診療メニュー

あざ・ADM

生まれつきのあざ(太田母斑、扁平母斑、蒙古斑等)、大人になってからできるあざ(ADM等) はレーザーで綺麗にとることができます。ご相談下さい。

こんな方にオススメです。

あざ・ADMのイメージイラスト
  • 生まれつきのあざを消したい
  • 子供の時はなかったのに大人になってでてきた
  • シミと思いレーザー治療をしていたがなかなかとれず、あざと診断された
  • 体にあるあざをとりたい

しみは自己判断で間違ったケアを続けると、濃くしてしまったり増やしてしまうことがあります。当院では、それぞれの患者様のしみの種類や原因を正しく診断し、適切で一番効果が見られる治療を行っています。

あざの種類

○ADM(Aquired Dermal Melanocytosis/後天性メラノサイトーシス)
ADMの例 写真

両頬にできる小さな斑点状のあざです。一見にシミのように見えることがあります。子供のころにはなく、20代、30代から徐々に現れてくるあざです。ピコレーザーでの複数回の治療を行っております。

○太田母斑

主に顔にできる濃く青いあざです。生まれつきあるものです。ピコレーザーでの複数回の治療を行っております。

○扁平母斑
扁平母斑の例写真

顔、体にできる薄茶色のあざです。生まれつきのものです。ピコレーザーでの複数回の治療を行っております。治療後も再発しやすいと言われていますが、治療を重ねることで徐々に再発しにくくなります。

○蒙古斑
蒙古斑の例写真

主にお尻にできる黒っぽい、青っぽいあざです。生まれつきのものです。お尻以外にできる蒙古斑を異所性蒙古斑ということがあります。ピコレーザーでの複数回の治療を行っております。

症例写真 あざ・ADM

ピコレーザー

  • BeforeADM症例写真 before
  • AfterADM症例写真 after
  • BeforeADM症例写真2 before
  • AfterADM症例写真2 after

ピコレーザーによる治療でADMがとれました。ADMの濃さにもよりますが、複数回の治療が必要です。