0120-822-188

カウンセリング予約

お問い合わせ

MENU

ドクター紹介

総院長:医学博士 加藤 晴之輔

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。形成外科専門医、国際美容外科学会員。自治医科大学形成外科非常勤講師。現在ルーチェ美容クリニックグループ総院長として診療に従事しています。

「美容医療の力でハッピーを届ける」をモットーに美容整形からアンチエイジング、毛髪治療まで幅広くご希望にこたえることができるこだわりの美容医療をご提供しております。

2018年にはNewYork Times社によるNext Era Leadersにも選出されました。

総院長 医学博士 加藤 晴之輔

略歴
2004年
岐阜大学医学部卒
2006年
東京大学附属病院形成外科美容外科
2009年
国家公務員共済組合連合会 虎の門病院
2014年
東京大学大学院医学系研究科形成外科講座 博士課程修了
2014年
ルーチェ東京美容クリニックを開院
2015年
医療法人社団光美会 理事長
2016年
自治医科大学形成外科非常勤講師
2018年
日本美容外科学会評議員 評議員一覧
資格
日本形成外科学会専門医 専門医一覧
日本美容外科学会正会員 名医を探そう
日本美容外科学会評議員 評議員一覧
日本美容皮膚科学会正会員
日本再生医療学会会員
GID(性同一性障害)学会正会員
日本頭蓋顎顔面外科学会正会員
国際美容外科学正会員 Find a surgeon
アメリカ形成外科学会正会員
ご挨拶
女性は古来より美しさ・若さを求めてきました。クレオパトラは真珠の粉末を飲んでいたようです。エリザベス女王は鉛パウダーや水銀を顔に塗っていたようです。小野小町は、コラ-ゲンを摂るために熊の手を食べていたようです。女性と男性が存在する限り、数千年前より行われていた美容とアンチエイジングは、数千年後の人類もきっと追い求めてやまないものでしょう。
現在我々は、昔よりはるかに安全で確実な美容医療を手に入れることができます。それどころか、メスで切らなくとも高周波や注入でしわをとることができ、光やレーザーでシミの治療が可能となり、再生医療を駆使して自分の細胞や成長因子、血小板を用いて組織・細胞レベルで若返る時代に突入し、それでもなお美容医療は進化し続けています。
しかし、いつにおいても、患者様の悩みはそれぞれで、肌質、骨格はそれぞれ異なり、例えば法令線ひとつとっても長さや深さや形、その人にあった最適な治療法は千差万別です。そんな中にあって私たちルーチェスタッフは、常に一人一人の患者様を、自分の大事な親や家族、友人だと思って、安全で質の高い最適な診療・治療を提案・提供し、不安な気持ちいっぱいでクリニックにみえる患者様を、アットホームで丁寧な接遇をもってお迎えできるよう努力しております。
「ここの施術のおかげで結婚がきまりました!」「夫になんかきれいになったね、と言われました。」「友人になんかやせた?と言われました。」このような言葉を笑顔と共に頂く度、スタッフ全員でがんばったかいがあったと、いつもとてもうれしく思います。
私たちがお届けする美容医療がきっかけとなり、支えとなり、患者様の生活や人生が素晴らしい幸せなものになることを、精一杯お手伝いできればと思っております。

スタッフからのコメント

いつも優しく患者様、スタッフの事を第一優先に考えてくれる先生です。
〝明るく丁寧に”を信念に働いている姿をみて私達も日々業務に勤めてます。
休憩時間は一緒に談笑したり、悩みを相談したり、クリニックについて熱く語ったりと気さくで明るい先生です。 美容医療に対して常に情熱を持って取り組んでおり、トレンドの美容医療は常にチェックし、先生自身が体験して良かった治療をいち早く取り入れて下さいます。
私たちが毎日楽しく仕事をさせて頂けてるのは、先生同士大変仲がよく、職場の雰囲気がいいからだと思います。

学会・論文

Publication

  1. Kato H, Suga H, Eto H, Araki J, Aoi N, Doi K, Iida T, Tabata Y, Yoshimura K. Reversible adipose tissue enlargement induced by external tissue suspension: possible contribution of basic fibroblast growth factor in the preservation of enlarged tissue. Tissue Eng Part A 16: 2029-40, 2010.
  2. Aoi N, Inoue K, Kato H, Suga H, Higashino T, Eto H, Doi K, Araki J, Iida T, Katsuta T, Yoshimura K. Clinically applicable transplantation procedure of dermal papilla cells for hair follicle regeneration. J Tissue Eng Regen Med 6: 85-95,2012, Epub 2011 Feb
  3. Kato H, Araki J, Eto H, Doi K, Hirai R, Kuno S, Higashino T, Yoshimura K. A prospective randomized controlled study of oral tranexamic Acid for preventing postinflammatory hyperpigmentation after q-switched ruby laser. Dermatol Surg 37: 605-10, 2011.
  4. Eto H, Suga H, Aoi N, Kato H, Doi K, Kuno S, Tabata Y, Yoshimura K. Therapeutic potential of fibroblast growth factor-2 for hypertrophic scars: upregulation of MMP-1 and HGF expression. Lab Invest 2012 Feb;92(2):214-23.
  5. Araki J, Jona M, Eto H, Aoi N, Kato H, Suga H, Doi K, Yatomi Y, Yoshimura K. Optimized Preparation Method of Platelet-Concentrated Plasma and Noncoagulating Platelet-Derived Factor Concentrates: Maximization of Platelet Concentration and Removal of Fibrinogen. Tissue Eng Part C 2012 Mar;18(3):176-85.
  6. Yoshimura K, Eto H, Kato H, Doi K, Aoi N. In vivo manipulation of stem cells for adipose tissue repair/reconstruction. Regen Med 6: 33-41, 2011.
  7. Aoi N, Inoue K, Chikanishi T, Fujiki R, Yamamoto H, Kato H, Eto H, Doi K, Itami S, Kato S, Yoshimura K. 1α,25-dihydroxyvitamin D3 modulates the hair-inductive capacity of dermal papilla cells: therapeutic potential for hair regeneration. Stem Cells Transl Med 2012 Aug;1(8):615-26. Epub 2012 Jul 27.
  8. Kato H, Mineda K, Doi K, Kuno S, Kinoshita K, Kanayama K, Yoshimura K. Degeneration, regeneration and cicatrization after fat grafting: Dynamic total tissue remodeling during the first three months. Plast Reconstr Surg 2014 Mar;133(3):303e-313e.
  9. Kato H, Araki J, Doi K, Kuno S, Kinoshita K, Mineda K, Kanayama K, Yoshimura K. Normobaric hyperoxygenation enhances initial survival, regeneration, and final retention in fat grafting. Plast Reconstr Surg 2014 Nov;134(5):951-9.
  10. Araki J, Kato H, Doi K, Kuno S, Kinoshita K, Mineda K, Kanayama K, Yoshimura K. Application of normobaric hyperoxygenation to an ischemic flap and a composite skin graft. Plast Reconstr Surg Glob Open 2014 Jun 6;2(5):e152. eCollection 2014 May.
  11. Kinoshita K, Ishimine H, Shiraishi K, Kato H, Doi K, Kuno S, Kanayama K, Mineda K, Mashiko T, Feng J, Nakagawa K, Kurisaki A, Itami S, Yoshimura K. Cell and Tissue Damage after Skin Exposure to Ionizing Radiation: Short- and Long-Term Effects after a Single and Fractional Doses. Cells Tissues Organs 2014;200(3-4):240-52. Epub 2015 Sep 12.
  12. Mineda K, Feng J, Ishimine H, Takada H, Doi K, Kuno S, Kinoshita K, Kanayama K, Kato H, Mashiko T, Hashimoto I, Nakanishi H, Kurisaki A, Yoshimura K. Therapeutic Potential of Human Adipose-Derived Stem/Stromal Cell Microspheroids Prepared by Three-Dimensional Culture in Non-Cross-Linked Hyaluronic Acid Gel. Stem Cells Transl Med 2015 Dec;4(12):1511-22. doi: 10.5966/sctm.2015-0037.