診療メニュー

ほくろをとって、より綺麗なお肌になりましょう。

「ここにほくろがなければいいのに…」そんな願いをかなえる治療法があります。

生まれつきほくろの多い方、またここにほくろがなかったらいいのになとお悩みの方、
ほくろはきれいにとることができます。
ほくろの取り方には高周波、ピコレーザー、切除術の3通りあります。最適な治療法をご提案致します。

こんな方にオススメです。

  • 生まれつきほくろが多い
  • ほくろのせいでメイクが美しく仕上がらない
  • ほくろが徐々に濃くなってきた、大きくなってきた
  • 傷を残さずほくろをとりたい
  • 体のほくろをとりたい

3つの治療の比較

  高周波 ピコレーザー 切除術
治療回数 1回 数回(月に1回ペース) 1回
テープ 3日~1週間程度 不要 1週間
麻酔 クリーム又は局所麻酔 不要 局所麻酔
治療時間 5分程度 1分程度 15分程度
抜糸 不要 不要 1週間後抜糸
傷跡 まれにくぼみが残ることがある なし 残るが、かなりわからなくなる。
赤み 2~3か月 2,3日 2~3か月
再発の可能性 まれにあり まれにあり なし

ルーチェのこだわり

傷跡は残したくない、という方は「ピコレーザー」での治療をお薦めしております。
ピコレーザー「エンライトン」で治療を行う場合、月に1回の照射で数回治療が必要にはなりますがお肌を綺麗な状態で保つことができます。

治療の流れ

step.1 カウンセリング
治療担当となる医師がしっかりとカウンセリングを行います。
治療したい部位、治療の内容やアフターケア等についても詳細に説明致します。ご不明な点がございましたら、ご遠慮なく何でも質問してください。
step.2 洗顔
洗顔をして頂き、メイクをしっかり落とします。
メイクをしっかり落とさないとレーザーの効果を十分に発揮することができません。
step.3 施術
ご選択頂きました高周波、ピコレーザー、切除術等を行います。
step.4 メイク
施術後すぐにメイクが可能です。美容液、日焼け止めはご用意がございます。お化粧品はご持参下さい。
step.5 アフターケア
施術後気になることがございましたら、お電話などでお気軽にご相談ください。

高周波

<施術について>

施術時間 5分程度
痛み 局所麻酔の注射を行った場合、注射の痛みがあります。治療後は麻酔が切れても痛みはありません。
施術期間 1回で治療が終わります。

<治療後のケアについて>

テープ 肌色の小さなテープを貼ります。ほくろの大きさによりますが、数日~1週間程度はり続けます。テープの上から1日2回軟膏を塗ります。テープを付けたまま洗顔や入浴、メイクをして大丈夫です。テープが剝がれたら処方したテープを新たに張り直してください。
お化粧 直後からできます。
洗顔 直後からできます。

<ダウンタイム・リスクについて>

くぼみ 高周波はほくろを削る治療になるので、治療直後はくぼみがあります。くぼみは時間と共に平らになります。
赤み 赤みが2,3か月程度ありますが、メイクで隠しましょう。時間と共に肌色に戻ります。

<治療後の過ごし方について>

シャワー 当日から可
アルコール 当日から可
スポーツ 当日から可
入浴 当日から可

※上記説明はあくまで一般的なもので、肌質・体質・症状等の個人差により差異がありうることをご理解下さい。

よくある質問 【高周波】

Q. 再発しますか?
稀に再発することがあります。その際は再度高周波での治療を行います。高周波治療を再度行ってもお肌に問題はありません。
Q. レーザートーニング等と同じに治療できますか?
できます。レーザートーニング治療後、そのままほくろ取りが可能です。

ピコレーザー

<施術について>

施術時間 1分程度
痛み パチッとはじかれる感じがあります。麻酔の注射やクリームは不要です。
施術期間 ほくろの濃さ・大きさにもよりますが、月に1回のペースで数回の治療が必要です。

<治療後のケアについて>

テープ 不要です。
お化粧 直後からできます。
洗顔 直後からできます。

<ダウンタイム・リスクについて>

赤み 赤みが1,2日あります。時間と共に戻ります。

<治療後の過ごし方について>

シャワー 当日から可
アルコール 当日から可
スポーツ 当日から可
入浴 当日から可

※上記説明はあくまで一般的なもので、肌質・体質・症状等の個人差により差異がありうることをご理解下さい。

よくある質問 【ピコレーザー】

Q.ピコトーニング等と同じに治療できますか?
できます。ピコトーニング治療後、そのまま治療が可能です。

切除術

<施術について>

施術時間 15分程度
痛み 局所麻酔の注射を行い、切除をします。治療後は麻酔が切れても痛みはありません。
施術期間 1回で治療が終わります。

<治療後のケアについて>

お薬 炎症止め、抗生剤、胃薬を処方します。
縫合部ケア 抜糸までの1週間、1日2回創部を洗い軟膏を付けて頂きます。
お化粧 創部以外は直後からできます。創部は1週間後の抜糸後からできます。
洗顔 創部以外は直後からできます。創部は1週間後の抜糸後からできます。

<ダウンタイム・リスクについて>

傷跡 傷跡は残ります。ですが形成外科技術をベースに真皮縫合や細い糸での縫合を行っており、かなり目立たなくなりますのでご安心ください。
赤み 縫合部が2,3か月程度赤いことがありますが、時間と共に肌色に戻ります。

<治療後の過ごし方について>

シャワー 当日から可
アルコール 当日から可
スポーツ 当日から可
入浴 1週間後の抜糸後から可

※上記説明はあくまで一般的なもので、肌質・体質・症状等の個人差により差異がありうることをご理解下さい。

よくある質問 【切除術】

Q.ダウンタイムはどれくらいでしょうか?
1週間程度です。抜糸を1週間後にするので、その間テープを貼ることになるからです。大事なご予定がない時に施術を    受けられることをお薦めします。
Q.たるみやシミなどのレーザー治療はいつからできますか?
抜糸後はどの治療も可能となりますが、創部の安静を保つためにも2週間~1か月程度あけましょう。

症例写真 ほくろ

症例①高周波
  • Before
    高周波によるほくろ治療の症例写真 before
  • After
    高周波によるほくろ治療の症例写真 after
  • 目元、頬に大小複数のほくろが
    散在しています。
  •  
  • きれいになくなりました。
症例2 ピコレーザー
  • Beforeピコレーザーによるほくろ治療の症例写真 before
  • Afterピコレーザーによるほくろ治療の症例写真 after
  • 口元に複数ほくろがあります。
  •  
  • ピコトーニングでしみ・すくみ治療を行いながら
    ほくろ治療も同時に行いました。
    お肌全体が綺麗になりました。
症例3 切除術
  • Before
    切除術によるほくろ治療の症例写真 before
  • After
    切除術によるほくろ治療の症例写真 after
  • 左の小鼻の脇に大きなほくろがあります。
  •  
  • 切除によりなくなりました。
症例4 切除術
  • Before
    切除術によるほくろ治療の症例写真 before
  • After
    切除術によるほくろ治療の症例写真 after
  • 額の中心に大きなほくろがあります。
  •  
  • 切除術でなくなりました。傷跡も綺麗です。

ほくろの施術料金

※表示は全て税別価格です。

ほくろ
施術名 サイズ 税別
高周波 1mm 5,000円
切除縫合法 1mm 10,000円
麻酔クリーム - 1,000円
ほくろ治療 1mm(2回保障) 10,000円

その他の料金についてはこちら

関連施術

このページをご覧になった方は合わせてこのページも見ています。