池袋院 0120-822-188

銀座院 0120-261-895

カウンセリング予約

お問い合わせ

MENU

脂肪吸引は危険なんでしょうか、、? いえ!安全です!

脂肪吸引って危険なんでしょうか?ポイント

  • 脂肪吸引は危険ではなく、安全な手術
  • 脂肪吸引で代表的な顔、お腹、太もも、二の腕どれも安全
  • 超肥満、持病がある方は先生としっかり相談しましょう

 

脂肪吸引のビフォーアフター症例写真はこちらです↓

症例紹介

 

脂肪吸引は危険ではなく安全な治療

脂肪吸引と聞くと、

自分の脂肪を一体どのように 吸い出すのか、

手術というだけで想像すると怖くなってしまいますよね。。

しかし脂肪吸引とは治療法が確立されてから

ほぼ80年近く経過がしようとしています。

一つの治療がこれだけ長く行われる続けるのは、

安全性が確立され、かつ効果実感が高いからなのです。

脂肪吸引は安全な手術です。

しかしそれでも脂肪吸引て怖くないんですか?

とよく聞かれますので、

代表的な吸引部分のそれぞれの危険性、

リスクについてご説明致しますね。

 

脂肪吸引 危険 2

 

顔の脂肪吸引は危険なの?

顔の脂肪吸引は非常に多いです

顔の中でも特に下ぶくれの改善、

アゴを引いた時の二重アゴをすっきりさせる

などの効果があります。

顔の頬の脂肪吸引で特に危険なことはありません。

ただ気をつけなければいけないリスクがあります

できるだけ顔を細くさせたいからといって

吸引し過ぎてしまうと、

1ヶ月後や2ヶ月後にホホに凹凸ができてしまいます。

ホホの脂肪吸引の場合、皮膚の下に数 mm の脂肪層を残し、

ほどほどに取るぐらいでとどめないといけません。

やりすぎないことが頬の脂肪吸引のポイントです。

アゴ裏の脂肪吸引も危険性はないです。

アゴの脂肪吸引は、

ホホとは逆に徹底的にしてあげれば

その分スッキリします。

なのでアゴ裏をしっかり吸引して

下アゴの骨がくっきりでるようにして

フェイスラインをすっきりさせます。

 

お腹の脂肪吸引は危険?

お腹の脂肪吸引で 人気の一つです。

お腹の脂肪吸引することでお腹のポッコリを改善します。

またわき腹を吸えばウエストがほっそりし

くびれができます。

腰を吸引すれば、

下着の上に乗っかってくるお肉をとることができます。

お腹をぐるっと一周脂肪吸引すれば、

ウェストがグッと細くなります。

お腹でのポイントは、内臓脂肪でも

お腹はポッコリしてしまうことです。

脂肪吸引では、内臓脂肪は減らせません。

内臓脂肪はGLP-1ダイエットで

お家で簡単ダイエットで減らしましょう。

お腹の脂肪吸引で危険性があるとすれば、

非常に肥満である、糖尿病や高血圧、脳卒中や

心筋梗塞などの持病があるなどの方は注意が必要です。

この場合は脂肪吸引をするにしても

全身麻酔や手術前後のお薬の管理などが必要です。

場合によっては脂肪吸引をしない方が良いかもしれません。

病気に近いかなりの肥満や基礎疾患がある方は、

脂肪吸引するかどうかを含めて

先生としっかり相談しましょう。

脂肪吸引 危険 3

太ももの脂肪吸引は危険ですか?

太ももの脂肪吸引もとても人気の部位です。

太ももは主に四つの面に分けることができます。

全面、内側、外側、後面です。

足や腕は直線的に見えた方が細く見えます。

太ももの内側は足の付け根部分がぽっこりふくらみがちです。

膝の横もふくらみがちです。

太ももの外側はお尻からつながる ラインがが

ぼってりとふくらみやすいです。

これらのふくらみを取ることができれば、

正面から見た時のシルエットが

足と足の間に隙間ができ、骨盤の膨らみも小さくなって

前から見たシルエットが細くなります。

太ももの前面をしっかり吸引し、

太ももの後ろはお尻の下の部分をすることによって

お尻から足への部分がキュッとなり、

横から見た時のシルエットが細くなります。

太ももはぐるっと全周することが多いです。

全周吸引することによって、

ズボン履いたときに

スッとズボンが入りやすくなりますし、

スカートから見える膝上がとても細くなります。

太ももの脂肪吸引の危険性はありません。

リスクの1つは、あえて挙げるならば

吸いすぎてしまった時に

筋肉のスジが見えてきてしまうことです。

お腹と一緒で太ももは

とにかくガッツリ吸引してほしいという希望が多いです。

がっつり可能な限り脂肪吸引をするのですが、

筋肉のスジまで見えてしまうと

女性らしい足元になりません。

しゃがんだ時、立ち上がる時、

ふとした時に筋肉のスジがくっきりと見えてしまいます。

うっすらと見えるくらいが

細くて女性らしい綺麗な脚になりますので

ここに技術の高さが要求されます。

張肥満や、ご病気をお持ちの方は

お薬のコントロールが必要となります。

手術の前に先生と事前の調整が必要となります。

 

二の腕の脂肪吸引は危険か?

二の腕の脂肪吸引も安全な部位です。

二の腕は中心部に骨、周囲に筋肉、その表層に

皮下脂肪と皮膚があり、

危険なものがありません。

治療時間も短いです。

しかしとても大切なポイントは、

手術後の圧迫です。

手術後の 圧迫はダウンタイムを短くしたり、

仕上がりを良くするという点でも大事ですが、

血腫などの合併症を少なくする意味でもとても重要となります。

手術と同じぐらい、

圧迫がとても大事になりますので

危険性を回避するためにも

アフターケアの指導にしっかり従ってください。

脂肪吸引 危険 4

 

脂肪吸引危険なんでしょうか?のまとめ

脂肪吸引は怖いというイメージが強いですが

実際のところは危険はありません。

確かな技術と確立された医療によって、

確実な効果を出すことができます。

しかしそれぞれの部位において

結果を出すコツ、

安全性を高めるコツがあるので、

これらを押さえながら行うことが大切です。

 

脂肪吸引のビフォーアフター症例写真はこちらです↓

症例紹介

 

記事監修

このページは医療に関わる専門的な内容になっていますそのため、医師免許を持った加藤晴之輔総院長をはじめ、
日本形成外科学会(JSPRS)専門医、日本美容外科学会(JSAPS)正会員を有するルーチェクリニック医師陣が監修し制作しております。
記事総監修医師:加藤晴之輔

 

総院長略歴

  • 岐阜大学医学部卒
  • 東京大学大学院医学博士
  • 医療法人社団光美会 理事長
  • ルーチェクリニック 総院長
  • 自治医科大学形成外科非常勤講師

 

代表的な資格

 

お問い合わせ

ルーチェクリニックではカウンセリング料、診察料、再診料などは頂いておりません。お話だけならお金はかかりません。後日検討して治療を始める事もできます。

無料カウンセリングはこちらからどうぞ↓



お問い合わせはこちらからどうぞ↓



この記事をシェアする