気になるお悩み、まずはお気軽にご相談ください。

診療時間:10:00~19:00 休診日:不定休

0120-261-895

カウンセリング予約

美容整形でびらびらに一体何をするの??

美容整形びらびらのポイント

  • びらびらの美容整形は小陰唇縮小手術
  • 小陰唇縮小手術を行ってもらうのは、専門の女性医師が良い
  • びらびらの美容整形やデリケートゾーンのお悩みは、ルーチェクリニックへ

 

婦人科形成手術の症例写真はこちらです。↓

 

婦人科症例バナー

☆婦人科手術(デリケートゾーンの治療)のyoutubeはこちら☆↓

 

☆小陰唇縮小のご料金、治療の詳細はこちら☆↓


婦人科形成料金1

★婦人科治療の口コミはこちらです★↓

 

口コミ

 

美容整形のびらびらって何?

美容整形の選びって一体何をするの

美容整形手術にはいろろな種類があります。

主に、顔の手術、体の手術の

二つに分けられます。

びらびらの美容整形手術は

体の美容整形手術です。

このびらびらの整形手術とは

一体何でしょうか?

びらびらとはデリケートゾーンの

ひだの部分のことを指しています。

医学的にはこの部分を

「小陰唇」と言います。

小陰唇の内側には

膣の入り口である膣口

尿道の入口である尿道口があります。

実はこのびらびらは膣の入り口や

尿道の入口出口をそっと

優しく包み込むように

守ってくれているのです。

もしこのびらびらがなかったら

乾燥がひどくなり、

ばい菌がはいって炎症などが

起こりやすくなってしまいます。

ではなぜこのびらびらを美容整形するかというと、

このびらびらによって

様々な悩みが生まれてしまうからです。

 

びらびらの悩み

びらびらの悩みは具体的に何かというと

びらびらが挟まって痛くなってしまったり、

見た目がスッキリしていないために

パートナーにグロテスクだ、

などと言われてコンプレックスに

なってしまったり、

びらびらが大きいせいで

下着や水着を着た時にモコつきに

なってしまって気になってしまう、

びらびらの大きいせいで

おしっこが飛び散ってしまったり、

汚れが溜まりやすくなってしまうなどです。

びらびらは元々大きい人もいれば

小さい人もいます。

多くの場合、右側と左側で左右差があります。

どちらか一方が大きい長い、

という状態が一般的です。

そしてこの左右差は、

時間と共にさらに大きくなってしまいます。

例えば右側のびらびらが大きい場合、

右側のびらびらが

さらに大きくなってしまうのです。

これは大きい方が

摩擦や圧迫などの刺激を受けやすいために

余計伸びてしまうのです。

また元々小さい方でも、

出産後にびらびらが引き伸ばされて

大きくなってしまうことがあります。

出産前は気にしたことがなかったのに、

出産後はびらびらがはさまって痛い、

見た目がなんとなくスッキリしない感じに

なってしまったというような

こともよくある話です。

このようなびらびらの悩みを解決する方法が

びらびらの美容整形なのです。

 

びらびらの整形は小陰唇縮小手術

美容整形の選びって一体何をするの

このびらびらの美容整形手術の名前を

「小陰唇縮小手術(しょういんしんしゅくしょうしゅじゅつ)」

と言います。

小陰唇を縮小する手術、

つまりびらびらを小さくする手術です。

デリケートゾーンを手術するなんて

痛くて怖そうと感じるかもしれませんが

実際のところは想像より痛みはありません。

1時間程度で終わる手術です。

終わった後も痛み止めのお薬を飲めば

済んでしまうぐらいです。

手術の中で言えば小規模な手術です。

具体的にはびらびらの余分な部分を

麻酔をして切ってとってしまいます。

びらびらは小さくなりますから

はさまったり、汚れが溜まりやすくなったり

ということが解消できるわけです。

このようにびらびらのお悩み解決する方法が

小陰唇縮小手術なのです。

 

びらびらの小陰唇縮小手術でできること

びらびらの美容整形手術は、

小陰唇縮小手術です。

この小陰唇縮小手術をすることで

様々なお悩みを解決することができます。

はさまって痛い、

汚れが溜まりやすくなってしまう、

見た目がすっきりしない、

左右差がある、

これらを解決することができます。

具体的にどれぐらい小さくできるかというと、

かなり小さくはできます。

しかし小さすぎても、

びらびらの本来の役目である

デリケートゾーンの保護作用が失われてしまいます。

そこで、立った時にびらびらが

見えるか見えない程度の大きさを目安にします。

多くの患者様は、

見た目すっきりとした感じにしてほしい

という表現をします。

この大きさがちょうど

見えるか見えないかぐらいの大きさなのです。

 

びらびらの美容整形には手術技術が必要

びらびらの美容整形手術である

小陰唇縮小手術は、

とても高度な技術が必要な手術です。

またびらびらの形は、

個人差がとても多いので

様々なたくさんの手術方法がある中で

最適な手術方法の組み合わせで

手術をする必要があります。

ルーチェクリニックでは

小陰唇縮小手術を行う専門の

女性医師がいます。

特に銀座院院長の佐野院長は

びらびらの美容整形を含めた

デリケートゾーン全体の手術に関わる

教科書を出版しています。

この教科書は多くの美容整形外科医、

や形成外科医などの医師が

教科書として読んでいます。

このように症例数が多く、

専門技術もある経験豊富な医師に

手術を任せることが大切です。

カウンセリングから手術、

そしてアフターケアまで

女性スタッフと女性医師が対応する

ルーチェクリニックでは、

安心してびらびらの美容整形を

うけることができます。

 

びらびらの美容整形は痛いの?

美容整形の選びって一体何をするの

びらびらの美容整形は痛くありません。

ルーチェクリニックでは

専門の女性医師が、

びらびらの美容整形全般に

関わる手術を行っています。

そして、できるだけ

手術の痛みが少なくように

最大限の工夫をしています。

例えば、医療用のガス麻酔を使って

痛みを和らげてリラックスできるようにしたり、

まず痛み止めのクリームを塗ること

注射の痛みを減らせます。

静脈麻酔といって

完全に眠っている間に

手術が終わることもできます。

このように痛みにをできるだけ減らす

工夫をしているのでご安心下さい。

 

びらびらの美容整形と婦人科形成

びらびらの美容整形は

小陰唇縮小手術と言います。

しかしデリケートゾーンのいろいろな

お悩みを解決できる美容整形には、

様々な種類があるのです。

小陰唇縮小手術に加えて

副皮切除や大陰唇のたるみ取り、

また膣のヒアルロン酸注射や

膣の脂肪注入、処女膜切開など、

デリケートゾーンの悩みは多岐に渡り、

それを解決する治療もたくさんあるのです。

これらをまとめて「婦人科形成」とも

呼ばれています。

デリケートゾーンのお悩みは

これまでなかなか相談しにくいものでした。

婦人科や泌尿器科に相談しても、

病気ではないので

悩みを解決してもらえることは少ないです。

また泌尿器科の場合、

対応する医師が男性医師のことが多く、

なかなか悩みを理解してもらえません。

婦人科形成はデリケートゾーン全体の

お悩みを解決する方法なのですね。

 

びらびらの美容整形のまとめ

びらびらの美容整形は

医学的に言うと「小陰唇縮小手術」です。

びらびらは、長く伸びてしまうと

生活に不具合が出ます。

はさまって痛い、下着を着た時に

モコつきの原因になってしまう

汚れが溜まりやすい、

パートナーにグロテスクだと言われた、

本当はデリケートゾーンの脱毛をしたいけれど

びらびらが目立ってしまうので

始めることができない、

左右差を整えたい、

産後から気になってきたので治したいなど、

びらびらの美容整形は

これらをすべて改善することができるのです。

なかなか打ち明けにくい

デリケートゾーンのお悩みも

専門の女性医師であれば、

しっかりと理解してもらえながら

理想的な見た目すっきりの形に整えてくれます。

ルーチェクリニックでは

膨大なびらびらの美容整形手術を行っています。

もしお悩みがある方は、

1人で悩まないで、

遠慮なくご相談してみてくださいね。

 

婦人科形成統括医師・著者医師

著者医師 佐野仁美(ルーチェクリニック銀座院院長)

 

略歴

2005年 筑波大学医学部卒業

2007年 東京大学形成外科

2014年 日本医科大学形成外科 助教

2017年 日本医科大学形成外科 講師

2019年 ルーチェクリニック銀座院

資格

東京大学大学院医学博士

日本形成外科学会専門医

日本創傷治癒学会 評議員

日本創傷外科学会 学会誌編集委員

 

担当医師

山口 華央

魚住 知美

 

記事監修

このページは医療に関わる専門的な内容になっています。

そのため、医師免許を持った加藤晴之輔総院長をはじめ、

日本形成外科学会(JSPRS)専門医、

日本美容外科学会(JSAPS)正会員を

有するルーチェクリニック医師陣が監修し制作しております。

記事総監修医師:加藤晴之輔

   

 

総院長略歴

  • 岐阜大学医学部卒
  • 東京大学大学院医学博士
  • 医療法人社団光美会 理事長
  • ルーチェクリニック 総院長
  • 自治医科大学形成外科非常勤講師

 

代表的な資格

 

お問い合わせ・ご予約

お問い合わせ、ご予約は以下からお気軽にご連絡下さい。

女性医師が対応可能です。

 

お問い合わせ↓

 

 

診察ご予約↓

この記事をシェアする