気になるお悩み、まずはお気軽にご相談ください。

診療時間:10:00~19:00 休診日:不定休

0120-822-188

カウンセリング予約

小陰唇縮小術症例写真 立った状態の写真

小陰唇縮小術症例

立った状態ですと、手術前は小陰唇が外にでて垂れさがっている状態でした。

見た目も気になっていました。

 

手術後は外にはみ出た部分がなくなりました。

立った状態でも小陰唇は目立ちません。

とても快適とのことでお喜び頂けてなによりです。

副皮切除手術

同時に陰核にかぶっている皮膚の除去も行っております。

小陰唇縮小術、副皮切除手術の詳細

合併症:出血(手術後に適度な圧迫を行います。)、傷跡(わからなくなっていきます)など

費用:50000円~600000円(症状、治療内容により個人差があります。

 

小陰唇縮小術

小陰唇縮小術とは、小陰唇を小さくする手術です。

1時間程度のの簡単な手術で小陰唇のお悩みを解決できます。

 

このような方にあっています

  • 座った状態や、下着で圧迫されると女性器が痛い
  •  彼氏・夫に女性器のヒダ(小陰唇)が大きいと言われた
  •  出産以降に気になるようになった
  •  水着や下着を着た時のもこつきがコンプレックス
  •  きつい服を着た時に不快感がある
  •  排尿時に飛び散ってしまう
  •  性行為の際、小陰唇がまきこまれて痛みが出る
  •  女性器のヒダ(小陰唇)の左右差が気になる
  •  ジッパーにひっかかってしまう

 

ルーチェ東京美容クリニックの小陰唇縮小術の3つメリット

  1. 小陰唇の大きさや厚さに形、ご本人の希望によって10種類以上の手術方法から一番、患者様にあった安全で美しい手術を提案致します。
  2. 女性医師(形成外科専門医)による細やかな手術が受けられます。
  3. 万全のアフターケアで安心です。

お気軽にご相談下さい。

 

記事監修

このページは医療に関わる専門的な内容になっていますそのため、医師免許を持った加藤晴之輔総院長をはじめ、
日本形成外科学会(JSPRS)専門医、日本美容外科学会(JSAPS)正会員を有するルーチェ東京美容クリニック医師陣が監修し制作しております。
記事総監修医師:加藤晴之輔

 

<総院長略歴>

  • 岐阜大学医学部卒
  • 東京大学大学院医学博士
  • 医療法人社団光美会 理事長
  • ルーチェクリニック 総院長
  • 自治医科大学形成外科非常勤講師

 

<代表的な資格>

 

お問い合わせ・ご予約

お問い合わせ、ご予約は以下からお気軽にご連絡下さい。女性医師が対応可能です。

 

お問い合わせ↓

 

 

診察ご予約↓

この記事をシェアする