0120-822-188

カウンセリング予約

お問い合わせ

MENU

ドクター紹介

医師:佐野 仁美

佐野 仁美

略歴
2007年
東京大学形成外科
2009年
福島医科大学形成外科
2014年
日本医科大学形成外科 助教
2017年
日本医科大学形成外科 講師
2019年
ルーチェクリニック銀座院
資格
東京大学大学院医学博士
日本形成外科学会専門医
日本形成外科学会専門医
日本創傷治癒学会 評議員
日本創傷外科学会 学会誌編集委員
Instagram
Youtube
ご挨拶
人に相談しにくい悩みに寄り添い、しっかりコミュニケーションを取った上で、ニーズに合わせて、最適な方法を提案するように心がけています。たとえば同じ術式でも、位置、大きさや皮膚の厚さなどは千差万別です。このため全体のトータルバランスを見ながら、お一人お一人に合った治療を丁寧に提案させていただきます。
大学院では、傷をいかに早く美しく治すかを研究する【創傷治癒】をテーマに研究を行い、医学博士を取得しました。大学病院では若手医師を指導していた経験も多くあります。より良い治療を行うために、国内外の学会に参加し、最先端の技術を学び、積極的に診療に取り入れています。
変化や結果を喜んでいただけるのが、何よりのやりがいで、「手術をして良かった」と言っていただける瞬間が、本当に嬉しくこの仕事をやっていて良かったと思います。私たちの技術によって、患者様の人生が明るく前向きになるように、患者様が自分や自分の家族、友人だったらどうアドバイスするかを想像し、親身に思いやりを持ってお応えしています。どうぞお気軽にご相談ください。

スタッフからのコメント

女性としての美しさ、綺麗さを尊重し患者様の悩みに寄り添ってカウンセリング&治療を行っている先生です。手術の仕上がりは、患者様一人ひとりに合った仕上がりになっていて、皆さま大変満足しております。優しい雰囲気をお持ちで、知性と熱い思いで患者様ファーストを考えて下さる先生です。

論文

  1. Hitomi Sano, Shigeru Ichioka, Sachio Kouraba, Ai Minamimura, Tomoya Sato, Naomi Sekiya, Masato Yasuta, Treatment of venous ulcers with bone marrow-impregnated collagen matrix, Scandinavian Journal of Plastic and Reconstructive Surgery and Hand Surgery, J Plast Surg Hand Surg. 2012;46(1):37-44.
  2. Hitomi Sano, Shigeru Ichioka, Naomi Sekiya. Influence of oxygen on wound healing dynamics: assessment in a novel wound mouse model under a variable oxygen environment. PLoS ONE 2012;7(11):e50212.
  3. Hitomi Sano, Shigeru Ichioka, Influence of mechanical forces on the nail configuration, Dermatology. 2012;225(3):210-4.
  4. Hitomi Sano, Akiyoshi Kajikawa, Kazuki Ueda, Study of continuous irrigation negative-pressure treatment using an original ulceration model, J Plast Surg Hand Surg, 2013;47(3):175-9.
  5. Hitomi Sano, Shigeru Ichioka, Ai Minamimura, Ryuhei Tanaka, Kenji Ikebuchi, Miho Suzuki, Treatment of chronic ulcer with Elastic plasma protein and platelet film for wound dressing. J Plast Surg Hand Surg, 2013;47(6):462-6.
  6. Hitomi Sano, Shigeru Ichioka, Ai Minamimura, Ryuhei Tanaka, Kenji Ikebuchi, Miho Suzuki, Preservation of the properties of elastic plasma protein plus platelet film for wound dressing, J Plast Surg Hand Surg, 2013;47(6):458-61.
  7. Hitomi Sano, Rei Ogawa, Role of Mechanical Forces in Hand Nail Configuration Asymmetry in Hemiplegia: An Analysis of 400 Thumb Nails. Dermatology.2013;226(4):315-8.
  8. Ai Minamimura, Shigeru Ichioka, Hitomi Sano, Comparison of collagen matrix treatment impregnated with platelet rich plasma vs. bone marrow. J Plast Surg Hand Surg. 2014;48(1):15-20. 
  9. Hitomi Sano, Hakan Orbay, Hiroto Terashi, Hiko Hyakusoku, Rei Ogawa. Acellular Adipose Matrix as a Natural Scaffold for Tissue Engineering. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 2014;67(1):99-106.
  10. Hitomi Sano, Shigeru Ichioka, Which Cleansing Care is Better, Foot Bath or Shower? : Analysis of 236 limb ulcers. International wound journal. Int Wound J. 2015 Oct;12(5):577-80.
  11. Hitomi Sano, Kaori Shionoya, Rei Ogawa, Impact of mechanical forces on finger nail curvature: An analysis of the impact of different occupations on 332 finger nails. Dermatol surgery. 2014 ;40(4):441-5.
  12. Hitomi Sano, Rei Ogawa, Clinical evidence for the relationship between nail configuration and mechanical forces. Plastic and Reconstructive Surgery – Global Open. 2014:7;2(3):e115.
  13. Hitomi Sano, Shigeru Ichioka, Involvement of nitric oxide in the wound bed microcirculatory change during negative pressure wound therapy. Int Wound J. Int Wound J. 2015 Aug;12(4):397-401.
  14. Hitomi Sano, Shigeru Ichioka, Great Toe Necrosis Predicts an Unfavorable Limb Salvage Prognosis. Plastic and Reconstructive Surgery – Global Open. 2014 Oct;2(9):e216.
  15. Hitomi Sano, Shigeru Ichioka, Influence of oxygen on wound healing dynamics in healing-impaired diabetic mice. J Plast Surg Hand Surg. 2015 Jun;49(3):135-40.
  16. Hitomi Sano, Kaori Shionoya, Rei Ogawa: Foot loading is different in people with and without pincer nails: a case control study. Journal of Foot and Ankle Research, 2015 Aug 19;8:43.
  17. Hitomi Sano, Koichiro Oki, Hideo Sogawa, Rei Ogawa. The Stainless Steel Wire-based Method of Sogawa Effectively Corrects Severe Ingrown Nails. Plast Reconstr Surg Glob Open. 2016 Aug 15;4(8): e846.

英文総説

  1. Hitomi Sano, Sachio Kouraba, Rei Ogawa, Wound care matrices for chronic leg ulcers: comparative effectiveness and role in therapy. (review) Chronic Wound Care Management and Research. 2:113-118. Published Date: 24 July 2015. Dove press.

症例報告

  1. Hitomi Sano, Rei Ogawa. A Novel Non-surgical Treatment for Pincer Nail that Involves Mechanical Force Control: A Case Report. Plastic and Reconstructive Surgery – Global Open. 2015 Mar 6;3(2):e311
  2. Hitomi Sano, Shigeru Ichioka, Introduction of topical wound oxygen therapy for the treatment of chronic diabetic and pressure ulcers in Japan. Wound international. 2015, 6 (1).20-24.

letter to the editor

  1. Hitomi Sano, Kaori Shionoya, Rei Ogawa, Finger Nail Configuration is Influenced by Mechanical Forces on Finger Pads. J Dermatol. 2013;40(12):1056-7.

英文著書 分担執筆

  1. Hitomi Sano, Shigeru Ichioka, Recent innovation in pretreatment for skin grafts using regenerative medicine in the East, “Skin Grafts – Indications, Applications and Current Research” edited by Spear M. InTech – Open Access Publisher, Croatia, p221-236, 2011.
  2. Hitomi Sano, Rei Ogawa. Morphological Changes of Toenails in Hemiplegia: Toenail Configuration is Determined by the Mechanical Forces on the Foot. Paraplegia: Clinical characteristics Prevalence and Treatment Outcomes. Nova Biomedical, editor: Agnes A. Holloway. Chapter 4, p71-82. 2014.
  3. Hitomi Sano, Rei Ogawa. Mechanobiology and Mechanotherapy for the Nail. ‘Mechanobiology: Exploitation for Medical Benefit’ Wiley-Blackwell. Editors: Agnes A. Holloway. In press.
 

和文 原著論文

  1. 南村愛, 市岡滋, 佐野仁美, 中塚貴志. 炭酸泉浴による創傷治癒効果の実験的検討:日本形成外科学会誌.29:226-229,2009.
  2. 南村愛, 市岡滋, 佐野仁美, 中塚貴志. 炭酸泉浴の微小循環・創傷治癒に対する効果:臨床的検討 日本形成外科学会誌. 29:721-726,2009.
  3. 南村愛, 市岡滋, 佐野仁美, 関谷直美, 石川昌一, 中塚貴志. 多血小板血漿を用いた新しい褥瘡治療の試み~基礎研究および臨床応用 日本褥瘡学会誌. 13(1):37-44,2011.
  4. 佐野仁美, 梶川明義, 上田和毅. コンピューター・シミュレーションによる持続陰圧洗浄療法の洗浄効率の検討 形成外科. 54:797-803,2011.
  5. 堀切将, 廣瀬太郎, 上田和毅, 梶川明義, 大河内真之, 浅井笑子, 大河内裕美, 樅山真紀, 佐野仁美, 長谷川晶子, 関征央, 桑田知幸. 口径差のある動脈間における端側型端々吻合についての実験的検討. 日本マイクロサージャリー学会会誌. 24(1):1-5,2011.
  6. 小川令, 黄晨昱, 佐野仁美, 赤石諭史, 宮崎邦夫, 百束比古, DP.Orgill, 水野秀一. 形成外科学 とメカノバイオロジー(機械生物学)物理的刺激が創傷治癒や組織再生に与える役割.日本形成外科学会誌. 32(3):137-143,2012.
  7. 佐野仁美, 市岡滋 酸素による創傷治癒促進効果の検討 瘢痕・ケロイド治療ジャーナル. 5:63-65,2011.
  8. 南村愛, 市岡滋, 佐野仁美, 石川昌一.多血小板血漿を用いた難治性下腿潰瘍の治療.日本形成外科学会誌.33(5):304-309.2013.
  9. 佐野仁美, 市岡滋. 血清 C反応性蛋白値と下肢予後の関連. 日本形成外科学会誌. 34(7):509-512.2014.
  10. 佐野仁美, 市岡滋. Alb/CRP比の下肢予後予測における有用性. 日本形成外科学会誌. 34(11) 797-800.2014.
 

和文 症例報告

  1. 北川洋, 佐野仁美, 河原崎秀一. 東大病院内科研修医セミナー 関節リウマチ治療中に発症したニューモシスチス肺炎の一例 :Medicina. 43(10):1780-1785, 2006.
  2. 水落順, 神崎雅樹, 舘桂一郎, 佐野仁美, 根本卓, 吉岡知子, 松本浩次, 古田一裕, 柏木宏, 前田守, 森博昭, 三好俊策, 黒田陽子, 手島伸一. Meckel憩室による絞扼性イレウスの1例 :日本臨床外科学会雑誌. 68(7):1878, 2007.
  3. 舘桂一郎, 松本浩次, 水落順, 根本卓, 佐野仁美, 吉岡知子, 神崎雅樹, 古田一裕, 柏木宏, 前田守, 森博昭, 三好俊策, 黒田陽子, 手島伸一RadiochemotherapyによりCRを得た肛門管癌の一例 :日本臨床外科学会雑誌. 68(7):1882, 2007.
  4. 福田武俊, 泉田欣彦, 佐野仁美, 藤城緑, 迫田秀之, 大橋健, 大須賀淳一, 塚本和久, 戸邉一之, 門脇孝 体位性頻脈症候群(POTS)の1例<低血糖様症状の鑑別疾患として> :糖尿病. 50(7):533, 2007.
  5. 佐野仁美, 市岡滋, 菰田拓之, 石川昌一, 中塚貴志. 静脈性潰瘍に対する内視鏡的不全穿通枝切離術(subfascial endoscopic perforator surgery : SEPS)の経験 日本形成外科学会誌. 29:698-702,2009.
  6. 佐野仁美, 市岡滋, 田嶋沙織, 佐藤智也. 難治性糖尿病性足潰瘍に対する局所酸素療法の経験 日本形成外科学会誌. 32(1):30-43,2012.
  7. 佐野仁美, 市岡滋, 田嶋沙織. 仙骨部褥瘡に対する局所酸素療法の経験 日本褥瘡学会誌. 14(4):605-609,2012.
 

和文 特集・解説

  1. 佐野仁美, 市岡滋. PRP療法の最近の知見 形成外科. 52:919-925,2009.
  2. 佐野仁美, 市岡滋.【創傷治療の最前線】褥瘡に対する今日の外科的治療 安全で質の高い褥瘡治療をめざして 医学のあゆみ. 237:58-62,2011.
  3. 佐野仁美, 市岡滋. 再生医学のいま 基礎研究から臨床への展開に向けて 組織再生能を賦活する創傷治癒療法, 治療. 92:2598-2601,2011
  4. 佐野仁美, 市岡滋. 【下肢組織欠損の修復】 血管化組織誘導技術を応用した下肢潰瘍の修復, PEPARS. 7:76-82,2011.
  5. 佐野仁美, 市岡滋. 骨髄由来幹(前駆)細胞の創傷治療への応用, 形成外科. 55:1069-1074,2012.
  6. 佐野仁美, 市岡滋. 難知性創傷に対する補助療法, PEPARS. 82:42-48.2013.
  7. 小川 令, 黄 晨いく, 赤石 諭史, 佐野仁美, 百束 比古【創傷治癒の分子メカニズム】 創傷治癒における物理的刺激の役割とその分子メカニズム メカノバイオロジーとメカノセラピー. 創傷. 5(3):102-107, 2014.
  8. 小川令, 高田弘弥, 小山太郎, 佐野仁美, 赤石諭史 「メカノバイオロジーからメカノメディシンへ」. 皮膚・軟部組織のメカノバイオロジーとメカノメディシン—形成外科・美容医療・創傷治療におけるメカノセラピー— 医学のあゆみ.
 

和文著書 分担執筆

  1. 佐野仁美. 静脈潰瘍の治療のガイドライン「足の創傷をいかに治すか:糖尿病,虚血肢に対するフットケアの向上を目指す」 克誠堂, 2-17,2009.
  2. 佐野仁美. 静脈潰瘍の予防のガイドライン「足の創傷をいかに治すか:糖尿病,虚血肢に対するフットケアの向上を目指す」 克誠堂, 52-55,2009.
  3. 佐野仁美, 市岡滋. PRPはどうやるの?「フットケア処置実践 Q&A」 全日本病院出版会, 134-135,2009.
  4. 佐野仁美, 市岡滋. 糖尿病性足病変 「薬局増刊号, 病気と薬パーフェクトBook2011」南山堂. 監修・編集 横田千鶴子, 池田宇一, 大越教夫, 716-722,2011.
  5. 佐野仁美, 市岡滋. 褥瘡の外科的治療 「創傷ケアの基礎知識と実践」 メディカ出版
    編著 溝上祐子 121-126,2011.
  6. 佐野仁美, 市岡滋. 創傷の種類と特徴 「創傷ケアの基礎知識と実践」 メディカ出版 編著 溝上祐子 p24-30,2011.
  7. 佐野仁美, 市岡滋. 糖尿病性足病変 「薬局増刊号, 病気と薬パーフェクトBook2012」南山堂 監修・編集 横田千鶴子,池田宇一,大越教夫, p625-629,2012.

学会発表

国際学会 招待講演

  1. Hitomi Sano. Current Strategy of Burn Treatment in Japan. 2017 TSBIWH Annual Meeting and Symposium. (Aug 2017 Taipei)

国際学会 シンポジウム

  1. Shigeru Ichioka, Hitomi Sano. Current strategy for chronic wound treatment in Japan: recent research on NPWT. The 11th Japan-Korea Congress of Plastic and Reconstructive Surgery Panel 4-6. (May 2012 Hyougo)

国際学会 口頭発表

  1. Hitomi Sano, Ai Minamimura, Shigeru Ichioka, Ryuhei Tanaka, Takashi Nakatsuka, Miho Suzuki, Kenji Ikebuchi. Successful treatment for difficult wounds with a new biological dressing: concentrated human plasma proteins and platelet releasate (CPPP) The 10th Congress of International Confederation for Plastic Reconstructive and Aesthetic Surgery Asian Pacific Section. (Oct 2009 Tokyo)
  2. Hitomi Sano, Shigeru Ichioka. Influence of oxygen environment in wound healing dynamics Scar Meeting 2010. (Nov 2010 Tokyo)
  3. Hitomi Sano, Hakan Orbay, Hiroto Terashi, Hiko Hyakusoku, Rei Ogawa. The acellular adipose matrix as a natural scaffold for tissue engineering. (Dec 2011 Venice)
  4. Hitomi Sano, Shigeru Ichioka. Great toe necrosis predicts unfavorable prognosis in limb salvage. The World Union of Wound Healing Societies 2012. (Sep 2012 Yokohama)
  5. Hitomi Sano, Shigeru Ichioka, Kazuyuki Tokioka. Influence of mechanical force on the nail morph. The World Union of Wound Healing Societies 2012. (Sep 2012 Yokohama)
  6. Hitomi Sano, and Rei Ogawa. Mechanobiology of Nail Configuration and Possibility of Mechanotherapy for Nail Disease. ISMB (2014/5/20-23) Okayama
  7. Tsuge T, Sano H, Mitsuwa H, Honda A, Ogawa R, Algorithms of axillary scar contracture reconstruction. The 10th Asian Pacific Burn Congress (2015/08/29-31, Bali)
  8. Honda A, Asahi R, Ono S, Mitsuwa H, Tsuge T, Sano H, Ogawa R, An external wire frame fixation method of skin grafting for burn reconstruction. The 10th Asian Pacific Burn Congress (2015/08/29-31, Bali)
  9. Mitsuwa H, Sano H, Honda A, Tsuge T, Ogawa R, Tips and pitfalls of burn reconstruction using local flaps. Importance of steroid tape for the treatment of burn scars, particularly those in pediatric patients. The 10th Asian Pacific Burn Congress (2015/08/29-31, Bali)
 

国際学会poster

  1. Ai Minamimura, Ryuuhei Tanaka, Shigeru Ichioka, Naomi Sekiya, Hitomi Sano, Hideki Yokogawa, Miho Suzuki, Yasushi Kuwahara, Takashi Nakatsuka. A Novel Biological Dressing Consisting of Plasma Proteins and Platelet Releasate Accelerates Healing of Skin Defects in Diabetic Mice. The 3rd Congress of the World Union of Wound Healing Societies (Abstract of the 3rd Congress of the World Union of Wound Healing Societies. PF364) (June 4 to 8th 2008, Toronto)
  2. Hitomi Sano, Ai Minamimura, Shigeru Ichioka. Successful treatment for difficult wounds with a new biological dressing : concentrated human plasma proteins and platelet releasate (CPPP) for wound healing The18th Japan-China joint congress on plastic surgery(2008/9/6-7, Xi’an)
  3. Hitomi Sano, Shigeru Ichioka. Intervention of oxygen environment for wound healing. IPRAS2011(2011/5/22, Vancouver)
  4. Tajima Saori, Hitomi Sano. Shigeru Ichioka. Preliminary measurement of atmospheric condition during wound repair. 1st International Symposium Pediatric Wound Care (ISPeW) 2011 (2011/10/27-29, Roma)
  5. Hitomi Sano, Shigeru Ichioka, Kazuyuki Tokioka. “The positive experience of using collagen matrix dermis on the pediatric wounds. 1st International Symposium Pediatric Wound Care (ISPeW) 2011(2011/10/27-29, Roma)
  6. Akiko Kato, Hitomi Sano, Shigeru Ichioka, Kazuyuki Tokioka. Mechanobiological study of the nail configuration. The 11th Japan-Korea Congress of Plastic and Reconstructive surgery (2012/5/12-15 Hyougo)
  7. Hitomi Sano, Hakan Orbay, Hiroto Terashi, Hiko Hyakusoku, Rei Ogawa. A NATURAL SCAFFOLD USING ADIPOSE TISSUE FOR TISSUE REGENERATION. The World Union of Wound Healing Societies 2012(2012/9/2-7,Yokohama)
  8. Tajima Saori, Hitomi Sano, Shigeru Ichioka. Experimental evaluation of wound healing process under different oxygen environment. The World Union of Wound Healing Societies 2012(2012/9/2-7,Yokohama)
  9. Hitomi Sano, Hideyuki Mitsuwa, Azusa Honda, Takuya Tsuge, and Rei Ogawa. Importance of Steroid Tape for the Treatment of Burn Scars, Particularly Those in Pediatric Patients. The 10th Asian Pacific Burn Congress (2015/08/29-31, Bali)
  10. Hitomi Sano, Rei Ogawa. Mechanobiological Analyzes of Nail Deformities using a Tail Suspension Animal Model. The 13th Japan Korea Congress of Plastic and Reconstructive Surgery. (May 2016 kanazawa)
  11. Hitomi Sano, Koichiro Oki, Rei Ogawa. Treatment of ingrown and pincer nails by using the stainless steel wire-based Sogawa-method. World Union of Wound Healing Society 2016. (Sep 2016 Italy)
  12. Kousuke Kuwahara, Rei Ogawa, Hitomi Sano. Influence of walking behavior on pincer nail development. World Union of Wound Healing Society 2016. (Sep 2016 Italy)
  13. Marie Taga, Hitomi Sano, Rei Ogawa, Shigeru Ichioka. Foot baths may increase the risk of major amputation in chronic limb ulcer cases compared to showering.  World Union of Wound Healing Society 2016. (Sep 2016 Italy)
  14. Hideyuki Mitsuwa, Hitomi Sano, Rei Ogawa, Shigeru Ichioka. Role of Nitric Oxide During Negative Pressure Wound Therapy. World Union of Wound Healing Society 2016. (Sep 2016 Italy)
  15. Mariko Shimomoto, Hitomi Sano, Rei Ogawa. Relationship between Nail Morph and Mechanical Forces. 4th International summit on nail disease (June 2017 Greece)
  16. Hitomi Sano and Rei Ogawa. Nail configuration change under no loading circumstance. 4th International summit on nail disease (June 2017 Greece)

国内学会 シンポジウム・パネルディスカッション

  1. 佐野仁美, 市岡滋. 難治性潰瘍に対する最新のAdjunctive Therapy. 第5回日本下肢救済足病学会・第11回日本フットケア学会・合同学術集会(2013年2月 於横浜)
  2. 佐野仁美, 小川令, 赤石 諭史, 光嶋勲, 百束比古. 爪再建におけるBasic Science —爪形態の維持には物理的刺激が必要である-第57回日本形成外科学会総会・学術集会(2014年4月 於長崎)
  3. 佐野仁美, 小川令. 物理刺激が創傷治癒に与える影響―局所陰圧閉鎖療法による創傷治癒促進効果ー第23回日本形成外科学会基礎学術集会 (2013年11月於長野)
  4. 佐野仁美, 小川令. 物理刺激が爪形態に与える影響. 第23回日本形成外科学会基礎学術集会 (2013年11月於長野)
  5. 佐野仁美、小川令、赤石 諭史、光嶋勲、百束比古. 爪再建におけるBasic Science —爪形態の維持には物理的刺激が必要である-第57回日本形成外科学会総会・学術集会
  6. 佐野仁美, 小川令, 赤石諭史, 百束比古. 物理的刺激を考慮した爪変形性疾患の治療. 第13回フットケア学会学術集会(2014年2月 於東京)
  7. 佐野仁美, 本田梓, 野守美千子, 小川令. 外科医師の総合診療科における役割. 外科系連合会。(2015年6月18日於 東京.)
  8. 柘植琢哉,佐野仁美, 小川令, メカニカルフォースに対するリンパ管内皮細胞応答~リンパ浮腫の病態解明と新しい治療開発を目指して~ 第24回日本形成外科学会基礎学術集会(2015年10月於岩手)
  9. 佐野仁美、市岡滋、小川令、メカニカルフォースに対するリンパ管内皮細胞応答~リンパ浮腫の病態解明と新しい治療開発を目指して~ 第24回日本形成外科学会基礎学術集会(2015年10月於岩手)
  10. 小川令、黄晨昱、佐野仁美,物理的刺激による骨・軟骨再生の促進ー骨・軟骨のメカノバイオロジー第24回日本形成外科学会基礎学術集会(2015年10月於岩手)
  11. 小川令、Yi Yuan、魯峰、佐野仁美、脂肪組織の再生を目指してー脂肪組織再生に幹細胞は必要?ー第24回日本形成外科学会基礎学術集会(2015年10月於岩手)
  12. 小川令、赤石諭史、佐野仁美、土肥輝之、有馬樹里、野一色千景、創傷治癒におけるメカノバイオロジー最前線、第24回日本形成外科学会基礎学術集会(2015年10月於岩手)
  13. 佐野仁美、市岡滋、野一色千景、小川令、酸素を使って難治性創傷を制する~酸素を利用した創傷治療~創傷外科学会(2016年7月 於東京)
 

国内学会 セミナー

  1. 佐野仁美. イブニングセミナー8 物理的刺激と抗加齢医学 メカノバイオロジーによるエイジング機序解明とアンチエイジングへの応用 爪形態とメカノバイオロジー 第13回日本抗加齢学会ES08-3 (2013年6月28-30日 於横浜)
  2. 佐野仁美、Wound Bed Preparationと銀含有創傷被覆材の活用方法、大阪創傷EXPミーティング(2017年4月)
 

国内学会 口頭発表

  1. 佐野仁美, 荒井俊也, 篠原明仁, 渡辺卓郎, 神田善伸, 千葉滋, 黒川峰夫, 山田篤生, 小椋啓司, 小俣政男. 急性前骨髄球性白血病に対する自家移植後に発症したGAVE (Gastric antral vascular ectasia) 第536回日本内科学会関東地方会 (2006年6月 於東京)
  2. 佐野仁美, 南村愛, 市岡滋, 関谷直美, 中塚貴志. 炭酸浴の創傷治癒効果. 第16回日本形成外科学会基礎学術集会 (2007年10月 於神戸)
  3. 南村愛, 田中竜平, 市岡滋, 関谷直美, 桑原靖, 佐野仁美,中塚貴志, 池淵研二. 濃厚血小板由来バイオマテリアルの開発. 第16回日本形成外科学会基礎学術集会 (2007年10月 於神戸)
  4. 佐野仁美, 市岡滋, 関谷直美, 中塚貴志. 骨髄液浸透コラーゲンマトリックスによる深部静脈血栓性潰瘍の治療経験 第51回日本形成外科学会総会・学術集会 (2008年4月 於名古屋)
  5. 佐野仁美, 南村愛, 市岡滋, 中塚貴志. 骨髄浸透コラーゲンマトリックスとPRP浸透コラーゲンマトリックスの創傷治癒促進効果の比較 第17回日本形成外科学会基礎学術集会(2008年10月 於東京)
  6. 纐纈優子, 福田武俊, 泉田欣彦, 佐野仁美, 大橋健, 大須賀淳一, 塚本和久, 戸辺一之, 門脇孝. 低血糖様症状の鑑別疾患として重要と考えられた体位性頻脈症候群(POTS)の1例 第551回日本内科学会関東地方会(2008年 於東京)
  7. 佐野仁美, 南村愛, 市岡滋, 関谷直美, 石川昌一, 廣川詠子, 中塚貴志. 濃厚血小板由来バイオマテリアルを用いた難治性潰瘍の治療経験 第52回日本形成外科学会総会・学術集会 (2009年4月 於横浜)
  8. 佐野仁美,梶川明義. 効率的な持続陰圧洗浄療法の検討 第18回日本形成外科学会基礎学術集会 (2009年10月 於東京)
  9. 佐野仁美, 上田和毅, 梶川明義. 流体解析ソフトを用いた効率的な持続陰圧洗浄療法の検討Study of the optimal conditions in continuous negative-pressure and irrigation treatment using a hydrodynamics software 第19回日本シミュレーション外科学会(2009年10月 於東京)
  10. 佐野仁美, 梶川明義, 上田和毅, 大河内真之, 廣瀬太郎, 渡辺裕美, 浅井笑子, 樅山真紀, 長谷川晶子, 関征央, 桑田知幸. 心臓脱後に生じた臍の位置異常の治療経験 第5回 福島県形成外科研究会 (2009年12月 於福島)
  11. 佐野仁美, 梶川明義, 上田和毅, 大河内真之, 廣瀬太郎, 渡辺裕美, 浅井笑子, 樅山真紀, 堀切将, 長谷川晶子, 関征央, 桑田知幸. 陥没乳頭に対するthree areola-based dermal flapsによる治療経験 第86回 北海道・東北支部東北地方会(2010年1月 於秋田)
  12. 佐野仁美, 市岡滋. 再生医療・創傷治癒に向けた生体内酸素環境設計の検討 第12回日本褥瘡学会 (2010年8月 於東京)
  13. 佐野仁美, 市岡滋. 光嶋勲 酸素による創傷治癒促進効果の検討 第19回日本形成外科学会基礎学術集会 (2010年9月 於横浜)
  14. 佐野仁美, 市岡滋. 創傷治癒と酸素環境―創傷酸素分圧可変モデルの開発と応用 第40回創傷治癒学会 (2010年12月 於東京)
  15. 佐野仁美, 市岡滋. 爪形態に及ぼすメカニカルストレスの影響 第54回日本形成外科学会総会・学術集会 (2011年4月 於徳島)
  16. 佐野仁美, 市岡滋. 初発部位からの下肢潰瘍予後予測 第54回日本形成外科学会総会・学術集会 (2011年4月 於徳島)
  17. 田嶋沙織, 佐野仁美, 市岡滋. 難治性糖尿病性足潰瘍に対する局所酸素療法の経験 第3回日本下肢救済・足病学会学術集会 (2011年5月 於横浜)
  18. 田嶋沙織, 佐野仁美, 市岡滋. 佐藤智也. 褥瘡に対する局所酸素療法の経験 第13回日本褥瘡学会学術集会 (2011年8月 於福岡)
  19. 佐野仁美, Hakan Orbay, 寺師浩人, 百束比古, 小川令. 脂肪組織再生を目的としたヒト脂肪組織脱細胞化技術の検討 第20回日本形成外科学会基礎学術集会 (2011年10月 於東京)
  20. 佐野仁美, 市岡滋. 湿潤・酸素環境が創傷治癒に及ぼす影響 第20回日本形成外科学会基礎学術集会 (2011年10月 於東京)
  21. 田嶋沙織, 佐野仁美, 市岡滋. 難治性創傷に対する局所酸素療法の経験 臨床 第41回創傷治癒学会 (2011年12月 於愛知) 本人寄与分50%
  22. 佐野仁美, 田嶋沙織, 市岡滋. 慢性創傷に対する局所酸素療法の経験 第55回日本形成外科学会総会・学術集会 (2012年4月 於東京)
  23. 佐野仁美, Hakan Orbay, 寺師浩人, 百束比古, 小川令. 脂肪組織の脱細胞による生体親和性の高いScaffold作成の試み 第11回日本再生医療学会総会 (2012年6月 於横浜)
  24. 佐野仁美, 市岡滋. Angiosomeに基づく初発部位からの下肢潰瘍予後予測, 第4回日本下肢救済足病学会 (2012年7月 於愛知)
  25. 佐野仁美, 市岡滋. 足浴による感染拡大リスクの検討, 第4回日本下肢救済足病学会(2012年7月 於愛知)
  26. 佐野仁美, 市岡滋. 陰圧閉鎖療法による血流増加のメカニズム, 第21回日本形成外科学会基礎学術集会 (2012年10月 於福島)
  27. 佐野仁美, 市岡滋. 陰圧閉鎖療法が創傷底微小循環に及ぼす効果のメカニズム, 第9回日本褥瘡学会関東甲信越地方会 (2012年11月 於茨城)
  28. 佐野仁美, 市岡滋. 陰圧閉鎖療法による血流量増加機序の解明~マウス耳介創傷底微小循環可視化モデルの開発と応用~,第42回日本創傷治癒学会 (2012年12月 於札幌)
  29. 佐野仁美, Hakan Orbay, 寺師浩人, 百束比古, 小川令. 脱細胞化ヒト脂肪組織マトリックスの開発. 第12回日本再生医療学会総会(2013年3月 於横浜)
  30. 佐野仁美,市岡滋. アルブミン低値による足肢切断リスクの増加. 第56回日本形成外科学会総会・学術集会 (2013年4月 於東京)
  31. 佐野仁美,市岡滋. Alb/CRP比と下肢予後の関連. 第56回日本形成外科学会総会・学術集会 (2013年4月 於東京)
  32. 佐野仁美,市岡滋. 創洗浄法による下肢予後への影響. 第56回日本形成外科学会総会・学術集会 (2013年4月 於東京)
  33. 佐野仁美, 小川 令, 赤石 諭史, 秋元 正宇, 百束 比古爪形態における物理的刺激の影響の解析ーコンピューターシミュレーションを含めてー 第22回日本形成外科学会基礎学術集会 (2013年11月於新潟)
  34. 佐野仁美, 赤石諭史, 秋元正宇, 塩之谷香, 小川令. 爪形態における物理刺激の影響ー爪変形疾患の病態解明を目指してー. 2013年度 東京大学形成外科同門学術集会(2014年1月 於東京)
  35. 佐野仁美, 小川令, 百束比古. 片麻痺症例における手指爪形態の解析-物理的刺激が爪形態に与える影響の考察-. 第57回日本形成外科学会総会・学術集会(2014年4月 於長崎)
  36. 佐野仁美, 小川令, 塩之谷香, 百束比古. 職業の違いによる爪形態変化の解析. 第57回日本形成外科学会総会・学術集会(2014年4月 於長崎)
  37. 佐野仁美, 小川令, 塩之谷香, 百束比古. 巻き爪症例の歩行様式の検討. 第57回日本形成外科学会総会・学術集会(2014年4月 於長崎)
  38. 佐野仁美, 小川令, 百束比古. 乳房形態の左右差に関する画像学的検討. 第57回日本形成外科学会総会・学術集会(2014年4月 於長崎)
  39. 佐野仁美, 小川令, 船坂陽子, 百束比古. マウス無荷重モデルにおける爪形態変化の検証. 第13回谷根千懇話会(2014年7月 於東京)
  40. 佐野仁美, 小川令, 赤石諭史, 百束比古. 物理刺激を応用した巻き爪治療の試み. 関東形成外科学会東京地方会(2014年9月 於東京)
  41. 佐野仁美, 小川令, 船坂陽子, 百束 比古. マウス無荷重モデルによる爪弯曲メカニズムの検証. 第23回日本形成外科学会基礎学術集会(2014年11月 於長野)
  42. 佐野仁美,小川令, 市岡滋. 潰瘍初発部位からの下肢切断率の検討~拇趾潰瘍は予後不良である~
  43. 佐野仁美, 大木更一郎, 小川令. 巻き爪・陥入爪に対する十川式爪矯正術の経験と 既存の保存的治療との比較. 第20回形成外科手術手技研究会(2015年2月 於神奈川鎌倉)
  44. 佐野仁美, 大木更一郎, 小川令, 十川秀夫. 巻き爪・陥入爪に対する十川式爪矯正術の経験. 第58回日本形成外科学会総会・学術集会(2015年4月於京都)
  45. 佐野仁美, 大木更一郎, 小川令. 第2-5足趾巻き爪に対するそがわ式爪矯正法の即時的効果の検討. 第7回日本下肢救済・足病学会学術集会.(2015年7月於 横浜)
  46. 松本典子、佐野仁美、彭為霞、大橋隆治、内藤善哉、小川令、耳垂ケロイドの臨床症状と組織型の検討、第24回日本形成外科学会基礎学術集会(2015年10月於岩手)
  47. 佐野仁美、大木更一郎、小川令、そがわ式爪矯正法の短期的治療効果の検討、靴の医学会(2015年2015年11月 於 愛知)
  48. 佐野仁美、桑原広輔、赤石諭史、小川令、爪周囲組織炎症・爪変形性疾患における創傷治癒と病態解明、第45回創傷治癒学会(2015年11月 東京)
  49. 佐野仁美、爪変形性疾患の病態解明と治療への応用、第4回再生・再建外科研究会 (2016年1月 東京)
  50. 三羽英之、佐野仁美、大木更一郎、小川令、第2-5趾巻き爪に対するそがわ式爪矯正法の有用性、第59回日本形成外科学会総会・学術集会(2016年4月於福岡)
  51. 佐野仁美、若林奈緒、吉村陽子、寺師浩人、中村加奈惠、小川令、専門医取得後の女性医師のキャリア形成に関する考察、第59回日本形成外科学会総会・学術集会(2016年4月於福岡)
  52. 佐野仁美、大木更一郎、小川令、陥入爪術後残存爪の再陥入に対するそがわ式爪矯正法の効果、第8回日本下肢救済・足病学会学術集会(2016年5月、東京)
  53. 佐野仁美、多賀麻里江、小川令、市岡滋、微小循環可視化モデルによる陰圧閉鎖下、血流増加メカニズムの検証、第15回谷根千懇話会(2016年7月 於東京)
  54. 佐野仁美、小川令、伸展刺激に対する成人リンパ管内皮細胞の細胞応答、第25回日本形成外科学会基礎学術集会(2016年9月 於大阪)
  55. 佐野仁美、高木 元、桐木園子、久保田芳明、太良修平、小川令、宮本正章、清水 渉、新時代のハイブリッド治療:重症下肢虚血における第二種高気圧酸素療法の役割、第60回日本形成外科学会総会・学術集会(2017年4月 於大阪)
  56. 佐野仁美、小川令、陥入爪を契機に発症したケロイドの治療経験、第10回日本下肢救済・足病学会学術集会 (2017年5月 於福岡)
  57. 佐野仁美、高木 元、桐木園子、久保田芳明、太良修平、小川令、宮本正章、清水 渉、高気圧酸素療法による難治性下肢潰瘍の予後改善効果、第9回日本創傷外科学会(2017年7月 於岐阜)
  58. 佐野仁美、石井暢明、石井薫、小川令、褥瘡ポケット切開・花弁状固定の経験、第19回日本褥瘡学会学術集会(2017年9月 於岩手)
 

国内学会poster

  1. 佐野仁美, 梶川明義, 上田和毅, 大河内真之, 廣瀬太郎, 渡辺裕美, 浅井笑子, 樅山真紀. 心臓脱後に生じた臍の位置異常に対する臍形成術の経験 第53回日本形成外科学会総会・学術集会 (2010年4月9日,於 金沢)
  2. 佐野仁美, 市岡滋. 糖尿病創傷治癒遅延モデルにおいて酸素環境が創傷治癒に及ぼす影響, 第21回日本形成外科学会基礎学術集会((2012年10月4日5日,於 福島)
  3. 野守美千子、佐野仁美、本田梓、安武正弘、小川令, 外科医師の総合診療センターにおける役割.第83回日本医科大学医学会総会、(2015年9月,於 東京)
  4. 佐野仁美、町田幹、汲田伸一郎、小川令、乳房再生に向けた乳房携帯の左右差の検討第83回日本医科大学医学会総会 (2015年9月,於 東京)
  5. 桑原広輔、佐野仁美、小川令、足趾把持能力と巻き爪との関係第83回日本医科大学医学会会(2015年9月, 於 東京)
  6. 中村加奈恵、佐野仁美、大木更一郎、小川令、巻き爪矯正器具の矯正力特性の比較検討、第83回日本医科大学医学会総会(2015年9月, 於 東京)
 

助成金

  1. 日本褥瘡学会研究助成2009年度 研究者:市岡滋、共同研究者:佐野仁美 褥瘡・難治性潰瘍に対する局所酸素療法の開発50万円
 

受賞歴

  1. 佐野仁美, 梶川明義, 上田和毅「効率的な持続陰圧洗浄療法の検討」東京大学同門学術集会, 2009年度, 波利井賞
  2. Hitomi Sano, Hakan Orbay, Hiroto Terashi, Hiko Hyakusoku, Rei Ogawa, The Acellular adipose scaffold for tissue engineering 1st International conference of adipose tissue (ICAT),Italy 2011にてBest paper受賞
  3. 2012(平成24)年度 学術奨励賞受賞論文【臨床部門】『Treatment of venous ulcers with bone marrow-impregnated collagen matrix.』JPSHS, 46(1): 37-44, 2012
  4. 佐野仁美、赤石諭史、秋元正宇、塩之谷香、小川令、爪形態における物理刺激の影響ー爪変形疾患の病態解明を目指してー東京大学同門学術集会, 2013年度, 同門会賞 柘植琢哉, 佐野仁美, 小川令、メカニカルフォースに対するリンパ管内皮細胞応答~リンパ浮腫の病態解明と新しい治療開発を目指して~ 2015年10月日本形成外科学会基礎学術集会「学生・研修医によるスタートアップセッション」最優秀賞