気になるお悩み、まずはお気軽にご相談ください。

診療時間:10:00~19:00 休診日:不定休

池袋院 0120-822-188

銀座院 0120-261-895

カウンセリング予約

小陰唇縮小、副皮切除、会陰贅皮切除、処女膜切開など婦人科形成手術で学生の学割ある?

小陰唇縮小術などの学生の学割のポイント

  • 学割を用意しているクリニックは少ない。
  • モニター制度でリーズナブルに受けられる。
  • 学生さんはダウンタイムのための時間が取りやすいので手術を受けるチャンスが多い。

 

婦人科形成手術の症例写真はこちらです。↓

 

婦人科症例バナー

☆婦人科手術(デリケートゾーンの治療)のyoutubeはこちら☆↓

 

 

学生で婦人科手術、例えば小陰唇縮小や副皮切除、会陰贅皮切除、処女膜切開などの

手術を受けられるのでしょうか?

またその時に学割のようなお得なプランはあるのでしょうか?解説していきますね。

 

学生で小陰唇縮小術を受けられる?

デリケートゾーンに関わる婦人科形成手術は未成年でも

手術を行うことができます。

多くのきっかけは、他の人と比較してサイズや大きさが違う、

VIO脱毛したいが、小陰唇が目立ってしまうのでできない、

パートナーに形や大きさを指摘された、などです。

悩み始めたタイミングが、カウンセリングや診察を受ける

タイミングです。

一人で悩むことなくまずは専門の先生に相談してみましょう。

 

未成年の学生さんは親の同意書が必要

ここで未成年の方は特に注意していただきたいことがあります。

学生さんでも二十歳を越えていれば必要はありませんが、

19歳以下の学生さんは治療を受けるにあたり、

ご両親の同意が必要となります。

お母様がお父様かどちらか一方で構いませんので

親権者のどちらかに、サインをして頂きます。

なので未成年のうちは治療を受けるにあたり必ず親に相談しましょう。

二十歳を超えれば自己責任で治療を受けることができるので

同意書は必要ありません。

 

学生さんが小陰唇縮小や処女膜切開などの治療を受けるメリット

小陰唇縮小術などの婦人科形成手術は自費治療です。

治療費は保険適用になりません。

費用面では学生さんには負担がかかりますが、

学生さんだからこそのメリットもあります。

それはダウンタイムの時間を十分にとることができるということです。

デリケートゾーンに麻酔をして切って縫います。

抜糸が必要だったり腫れや内出血が出ることもあるので

日常生活に戻るまでの時間(ダウンタイム)を

取らなければならないこともあります。

社会人で仕事をしている場合なかなかお休みを取ることは

難しいことが多いです。

一方で学生さんの場合は休みも多いですし

比較的授業や日程スケジュールの調整がつきやすいのではないでしょうか。

十分にお休みを取ることができ、無理のないスケジュールを

立てられるところが学生さんゆえのメリットと言えるでしょう。

 

学生の学割②

 

婦人科形成手術の学割はあるの?

小陰唇縮小手術などの婦人科形成手術など、

デリケートゾーンに関わる手術の学割は、

残念ながらないところが多いです。

理由は、デリケートゾーンの手術は専門技術が必要とされ、

特殊な手術器具や手術道具を使用することが多いので、

どうしてもある程度の手術費用がかかってしまうからです。

 

学生でもお得に小陰唇縮小手術などの婦人科形成手術を受けるには?

学割をしているクリニックは少ないです。

学生と言う枠にとらわれず、婦人科形成手術のビフォーアフターの

写真に協力するモニター様制度があるクリニックは多いです。

実際に治療前と治療後でどのように変化するかという写真を見れば、

自分のコンプレックスやお悩みが解決できるか一目瞭然です。

このように治療によって悩みが解決されるんですよ、

とこれから手術を受ける方の参考になるわけです。

この治療モニター制度をうまく活用することによって

治療費が割り引かれることが多いです。

費用面をできるだけ抑えたいという方は、

モニター割引制度があるかないかをぜひクリニックに聞いてみてください。

ルーチェクリニックにもモニター制度があります。

2割引のものから、どこまでを写真や動画にご協力いただけるかによって

最大70%まで割引が可能です。

気になる方は是非モニター制度についても御相談下さいね。

 

学生の学割③

 

学生さんでも医療ローンを組めます

治療を受けるにあたり、医療ローンというものがあります。

小陰唇縮小や副皮切除、会陰贅皮切除、処女膜切開などの

婦人科形成手術を受けるにあたり、

治療費用を月々分割して支払うことが可能です。

一括での治療費用の支払いは大変ですが最大82回まで

分割することができるので、月々の費用の負担が軽くなります。

デリケートゾーンの治療は一度行えばほぼ半永久で効果が持つので、

トータルとしてはコストパフォーマンスは良いです。

支払い方法についてご心配がある方は、

医療ローンもご検討下さい。

医療ローンが組めるかどうかは個人個人の条件もありますので

ご相談いただければそちらも詳細にご案内することができます。

 

小陰唇縮小術などの婦人科形成手術に学生の学割はある?のまとめ

学生さんのための学割を用意しているクリニックはあまりありません。

しかしモニター様制度というものがあるクリニックは多くあります。

治療費用をできるだけ抑えたいという方は

モニター制度も検討してみると良いでしょう。

 

学生の学割④

 

関連記事

小陰唇縮小手術の詳細はこちらです。

お気軽にご相談下さい。

 

婦人科形成手術の症例写真はこちらです。↓

 

婦人科症例バナー

☆婦人科手術(デリケートゾーンの治療)のyoutubeはこちら☆↓

 

 

ルーチェクリニックの小陰唇縮小術の3つメリット

  1. 小陰唇の大きさや厚さに形、ご本人の希望によって10種類以上の手術方法から一番、
  2. 患者様にあった安全で美しい手術を提案致します。
  3. 女性医師(形成外科専門医)による細やかな手術が受けられます。
  4. 万全のアフターケアで安心です。

 

 

担当医師

佐野仁美

山口 華央

魚住 知美

栄 由貴

 

記事監修

このページは医療に関わる専門的な内容になっていますそのため、

医師免許を持った加藤晴之輔総院長をはじめ、
日本形成外科学会(JSPRS)専門医、日本美容外科学会(JSAPS)正会員を

有するルーチェクリニック医師陣が監修し制作しております。
記事総監修医師:加藤晴之輔

 

総院長略歴

  • 岐阜大学医学部卒
  • 東京大学大学院医学博士
  • 医療法人社団光美会 理事長
  • ルーチェクリニック 総院長
  • 自治医科大学形成外科非常勤講師

 

代表的な資格

 

お問い合わせ・ご予約

お問い合わせ、ご予約は以下からお気軽にご連絡下さい。女性医師が対応可能です。

 

お問い合わせ↓

 

 

診察ご予約↓

 

この記事をシェアする