診療メニュー

タトゥー除去

従来のQスイッチレーザーより「早く」「綺麗に」タトゥーを除去します。

ピコレーザー(機械名:エンライトン)とは

ピコレーザーは次世代新型レーザーです。
これまで一般的に使用されてきたシミ取りレーザー(いわゆる「Qスイッチレーザー」。例えば、QスイッチYAGレーザー、Qスイッチルビーレーザーなど)は、「ナノ秒」レーザーです。
ピコレーザーは、パルス幅が「ナノ秒」より更に短い、「ピコ秒」であり、これによりタトゥーを画期的に「早く」「綺麗に」取れるようになりました。ピコレーザーが世に出た以上、古いレーザーではなく、ピコレーザーでの治療を是非検討してください。

口コミ広場満足度ランキング池袋エリア第1位

<こんな方におススメです>

〇就職、結婚等イベントに向けて取り除きたい。
〇手術で取るのはこわい。
〇これまでにレーザーを試したがあまり消えなくなってきた。
○できるだけレーザーで早くとりたい。
○ピコレーザーでできるだけ綺麗に消したい。

<ピコレーザーが従来のレーザーに勝る点>

〇従来レーザーより綺麗に除去できます。
ピコレーザー(エンライトン)はピコ秒照射ができるので、従来レーザーよりも小さなタトゥーのインク
粒子を破砕することができます。
従って、従来のレーザー治療でこれ以上綺麗にできない、というタトゥーも更に一段綺麗にすることが
できます。
〇従来レーザーより短い期間で除去可能です。
ピコレーザー(エンライトン)はピコ秒照射ができ、かつナノ秒照射もできます。
そのコンビネーションも駆使して、従来のレーザー治療よりも短い期間でタトゥーを除去できます。
○マルチカラー対応です。
ピコレーザー(エンライトン)は532nmと1064nmの波長を選ぶことができるので、黒・青以外の色にも
反応します。

<タトゥーと従来のタトゥー除去の比較>
従来のQスイッチレーザー ピコレーザー
(機械名:エンライトン)
色によっては消せないものがある マルチカラー対応
照射回数の差はありますが全色治療可能
治療回数 数回、十数回かかる 従来レーザーより少ない回数で治療できる
痛み 強い 痛みはあるが、従来レーザーより少ない

バージョンアップした「エンライトンⅢ」とは?

アメリカ製「enLIGHTen(エンライトン)」は「enLIGHTenⅢ(エンライトンⅢ)」に進化しました!
従来のピコレーザー(エンライトン)に比べ、maxパワーが上がり、緑・青色のタトゥー除去にも更に強くなりました。

エンライトンⅢの特徴

①3波長レーザーに進化!緑・青のタトゥー除去に更に強くなりました!
エンライトンⅢは3つのレーザー波長を選択できます。以下は操作パネルで波長を選択しているところです。
それぞれの波長と取れやすい色の組み合わせを表しています。

操作パネルで波長を選択

MULTICOLOR

ピコレーザーなら粒子レベルで破壊できるからカラータトゥーに対応できます。

  オレンジ 黄色
Qスイッチ
YAG
(532 / 1064nm)
× × × × × ×
エンライトンⅢ

②MAXパワーがUPしました!インク粒子をより破壊できるようになります。

MAXパワーがUPすると、より多くの、より小さなリンク粒子を破壊できるようになります。

  • 弱いパワー
     
  • 強いパワー
     

③シミ・くすみ治療にも効果的です!

エンライトンⅢも気になるシミやくすみを効果的に撃退してくれます!

  • before
    before
  • after
    after

タトゥーの症例

※効果は個人差があります。

施術について
施術時間 5~15分程度
痛み パチパチ弾かれる感じです。痛みがないわけではありません。ご希望に応じてクリーム麻酔、局所麻酔、笑気麻酔を使用します。
赤み 数時間で引きます。
施術期間 月に1回を数回行います。状態によっては最短で3週間毎も可能です。経過によってはお肌を休めることもあります。
照射後の経過について
直後 照射したところが白くなり、蚊にさされたように少しむくみます。ジンジンした感じがでます。共に数時間で引きます。
翌日 タトゥーの色によっては、薄皮のようなかさぶたができることがあります。1週間程度で自然に剥がれます。
照射の強さによっては、まれに水ぶくれができることがあります。この場合、水ぶくれが治るまで軟膏を塗りましょう。
照射後数日 照射範囲が腕全体、背中全体等、広範囲に及ぶ場合、むくみがでることがあります。自然に戻ります。
かゆみがある場合、市販のかゆみ止めを使用しましょう。治療経過やレーザー照射部位に影響はありません。
照射後
1~2週間後
かゆみがでることがあります。自然に治まります。市販のかゆみ止めを塗って構いません。ご希望に応じてかゆみ止めを処方致します。
照射後のケアについて
レーザーを照射したところ 基本的には何もしなくて大丈夫です。とても照射後のケアが簡単です。ガーゼ・軟膏を処方しますが、ご心配な時のみご使用下さい。
シャワー 当日から可能。レーザー照射部は洗っても大丈夫ですが、ゴシゴシ擦らないようにしましょう。
入浴 当日は避けて、翌日から可能です。

※上記説明はあくまで一般的なもので、肌質・体質・症状等の個人差により差異がありうることをご理解下さい。

「ディスクライブ」とは?

タトゥーをより綺麗に消してくれる透明シートです。
レーザーを照射する前にこのシートを貼り、シートの上からピコレーザーを照射します。
治療が終わったらシートもはがして終わりです。
特に余計なお手間はかけさせません。

「ディスクライブ」を使用するとなぜ綺麗になるの?

理由は3つです。

①レーザーの熱エネルギーを即座に吸収するため
シートと液体に含まれるPFDと言う特殊な素材が、レーザー光の熱エネルギーやインクが破砕される際に発生する熱エネルギーを皮膚にこもらせないで、即座に吸収するからです。

ピコレーザーは従来のレーザーに比べ熱エネルギーの発生が少ないと言われていますが、それでも0ではありませんし、特にカラータトゥーや濃い黒などでハイパワー照射する際は少なからず熱エネルギーが発生します。この熱エネルギーが痛みや水膨れを誘発します。

ディスクライブを使用することで、これらを予防、あるいは最小限に抑えることで、数回後の仕上がりをより綺麗なものにしてくれます。

②レーザー照射時に発生するガスを即座に吸収するため
レーザーが反応すると皮膚の中で微小なガスが発生します。このガスも熱だまりの原因となります。
このガスをシートと液体が即座に吸収するため、お肌に対するダメージが軽減されます。

③皮膚表面でのレーザーの反射が減少し、効率的にレーザーのエネルギーが届くため
レーザーはごくわずかですが、皮膚に当たった瞬間、一部は反射してしまい、インク粒子に届いていません。シートを貼って照射することで、レーザーの反射が減少し、効率的にレーザー光がインク粒子に届きます。

「ディスクライブ」の使い方

シートを取り出します。
専用の塗布液を塗ります。
レーザーを照射します。

シートを貼ったところと貼っていないところを比べてみましょう。
貼っていないところは白くなっていますが、貼っているところは白くなっていません。
明らかな差があります。

「ディスクライブ」の使用後2日目の差

蝶々のタトゥーです。
右半分だけディスクライブを使用しました。
同じ強さでレーザーを照射していますが、ディスクライブを使用していない左半分は水膨れが多数みられ、全体に赤みを帯びていますが、ディスクライブを使用した右半分は水膨れがありません。
赤みもほんとんどないことがわかります。
これだけお肌へのダメージが変わります。
ダメージの蓄積が少ないほど、数回にわたる照射後の最終的な仕上がりが綺麗になります。

タトゥー除去他院修正

1. Qスイッチレーザーで治療したが、これ以上色が消えない
従来のレーザーであるQスイッチレーザーを15回行いました。まだタトゥーが残っています。
ピコレーザーで治療を1回行ったところ、1回だけで更にタトゥーが薄くなりました。
従来のレーザー(Qスイッチヤグ、Qスイッチルビー、Qスイッチアレキサンドライト等)では、タトゥーのインクが途中から消えなくなります。全てのQスイッチレーザーはナノレーザーなのでピークパワーが弱いからです。消えないからと言ってダラダラ治療を継続すると、綺麗だった肌が凸凹した瘢痕になっていまいます。
その点、ピコレーザーはピークパワーが高いので更に色を消すことが可能です。お肌も凸凹することはありません。現在Qスイッチレーザーで治療している方、もしくは過去に治療をしていたが途中であきらめてしまった方でも、ピコレーザーはそこから更に色を落とすことができるので、治療の検討をお勧めします。
2. 凸凹した傷跡になってしまった(瘢痕)
従来のレーザーを漫然と照射してしまうと、せっかくレーザー治療でのタトゥー除去を選択したのに凸凹の傷跡となってしまいます。そのような傷跡は注射によって治療を行います。
インクがなくなってくるだけで、肌の赤み、固さ、盛り上がりがなくなってくることもあります。
3. 白抜けしている(色素脱失)
肌色ではなく、白く抜けてしまった部分は「色素脱失」「白斑」等と呼ばれます。3か月から半年の間で改善が見られない場合、肌色に戻らなくなる可能性があります。ですが、当院では「色素脱失」「白斑」を治すことが可能です。「リジェネラ」という医療機器を用いて治療を行います。
※レーザーによる色素脱失ではありません。   
治療後、時間が経過するとともに白抜けが改善していることが分かります。

リジェネラについて詳しくはこちら

ピコレーザーによるタトゥー除去の施術料金

※表示は全て税別価格です。

ピコレーザー(エンライトン)
照射範囲 モニター価格(先着順)
1回
通常価格
1回
1~5cm2 17,500円
1cm2あたり 3,500円
28,500円
6~10cm2 24,800円
1cm2あたり 2,480円
41,250円
11~25cm2 27,500円
1cm2あたり 916円
52,500円
26~50cm2 37,500円
1cm2あたり 750円
61,500円
51~100cm2 42,500円
1cm2あたり 425円
69,000円
101~150cm2 46,000円
1cm2あたり 306円
75,000円
151~250cm2 57,500円
1cm2あたり 230円
93,000円
251~300cm2 67,500円
1cm2あたり 225円
109,500円
301~350cm2 76,500円
1cm2あたり 218円
124,500円
351~400cm2 85,000円
1cm2あたり 212円
138,000円
401~450cm2 92,500円
1cm2あたり 205円
150,000円
更に大きいサイズも可能です。ご相談ください。
タトゥー除去その他費用
冷却麻酔 0円
局所麻酔 2,000円
笑気麻酔 4,000円
局所 + 笑気麻酔 6,000円
ディスクライブ 1枚 10,000円
タトゥー瘢痕除去注射 10,000円~
※大きさに応じて金額が変わります。

ピコレーザーによるタトゥー除去の場合

その他の料金についてはこちら

タトゥー除去写真メールカウンセリング

ルーチェ東京美容クリニックでは、写真添付メールでのカウンセリング・大まかな施術料金のご案内も行っております。取りたいタトゥー・刺青にものさしを並べ、体のどの部位か分かるよう撮影し、QRコードかメールアドレス[info@luce-tokyobiyo.com]までお送りください。その際、ご希望の治療法がございましたらご記載下さい(ピコレーザー、切除法、削皮法など)。正確な見積もりは来院して頂き、診察後にお渡し致します。

<注意>
メール内に、【お住まいの都道府県名】【お名前(フルネーム)】【年齢】【性別】【ご連絡先電話番号】を必ず明記してください。また、ドメイン指定拒否や、パソコンからのメールを受信しない設定にしている方は解除した上でお送りください。

ルーチェ東京美容クリニックピコレーザー(エンライトン)によるタトゥー・刺青除去ブログ