0120-822-188

カウンセリング予約

お問い合わせ

MENU

タトゥー除去の跡が一番綺麗になるのはピコレーザー

タトゥー除去の跡が
綺麗になるかどうかは
治療方法で決まる!

タトゥーや刺青を消すとき、

できることなら可能な限り

綺麗に消したいですよね。

綺麗に消せるかどうかは、

ズバリ!

治療法によって決まってしまいます。

タトゥー・刺青除去の消し方には、

大きく分けて以下のような方法があります。

 

  • 手術によるタトゥー除去
  • レーザーによるタトゥー除去

 

それぞれの治療にメリットがあり、

傷跡も変わってきます。

それぞれを細かくみてみましょう。

 

 

手術によるタトゥー除去
3種類

手術によるタトゥー・

刺青除去の方法には次の3つがあります

 

  • 切除縫合によるタトゥー除去
  • 削皮術によるタトゥー除去
  • 植皮術によるタトゥー除去

 

結論から言うと

外科的なタトゥー除去の方法では、

どの方法でも跡が残ります。

しかしレーザーでは得られない

メリットもあると言えます。

1つ1つの方法が

どのような跡になるか解説致しましょう。

 

タトゥー除去の跡:
①切除縫合による跡

切除縫合とは、

タトゥーを「切除」して「縫合」する、

すなわち切って取ってしまって

縫い寄せる方法です。

縫った傷跡は線状になります。

なので線の跡が残ることになります。

形成外科的な切り方、

縫い方のテクニックで

線の跡ができるだけ

目立たないような工夫を

凝らすことができなくもないのですが、

多くの場合傷の部分に

い緊張がかかるので、

ミミズ腫れのように

赤く盛り上がってしまいます。

このミミズ腫れは、傷跡の範囲内に

収まっていれば「肥厚性瘢痕」と

呼ばれますし、

傷跡の範囲を超えていたら

ケロイド」と診断されます。

どちらも一生そのままの状態に

なってしまいます。

 

タトゥー除去の跡:
②削皮術による跡

削皮術とは、「皮膚」を「削って」

タトゥーを除去する方法です。

メスでタトゥーが入っている部分を

薄く削り取るわけです。

恐ろしいし痛そうな話ですが、

もちろん実際は局所麻酔

(部分麻酔とも言います)をして、

歯医者さんのように

痛み止めの麻酔をしてから

治療を行います。

麻酔が効いてしまったら

何も感じないので

あとは待っていれば治療は終わります。

削皮術の跡は削った部分が

全部ケロイド状態になります。

例えば丸なら丸を崩したような形で、

何かの柄なら元の形が

わからないような感じの形で、

赤く盛り上がった状態になります。

タトゥーの部分が

全部赤く盛り上がったような

傷跡になるので、

温泉やプールに行くと目立ってしまいます。

「どうしたの?」となるので、

「バイクでこけちゃって」とか

「子供のころ熱湯かぶっちゃって」など、

他の傷跡に置き換えるイメージ

言ってよいでしょう。

 

タトゥー除去の跡:
③植皮術によるタトゥー除去

植皮術とは「皮膚」を

「移植」する方法です。

「植皮術」と「皮膚移植」は

同じ意味です。

タトゥー部分をまず削皮術で削って、

そのあとにタトゥーの

入っていない皮膚を移植します。

削皮術に比べて、

傷跡を自分の皮膚でカバーするので

傷の治りは削皮術よりは早いです。

皮膚移植というと、

綺麗な皮膚を移植するので

綺麗になるように思えますが、

実際は引きつれたような

跡が残ります。

削皮術よりはまだましですが、

やはり火傷跡のような

ぐじゃッとした皮膚の質感になります。

また、植皮術のもう一つのデメリットは、

皮膚を採取したところも

傷跡になってしまう点です。

皮膚移植だからといって

跡がないではないので、

やはり火傷などの傷跡に置き換える、

というイメージが正しいです。

 

 

レーザーによる
タトゥー除去

レーザーによるタトゥー除去は

大きく次の2つにわけることができます。

  • 従来の古いレーザー 例えばQスイッチヤグレーザー
  • ピコレーザー

同じレーザー治療でも、

綺麗になるものもあれば、

逆に傷跡が増えてしまうものもあります。

慎重に選ぶ必要があります。

それぞれをみてみましょう。

 

タトゥー除去の跡:
①従来の古いレーザー

タトゥー除去に

最も効果があるピコレーザーが

まだ開発される前は、

Qスイッチレーザーが

タトゥー除去のレーザー治療において

主流でした。

しかし、ピコレーザーが世に出て以来、

完全に過去のレーザーとなりました。

従来のレーザーでは全然取れない、

それどころか逆にケロイドに

なってしまった等など

デメリットがとても多いと言えます。

せっかく綺麗に取りたくて

レーザーを選択したのに、

結果取れないなども起こります。

各段によいピコレーザーが出た以上は、

タトゥー除去の跡を

綺麗に決めることができるのは、

ピコレーザーと言えるでしょう。

 

タトゥー除去の跡:
②ピコレーザー

ピコレーザーは

最も新しいレーザーです。

そしてタトゥー除去治療法の中で

一番綺麗に消える方法です。

すぐにでもタトゥーを

とらないといけない、

そういった状況でない限りは

ピコレーザーを選択することを

お勧めします。

ピコレーザーのデメリットは

1回では治療が終わらないことです。

従来のレーザーより

パワーアップしていますが、

それでも1回で取れる方法ではないので、

治療期間がかかります。

しかし、時間をかけてでも

将来的にほとんど

わからなくなってしまって、

どんな柄をいれてたっけ?

と忘れてしまうくらいとれるので、

特に女性の方を含めて

綺麗に取りたい方は、

まずピコレーザーを選択すべきです。

 

 

タトゥー除去の跡のまとめ:
一番綺麗なのはピコレーザー

タトゥー除去の跡が

一番綺麗な治療法はピコレーザーです。

基本的に手術はすべて

一生残る傷跡ができてしまいます。

また、従来の古いレーザーでは

タトゥーはとれないですし、

かえってケロイドなどの

ひどい傷跡が増えるだけに

なりかねません。

可能な限り綺麗に取りたい方は、

ピコレーザーを選択しましょう。

 

記事監修

このページは医療に関わる

専門的な内容になっています。

そのため、医師免許を持った

加藤晴之輔総院長をはじめ、

日本形成外科学会(JSPRS)専門医、

日本美容外科学会(JSAPS)正会員を有する

ルーチェクリニック医師陣が

監修し制作しております。

記事総監修医師:加藤晴之輔

 

<総院長略歴>

  • 岐阜大学医学部卒
  • 東京大学大学院医学博士
  • 医療法人社団光美会 理事長
  • ルーチェクリニック 総院長
  • 自治医科大学形成外科非常勤講師

 

<代表的な資格>

 

お問い合わせ

ルーチェクリニックでは

カウンセリング料、診察料、

再診料などは頂いておりません。

お話だけならお金はかかりません。

後日検討して治療を始める事もできます。

無料カウンセリングはこちらからどうぞ↓



お問い合わせはこちらからどうぞ↓



フリーダイヤルはこちらです↓


この記事をシェアする