気になるお悩み、まずはお気軽にご相談ください。

診療時間:10:00~19:00 休診日:不定休

池袋院 0120-822-188

銀座院 0120-261-895

カウンセリング予約

日帰り大陰唇ヒアルロン酸注射が可能なのかの真相

当日中日帰り大陰唇ヒアルロン酸注射のポイント

  • 日帰りで当日中に可能な大陰唇ヒアルロン酸注射
  • 所要時間は30分ほどの大陰唇ヒアルロン酸注射
  • 注射後も生活制限が少なく身体には軽負担

婦人科形成手術の症例写真はこちらです

婦人科症例バナー

☆婦人科手術(デリケートゾーンの治療)のyoutubeはこちら☆

☆小陰唇縮小のご料金、治療の詳細はこちら☆

婦人科形成料金1

★婦人科治療の口コミはこちらです★

口コミ

大陰唇ヒアルロン酸注射について

大陰唇にヒアルロン酸を注入することの最大のメリットと効果は、デリケートゾーンを若返りさせ張りと弾力性を与える治療であることです。

大陰唇はデリケートゾーンのIライン、つまり女性器を大きく囲むように両側にある左右対象のやや肉厚で少し皮膚が盛り上がっているひだ部分となります。

女性器のすぐ両脇に左右対称にある、よくびらびらと呼ばれる部位は「小陰唇(しょういんしん)」となります。
この小陰唇を包むような外側の、太ももの付け根と性器をまたぐ、ふくらみのある皮膚の隆起が大陰唇と呼ばれています。

大陰唇は20代や30代の若い時は、膨らみに張りと弾みがありふっくらとしています。ところが40代から50代、60代と年齢をかさねることで他の部位や皮膚の状態と同じように、加齢とともに大陰唇の脂肪も委縮していき、大陰唇内の脂肪が縮むことで皮膚がしぼんでたるんでいってしまうことで、若い時には感じたふっくらとした感触やハリ感が喪失して、平坦に近づきシワシワ感が増加していく傾向が年々強くなります。

大陰唇ヒアルロン酸注射についてのイメージ画像

この、女性のデリケートゾーンの印象に大きく影響している大陰唇を若返らせて、張りと弾みのある若々しい状態を取り戻すための治療のひとつとなっているのが、

大陰唇ヒアルロン酸注射

となります。

ここで、体内に外部から注射をすることに多少抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、ヒアルロン酸は皮膚や関節などもともと人の身体の中に多く存在しているゼリー状の成分で身体をみずみずしく維持するための多糖体といわれる物質の一種です。

このヒアルロン酸の成分を直接注射することで、大陰唇のふくらみや張りを取り戻すことによって、デリケートゾーンの若返りをはかるのが大陰唇ヒアルロン注射の特長となります。

大陰唇ヒアルロン酸注射の施術方法

まず大陰唇ヒアルロン酸注射をするには事前に麻酔を行う必要があります。
ですので、麻酔措置後にあらためてヒアルロン酸を注射するのが施術の流れになります。

大陰唇ヒアルロン酸注射の施術方法のイメージ画像

麻酔注入の方法には局所麻酔、静脈麻酔という注射タイプと、笑気麻酔の吸入タイプの大きく三つの方法があります。

局所麻酔については、歯科医院で抜歯などの際に措置される麻酔注射と一緒です。
歯医者さんで虫歯治療などする際に麻酔注射を経験したことがあればご存じかもしれませんが、注射をした周辺部位の痛みがなくなり虫歯治療中は痛みをほぼ感じなくなります。
ですので局所麻酔はの場合は、ヒアルロン酸を注入する大陰唇部に麻酔を注射することで、ヒアルロン酸注射の痛みを感じさせなくすることが可能になります。

次に笑気麻酔ですが笑気麻酔は他2つの注射による麻酔方法ではなく、鼻から医療用ガスを吸引しながら痛みを和らげる麻酔措置の方法です。

専用の医療用のガス麻酔を吸い込むことで鎮静や鎮痛効果や睡眠作用により身体全体をリラックスさせ、お酒を飲む人であれば想像しやすいかもしれませんがアルコールが全身に程よくいきわたる感覚ににており、気持ちの良い状態で痛みを和らがせる作用があります。

最後に静脈麻酔は、点滴タイプの麻酔形式です。

静脈に点滴注射をすることで完全に睡眠状態に陥るので、ヒアルロン酸注入治療は眠っている間に終了しますから、痛みやこわさを感じることはありません。

以上、方法はことなりますが、事前に麻酔措置をおこなってから、大陰唇にヒアルロン酸を注射していく施術の流れとなります。

ヒアルロン酸の注射は、大陰唇部の2箇所から4箇所程度に針を刺し、そこから直接ヒアルロン酸を注入していきます。

注射をしてしまえば施術は完了するので、施術時間としてはあっという間に終了したという感覚になるでしょう。

外科手術のように皮膚を切ったり縫ったりするようなわりと出血を伴うような施術でもないため、身体への負担もすくなく短時間で終了する治療施術といえるでしょう。

大陰唇ヒアルロン酸注射は日帰りで可能?

結論から言えば、

大陰唇ヒアルロン酸注射は当日中に日帰りで受けることが可能な施術


です。

短期入院などの手続きをする必要はございません。

前章でも解説させていただきましたが、大陰唇へのヒアルロン酸注射は麻酔と成分の注入のみとなるため、身体に対する負担がとても少ない上に手術などは不要なためです。
また、ヒアルロン酸を注射をした後に、痛みが強く生じるということもありませんので安心していただけます。

麻酔を使用しての施術となりますが、強い痛みが残ることもなく腫れや内出血などもほとんどありませんので、注射施術後に日常生活に支障がでることがないことも、比較的気軽に受けていただけるのが大陰唇ヒアルロン酸注射のメリットのひとつとも言えます。

ですので、大陰唇が加齢などの要因により平らになっていたりシワやたるみでお悩みの方は、ぜひデリケートゾーン若返りの解決策のひとつとして、大陰唇ヒアルロン酸注射をご検討いただくことがおすすめです。

大陰唇ヒアルロン酸注射は日帰りで可能?のイメージ画像

ただ注意点としては、生理の時だけは治療を控えてもうらうようにご案内させていただいておりますので、ご自身の生理周期にあわせて施術日程を予定していただくことが推奨されます。

また、通院はご自身で車で来院していただくことは可能ですが、麻酔を使用するので施術後は車の運転などは控えて、代わりの方に運転していただくなど、施術後にご帰宅いただく際の安全面への配慮は必要になります。

できれば通院の際はバスや電車、タクシーなどの公共交通機関をご利用いただくのも良いでしょう。

大陰唇ヒアルロン酸注射後のご注意事項

ここでは、大陰唇へのヒアルロン酸注射後のいくつかの注意点について説明させていただきます。

まず施術日前後のアルコールなどの飲酒は極力控えていただき、どうしても摂取したい場合は施術翌日以降であればアルコールを摂取することが可能です。

入浴については、シャワーを浴びる程度であれば、治療当日から可能になりますが、バスタブに浸かるなどの入浴行為は治療日の翌日からにしてください。

パートナーとの性行為は当日は控えて頂く必要がありますが、翌日からはそれまで通りの性交渉が可能です。

大陰唇ヒアルロン酸注射の施術は、定期的な通院や処方薬の飲用などは基本的に必要はありません。ですので、施術前日と当日だけは、日常の生活行為は控えめにしていただければ、翌日からはいままで通りの生活習慣で過ごしていただけます。

ヒアルロン酸注射の治療は1度だけの施術で完了しますので、その後は大陰唇部に注入されたヒアルロン酸が経日とともに対象部位に馴染んで効果がでてきます。

また、強い圧迫やマッサージをするなど、注入した大陰唇部位に強い刺激を与えるような行為は極力控えて頂く必要があります。

おすすめの大陰唇ヒアルロン酸注射製品

実は大陰唇に注入される

ヒアルロン酸は1種類ではなく、いくつかの種類があります。

良質と評価される製品から、あまり評判がよろしくない製品もたくさんありますので、どのような製品を注射するかは、とても大切なチェックポイントになります。

おすすめの大陰唇ヒアルロン酸注射製品のイメージ画像

そのような配慮からルーチェクリニックでは、厳選したヒアルロン酸統一性のものと水性の製品を取り扱っています。
当院で特におすすめしたいのは、スイス製のヒアルロン酸カイセンスです。

成分の馴染み方が良好で長持ちしやすいところが大きな選定ポイントです。
一般的な傾向としてヒアルロン酸は長持ちさせようとすると、感触やさわり心地は硬めになりやすく、反面、馴染みの良い製品を使用すると、今度は持続力が長持ちしにくいという特性があります。

成分の持続力がある程度維持できて感触や馴染み方も良好という両方のメリットを兼ね備えたヒアルロン酸が、スイス製のカイセンスなのです。

いくつか種類があるので、どのヒアルロン酸製品が良いのか判断しづらく感じている方であれば、まずはスイス製のカイセンスを検討していただくのが良いでしょう。

日帰り当日中の大陰唇ヒアルロン酸注射のまとめ

今回は大陰唇ヒアルロン酸注射について説明させていただきましたが、ヒアルロン酸注入の主たる目的となるのがデリケートゾーンの若返り治療ということです。

女性器のびらびら(小陰唇)の外側を覆う隆起した皮膚である大陰唇、加齢とともに張りや弾力性は減退していき、平らになりさらにシワシワになりやすくなります。

これは大陰唇部の脂肪が萎縮することによる老化現象が原因になります。ですが、ヒアルロン酸を注射することによって、しぼんだ大陰唇を若返りさせて、ふっくらとした張りと弾力性のある若々しい大陰唇を取り戻すことができます。

ヒアルロン酸の製品種類はいくつかありますが、スイス製のカイセンスを当院ではお薦めさせていただいております。
馴染みが良好で、ふっくらした張りが長持ちしやすい良質なヒアルロン酸製品だからです。

加齢などを原因として大陰唇の見た目がなんとなく元気がなく気になられてしまわれていて、若々しく張りや弾力性を感じさせるふっくらとした魅力的なデリケートゾーンにしてみたいという方は、ぜひ大陰唇へのヒアルロン酸注射をご検討ください。

日帰り当日中の大陰唇ヒアルロン酸注射のまとめのイメージ画像

婦人科形成統括医師・著者医師

著者医師 佐野仁美
(ルーチェクリニック銀座院院長)

略歴

2005年
筑波大学医学部卒業
2007年
東京大学形成外科
2017年
日本医科大学形成外科 講師
2019年
ルーチェクリニック銀座院

資格

  • 婦人科形成研究会 理事長
  • 東京大学大学院医学博士
  • 日本形成外科学会専門医
  • 日本創傷治癒学会 評議員
  • 日本創傷外科学会 学会誌編集委員

担当医師

医師
幡手 亜梨子
医師
山口 華央
医師
魚住 知美

記事監修医師

このページは20代の大陰唇ヒアルロン酸注射についての美容医療に関わる専門的な内容になっています。
そのため、医師免許を持った加藤晴之輔総院長をはじめ、日本形成外科学会(JSPRS)専門医、日本美容外科学会(JSAPS)正会員を有するルーチェクリニック医師陣が監修し制作しております。

記事総監修医師:加藤晴之輔

   

総院長略歴

  • 岐阜大学医学部卒
  • 東京大学大学院医学博士
  • ルーチェクリニック 総院長
  • 自治医科大学形成外科非常勤講師

代表的な資格

お問い合わせ・ご予約

20代の大陰唇ヒアルロン酸注射に関するお問い合わせ、ご予約は以下からお気軽にご連絡下さい。
美容医療専門の女性医師が同性の視点で対応させていただきます。

お問い合わせ

診察ご予約

この記事をシェアする