリングはこちらからどうぞ↓



お問い合わせはこちらからどうぞ↓



フリーダイヤルはこちらです↓


この記事をシェアする