気になるお悩み、まずはお気軽にご相談ください。

診療時間:10:00~19:00 休診日:不定休

池袋院 0120-822-188

銀座院 0120-261-895

カウンセリング予約

膣脂肪注入が即日手術可能なのかを解説

即日の膣脂肪注入手術についての注目ポイント

  • 膣脂肪注入は診察日に即日手術できます
  • 麻酔を使用し生理日以外の治療が必要ですが事前にスマホ診察受診が可能
  • 膣の緩みや乾燥、尿漏れと不感症などの老化現象の改善策と無症状でも膣の引き締めと潤い効果のための膣脂肪注入

婦人科形成手術の症例写真はこちらです

婦人科症例バナー

☆婦人科手術(デリケートゾーンの治療)のyoutubeはこちら☆

☆小陰唇縮小のご料金、治療の詳細はこちら☆

婦人科形成料金1

★婦人科治療の口コミはこちらです★

口コミ

膣脂肪注入の効果効用とメリット

まず膣脂肪注入とは、採取したご自身の脂肪を膣粘膜に注入することにより、加齢により老化現象で機能減退してしまった膣の若返りをするための治療方法の一つです。膣も加齢とともに老化が進むために不具合などが生じやすくなるため、膣の若返りのために脂肪注入をして改善をはかります。

女性は妊娠して出産をしている方も出産経験がない方であっても、ほとんどの方が40代ぐらいから50代にかけて膣の老化が進行していきます。具体的な老化現象として生じるのが、膣の緩みや乾燥、尿漏れや不感症などが日常生活のなかで生じてきます。これは老化にともなって、骨盤内の筋肉が萎縮して緩んでいってしまうためです。
また加齢による老化で膣の粘膜も薄くなるために、膣部自体に引き締まり感や弾力性がなくなり、緩みがちになっていきます。筋肉や粘膜の減退により、尿漏れなどの原因にもなります。

膣脂肪注入の効果効用とメリット

さらに膣部の粘膜自体の代謝率が下がってきているため、乾燥しやすくなり潤いがなくなっていきます。粘膜低下より膣は乾燥しやすくなるため、乾きがひどくなった場合には痒みやヒリヒリと痛みに近い状態に発展してしまう場合もございます。
このような膣粘膜が潤いの欠如した状態で性行為を行った場合、性交渉の度に痛みを伴いやすくなり苦痛と感じるため不感症に進展しやすくなります。

その他、膣の老化現象などの悩みとは無縁な若い世代であっても、膣をさらに引き締めて潤いを与えたいなど、現状の不具合のない状態からさらにプラスαの状態にアップグレードすることも可能です。多くの女性の場合は20代や30代であれば膣の老化や機能低減はほとんど顕著でない状態なので、この状態で膣の脂肪注入を行うことで、さらに膣の潤いや引き締め感を向上させる効果があります。

結果的に膣の感度自体が高まることになるので、不感症が改善されたり、パートナーとの性行為時には、さらに満足度が高い性生活を送ることができるメリットがあります。

膣脂肪注入の治療方法と流れ

膣脂肪注入の施術方法は手術方式での治療となります。
一般的には、麻酔を実施した後での睡眠状態で手術が行われますので、目が覚めたときには手術が終了している状態になります。点滴での麻酔を行い睡眠状態となり痛みをほぼ感じない状態にします。

膣脂肪注入の治療方法と流れのイメージ画像

麻酔をした後に、ご自身の身体から少量の脂肪を採取するために脂肪吸引を行います。ご自身の体細胞である必要があるためです。
当院では主に太ももの内側から少し脂肪を採取させていただきます。ほかにはお腹やお尻など、比較的脂肪組織が多い部位から採取されることもあります。

採取した脂肪には麻酔液や老化細胞など不純物を除去して、濃度の高い脂肪を膣粘膜へ注入します。手術自体は30分から1時間前後の所要時間で終了する小手術となります。

脂肪の吸引から膣粘膜への注入は、医師によって最適かつ安全に執り行われる必要がありますので、より臨床経験のある熟練の医師に手術されることが、より成果や効果を出すためにも必要な要因となるでしょう。

診療日に即日可能な膣脂肪注入

膣脂肪注入ですが、脂肪採取を含め短時間の手術が必要になります。
では膣脂肪注入の手術は即日可能なものでしょうか。

膣脂肪注入治療はカウンセリング当日に即日手術可能です

手術自体は1時間程度で終了し、入院の準備や経過観察の宿泊などは不要です。 診察時に治療条件を満たしている方であれば、どなたでもご来院いただいて即日治療できますし、当日中にご帰宅いただけます。ですので、カウンセリングや診察でご来院いただいた当日に膣脂肪注入の手術を即日受けていただくことが可能です。

ただし、治療をするにあたり、いくつか事前に準備していただく条件が必要になりますので、次章では膣脂肪注入の治療を即日受けるために必要な要件についてご説明させていただきます。

>診療日に即日可能な膣脂肪注入のイメージ画像

膣脂肪注入の即日治療の必要条件

前章では、膣脂肪注入の治療をカウンセリング当日に受けることが可能であることを説明させていただきましたが、女性のデリケートソーンの手術を伴うため、即日手術を受けていただくための必要なポイントが3つあります

膣脂肪注入の即日治療の必要条件のイメージ画像

ひとつ目の条件として

生理日の前後を避ける

です。

生理になると、膣が血液で覆われてしまうため、採取した脂肪を適切な箇所に注入することが困難になってしまいます。ですので、ご自身の生理周期を元に、生理日を避けて治療を受けていただく必要があります。

ふたつ目のポイントとしては、

スマホでのオンライン診察を受診しておく

膣脂肪注入の治療は、事前にオンライン診察を受けておくだけで来院日に即日治療を受けることが可能になります。
事前に手術が可能かどうかも判断できるため、ご来院いただいて診察する必要がありませんし、万一当日の診察で治療ができない状態の場合ですと、治療をしないままご帰宅いただくようになってしまいます。

また治療にあたって事前に気になっていた確認したい内容を質問することが可能になりますので、安心して治療日当日はご来院いただくだけでスムーズに即述手術をお受けいただけます。

最後のポイントは、膣脂肪注入には脂肪採取のために麻酔が必要となるため、

手術前の水分は3時間前、食事は6時間前までに済ませておく

ことが必要です。

水分については、まったく摂取していけないというわけではなく、3時間前であっても必要最低限の水分摂取は可能です。
ですが、できる限り3時間前までに水分補給をしていただくことが推奨されます。
食事に関しては、治療前日の晩御飯までとして、当日は朝から食事をとらない状態でご来院いただくことが大切です。

以上3つの必要条件のポイントをしっかり理解していただいた上で、スムーズで安全な膣脂肪注入治療を即日お受けいただくことが可能になります。

即日膣脂肪注入治療をした場合のアフターケア

膣脂肪注入は、即日治療可能で1時間前後の短い手術時間でもあり、病気やケガの手術とは異なり身体への負担も少ないため、わりと気楽に受けていただける手術治療になるでしょう。

では、即日手術を受けた場合のアフターケアについてご説明させていただきます。 主にアフターケアが必要になる部位は2つ挙げられます。

1つ目が、注入するためにご自身の身体から脂肪吸引をした部位は体質にもよりますが、内出血や軽度の腫れなどが1~2週間程度は継続します。感覚的には筋肉痛のような鈍い痛みが多少生じます。日常生活には大きな支障をきたすことはないので、特段のケアや診察等が必要になるわけではありません。経日で腫れや内出血、鈍痛などは自然に消失していきます。

即日膣脂肪注入治療をした場合のアフターケアのイメージ画像

次に脂肪を注入をした膣の部分については、定着するまで2週間から1か月程度は性行為を控えるように注意してください。粘膜に覆われている部位となるので、注入した脂肪が定着しやすい場所ではありますが身体のなかでも大切な部位となるため、安全のために1ヵ月前後は強い刺激や圧迫を与えないように、創部の安静を可能な限り保っていただくことが必要となります。

即日の膣脂肪注入治療について

今回は膣脂肪注入により、老化により低減が進む膣機能の改善をする即日での治療方法についてご説明させていただきました。
老化による不具合改善だけでなく、若い世代の方であっても、現状よりもさらに潤いや引き締め感をアップグレードするためにの治療施術でもあります。

加齢による老化現象で顕著なのは、膣の緩みや乾燥、尿漏れや不感症となり、膣部への脂肪注入によりこれらの不具合を改善できますので、お悩みの方は是非ご検討いただくことがおすすめです。

また膣脂肪注入は麻酔による手術が必要になりますが、必要な条件を守っていただければ即日手術して当日中にご帰宅いただくことが可能です。クリニックへ来院しカウンセリングを受けてそのままの手術が可能になります。

よりスムーズに治療を進めたい方であれば、事前にスマホによるオンライン診療がおすすめです。前もって診察を受けておくことで、心配ごとなどがあれば事前に確認できますし、治療の際の注意点や必要ポイントなども事前にしっかり確認できるので、当日は手術のみを潤滑に進めさせていただくことが可能になります。
麻酔のための飲食の制限や生理周期の確認などもご来院いただかなくてもオンラインで可能なので、ぜひご利用いただけましたらと存じます。

事前準備をしておくだけで、即日治療はとてもスムーズに進めることができますので、ご不明点などございましたらお気軽にご相談ください。

婦人科形成統括医師・著者医師

著者医師 佐野仁美
(ルーチェクリニック銀座院院長)

略歴

2005年
筑波大学医学部卒業
2007年
東京大学形成外科
2017年
日本医科大学形成外科 講師
2019年
ルーチェクリニック銀座院

資格

  • 婦人科形成研究会 理事長
  • 東京大学大学院医学博士
  • 日本形成外科学会専門医
  • 日本創傷治癒学会 評議員
  • 日本創傷外科学会 学会誌編集委員

担当医師

医師
幡手 亜梨子
医師
山口 華央
医師
魚住 知美

記事監修医師

このページは20代の大陰唇ヒアルロン酸注射についての美容医療に関わる専門的な内容になっています。
そのため、医師免許を持った加藤晴之輔総院長をはじめ、日本形成外科学会(JSPRS)専門医、日本美容外科学会(JSAPS)正会員を有するルーチェクリニック医師陣が監修し制作しております。

記事総監修医師:加藤晴之輔

   

総院長略歴

  • 岐阜大学医学部卒
  • 東京大学大学院医学博士
  • ルーチェクリニック 総院長
  • 自治医科大学形成外科非常勤講師

代表的な資格

お問い合わせ・ご予約

20代の大陰唇ヒアルロン酸注射に関するお問い合わせ、ご予約は以下からお気軽にご連絡下さい。
美容医療専門の女性医師が同性の視点で対応させていただきます。

お問い合わせ

診察ご予約

この記事をシェアする