池袋院 0120-822-188

銀座院 0120-261-895

カウンセリング予約

お問い合わせ

MENU

脱毛してお酒飲んでいいの?

脱毛あとのお酒のポイント

  • 医療脱毛を受けた当日の夜はお酒を控えるか少なめにする
  • 医療脱毛当日夜に、うっかりお酒を飲んでも大きなトラブルにはならない
  • 脱毛の当日にお酒を飲んでも、脱毛効果に影響はない

 

医療脱毛の参考動画はこちら

 

脱毛とお酒の関係

脱毛した後

お酒を飲んでいいですか?

とよく聞かれます。

結論から言えば

脱毛した直後、

当日の夜は

お酒を控えるか

ほどほどにしておくと良いでしょう。

仮に飲んだからといって

脱毛効果が落ちてしまう、

何か重大なトラブルが発生する、

ということはないので

ご安心ください。

脱毛には

いくつかの種類があります。

家庭用のセルフ脱毛器や

エステサロンで受ける脱毛

美容クリニックで受ける

医療脱毛があります。

家庭用脱毛器<

セルフエステサロン<

美容クリニック

の順に

効果が高まっていきます。

セルフ脱毛器の脱毛は

効果がありません。

エステサロンで受ける脱毛も

脱毛レーザーのパワーが

非常に弱いので

効果も非常に弱いです。

厳密に言うと

脱毛ではなく「減毛」なのです。

美容クリニックの

医療脱毛レーザーは

パワーがあるので

毛根をしっかりと

破壊することができます。

毛根がしっかり破壊されることで

一度脱毛を受ければ

二度と生えてこない

永久脱毛となるのです。

ここで医療脱毛と

お酒の関係について見ていきましょう。

医療脱毛を含め全ての脱毛は

レーザーの熱で

毛根を破壊します。

ここで脱毛直後から

お酒を飲むとどうなるかと言うと、

お酒を飲むと血行が良くなります。

顔が赤くなったり

ドキドキ動悸がしてきます。

皮が赤くなるということは

皮膚の血行が良くなってるということです。

脱毛した部位は

既に血行が良くなっている状態にあります。

もしレーザーした直後にお酒を飲んでしまうと

この赤みやむくみが、

お酒による血行促進と重なって、

引きが悪くなってしまうことがあるわけです。

 

脱毛 お酒

 

脱毛のあとお酒を飲んでしまった!

このように脱毛をした後すぐに

お酒を飲んでしまうと

本来出ない赤みやむくみが

出てしまう可能性があります。

また赤みやむくみの期間が

長くなってしまう可能性があります。

脱毛したその日の夜に

うっかりお酒を飲んでしまった

という場合大丈夫なのでしょうか?

もしお酒を飲んでしまったとしても

たいしたことはないので

ご安心下さい。

そもそもレーザー後の

赤みやむくみは

すぐに治るものです。

お酒によって

悪化したり、

治るまでに時間がかかったとしても、

やはりキレイに治っていきます。

実際のところ

脱毛した直後にお酒を飲んで

しまったとしても

大きなリスクにはなりません。

ただ本来はれない

本来赤みが出ないはずなのに、

お酒を飲んだことで

よけいなはれや赤みが出てしまう、

その期間が長引いてしまうということが

少なからずあるので、

脱毛直後、脱毛当日夜は

お酒を飲まない

もしくは飲んだとしても

ほどほどにしておくほうが良いです。

脱毛 おさけ

 

脱毛でお酒を当日に、飲むのは控えるか少なくしましょう

基本的には

脱毛を受けたその日の夜に

お酒を飲んでも

実際のところ大したリスクありません。

しかし念のため、

はれ、赤みがでないように、

また出た場合、

長引かないように

できれば控えた方が良いです。

仮にお酒を飲むにしても、

いつもよりペースを抑えて

ゆっくりゆっくり

経過を見ながらなのであれば

お酒を飲んでも大丈夫です。

このあたりは個人差もありますし

心配だなという方は控えて下さい。

 

脱毛はお酒で効果に影響が出る?!

お酒を飲んでしまったら

脱毛の脱毛の効果が

弱まってしまうか?と言うと

そんなことはありません。

レーザーを照射した瞬間に

脱毛の効果は発揮されていますから

その後にお酒を飲んでも

飲まなくても

効果には影響しません。

なので

うっかり飲んでしまったとしても

心配しなくて大丈夫です。

 

脱毛でお酒は何時間後なら飲んでいい?

それでは脱毛した後に

どれくらいあけたら

お酒を飲んでいいでしょうか?

脱毛を受けた場合

お酒を控えるとすれば、

翌日でしたら飲んで大丈夫です。

12時間から24時間程度

1日あければ

まず問題ないと言ってよいです。

ただし

もしお酒を飲んでいないのに

お肌のむくみや赤みが

翌日になってもまだ続いているという場合は

お酒をもう少し控えた方が良いです。

このような場合は、

クリニックに連絡をして

クリームを処方してもらうなどすると

早く治ります。

 

脱毛 お酒

 

脱毛とお酒のまとめ

脱毛後すぐにお酒を飲んでしまうと

赤みが本来でないのに出てしまう

またその期間が長引いてしまうことがあります。

しかし仮にお酒を

飲んでしまっててたとしても、

ちゃんと消えていくものです。

クリームなどを使用すれば

より早く治っていきます。

心配な方は

すぐにクリニックにご連絡ください。

そこまで厳しく

お酒のことを気にしなくても

大丈夫です。

 

記事著者

このページは医療に関わる専門的な内容になっていますそのため、医師免許を持った加藤晴之輔総院長をはじめ、
日本形成外科学会(JSPRS)専門医、日本美容外科学会(JSAPS)正会員を有するルーチェクリニック医師陣が監修・著者をし制作しております。
記事著者医師:加藤晴之輔 

   

 

総院長略歴

  • 岐阜大学医学部卒
  • 東京大学大学院医学博士
  • 医療法人社団光美会 理事長
  • ルーチェクリニック 総院長
  • 自治医科大学形成外科非常勤講師

 

代表的な資格

 

お問い合わせ

ルーチェクリニックではカウンセリング料、診察料、再診料などは頂いておりません。お話だけならお金はかかりません。後日検討して治療を始める事もできます。

無料カウンセリングはこちらからどうぞ↓



お問い合わせはこちらからどうぞ↓



この記事をシェアする