池袋院 0120-822-188

銀座院 0120-261-895

カウンセリング予約

お問い合わせ

MENU

クマ治療の名医とは?

クマ治療の名医のポイント

  • クマ治療の名医は診断、治療がしっかりできる
  • クマ治療の名医かどうかは症例数はビフォーアフターの写真を見てみよう
  • クマ治療の名医は大学系美容医師の方が解剖を知っているので仕上がりが良い

 

クマ治療名医の条件1 診断

クマ治療の名医の条件は、

まずは診断がしっかりできることです。

クマには4種類あります。

黒クマ、青クマ、茶クマ、赤クマの4種類です。

黒クマは脂肪の突出と減少、

立体感による影クマです。

青クマは血管が透けてしまう欠陥が原因です。

茶クマはシミや肝斑などメラニンが原因。

赤クマは肌のかぶれや湿疹などで起きる炎症が原因です。

そして多くの患者様は

黒クマだけ、青クマだけ、という状態ではなく

黒クマと青クマが混在しているような状況が

ほとんどです。

中には4種類のクマすべてがある方もいらっしゃいます。

そしてクマに見える原因が

それぞれ均等にあるわけではなく、

黒クマが8割、青クマが1割、茶クマが1割というように、

混在しています。

これらのクマの状態を診断し見分けることが

名医の条件のひとつです。

クマ治療 名医 2

 

クマ治療名医の条件2 治療

クマ治療の名医の条件として

それぞれの4種類のクマに対して

治療ができるということです。

クマの種類を見分けなければならないのは

それぞれのクマの種類に対して

最適な治療法が違うからです。

例えば黒クマでしたら

脱脂術とコンデンスリッチ脂肪注入の組み合わせ手術が

必要なこともよくあります。

成長因子やヒアルロン酸注射などの注射で

改善することもありますが、

多くの場合は手術をした方がより綺麗で

自然になります。

手術ができなければ黒クマのベストな治療を

することができないというわけです。

茶クマであれば

レーザーの機種が揃っているかということが第一です。

茶クマの原因は、

シミやくすみに最適なレーザーがあります。

ピコレーザーやレーザートーニングなどの

レーザー治療ができるかということが

とても大切になり、

そのレーザーを持っているクリニックかどうかということが

とても大切です。

さらに青クマは透けて見える血管が原因ですから、

この血管を破壊するレーザーがあるかどうか、

またレーザーが破壊できなければ、

血管をさえぎって血管が見えないよう

成長因子の注射や脂肪注入などが

できるかどうかというところもポイントです。

特に脂肪注入はコンデンスリッチ脂肪注入のように

特殊な手術ができるかどうかというところが大切です。

それぞれのクマに対して

最適な治療ができるかどうか、

医療機器を用意してるか、

というところが名医かどうかの分かれ道となるでしょう。

 

クマ治療名医の条件3 症例数

クマ治療の症例数が多いかどうかも

名医を使用を見分けるポイントです。

症例が多いほど、

様々なクマの状態に対応できるからです。

同じクマでも20代のクマと60代のクマでは

全く状態が違います。

一般には年齢を重ねている方の方が

クマの症状はひどいことが多いです。

そういったクマでも治療できるかどうか、

また逆に軽度のくまであれば

脂肪を取りすぎないで調整できるかなど、

経験した症例数によるところがあります。

また症例の数に加えて

仕上がりのクオリティも見てください。

症例写真ビフォーアフターの写真などが

ブログにあればそれらが参考になりますし、

症例写真が多いほどに

自分の熊の状態と似た写真を探すことができ、

その仕上がりを確認することができます。

クマ治療 名医 3

 

クマ治療名医の条件4 大学系美容医師 であるかどうか

初期研修が終わってすぐに美容外科になった医師は、

治療部位の深部がどうなっているか、

それらを見たことがない、

触ったこともない、ということが多いです。

その結果、決まった動きはできるけど、

トラブルや、応用、変化に対応できません。

一方で大学出身の医師は、

基本となる形成外科をしっかりと習得してきており、

体の深部までケガやがん治療、

火傷や傷を綺麗に治す一般の診療で

解剖やトラブル対処法を自然と習得しています。

クマ治療の手術をする場合でも、

目元の奥、周囲までしっかりと理解をしています。

奥の奥までわかった上で、

クマ治療をしているのと、わかることだけやっているのでは、

仕上がは全くことなります。

このように基礎的な技術をしっかりと

習得している医師による治療が望ましいです。

 

クマ治療の名医は東京や大阪にもいますか?

クマ治療の手術でも簡単な手術や、

茶クマの一般的なレーザーなどは

様々なクリニックに置いてあることが多いです。

しかし本当にしっかりクマの手術を行うとした場合、

脱脂術と言って脂肪を取る手術に加えて

コンデンスリッチ脂肪注入という

同時に行った方がより綺麗で長持ちする方法があります。

同時に行えるクリニックはかなり少なくなります。

また青クマをレーザーで直そうとした場合、

エクセル V のような特殊なレーザーが

必要となります。

エクセル V を置いているクリニックは

非常に少ないです。

ルーチェクリニックは東京に池袋院と現在があります。

エクセルVれーザーが ありますし、

黒クマに対して脱脂術とコンデンスリッチ脂肪注入を

同時に行う複合治療ができます。

また黒クマ、茶クマ、青クマの全てに

対して診断治療が行うことができ、

ブログをご覧になればわかりますが

写真も豊富にありますので

是非検討の一つに考えてみてください。

クマ治療 名医 4

 

クマ治療の名医まとめ

クマ治療の名医であるかどうかは、

診断ができる、治療ができる、症例数が多い、

大学系美容医師であるなどを

判断基準として考えると良いです。

これらが揃っていれば

幅広いクマに対応することができ、

くまの程度によってもしっかりとした仕上がりを

期待することができます。

クマを治して疲れ顔を治す、

寝不足顔治す、

しっかりとキレイになり

ハッピーな生活を送れると良いですね。

 

記事監修

このページは医療に関わる専門的な内容になっていますそのため、医師免許を持った加藤晴之輔総院長をはじめ、
日本形成外科学会(JSPRS)専門医、日本美容外科学会(JSAPS)正会員を有するルーチェクリニック医師陣が監修し制作しております。
記事総監修医師:加藤晴之輔

 

<総院長略歴>

  • 岐阜大学医学部卒
  • 東京大学大学院医学博士
  • 医療法人社団光美会 理事長
  • ルーチェクリニック 総院長
  • 自治医科大学形成外科非常勤講師

 

<代表的な資格>

 

お問い合わせ

ルーチェクリニックではカウンセリング料、診察料、再診料などは頂いておりません。お話だけならお金はかかりません。後日検討して治療を始める事もできます。

無料カウンセリングはこちらからどうぞ↓



お問い合わせはこちらからどうぞ↓



フリーダイヤルはこちらです↓


この記事をシェアする