池袋院 0120-822-188

銀座院 0120-261-895

カウンセリング予約

お問い合わせ

MENU

豊胸は痛いのか?気になる豊胸手術の痛みについて

  • 2020.12.08

豊胸の痛みポイント

  • どの豊胸手術でも痛みを伴う
  • シリコンによる豊胸が最も痛みが強い
  • 仕上がりの自然さ、効果長持ちの脂肪注入が最もおすすめ

 

コンデンスリッチ脂肪注入豊胸のビフォーアフター症例はこちら↓

症例紹介

 

ルーチェクリニックの豊胸の口コミはこちら↓

豊胸口コミ

 

コンデンスリッチ脂肪注入豊胸の参考動画はこちら↓

 

豊胸で痛いブログ、、豊胸後のレポート

豊胸手術を受けた方が

ご自身の体験としてブログを書いてる

サイトがたくさんあります。

シリコンバック豊胸や脂肪注入による豊胸

ヒアルロン酸豊胸など

一週間から1ヶ月程度のレポート形式で

日々の変化の報告をしています。

皆さんやはり共通して書いていることは

痛みの変化です。

豊胸手術が痛いかどうかは

手術の方法にもよって変わります。

豊胸でバストアップしたい気持ちもあるけど

痛みが心配、のように

たくさん疑問がありますよね。

今回は豊胸が痛いのかどうかについて

解説していきます。

豊胸 痛い 2

 

お経は痛いのか

豊胸には大きく三つの種類があります。

  • シリコンよる豊胸
  • 脂肪注入による豊胸
  • ヒアルロン酸注入よる豊胸

です。

豊胸の痛みは手術によって

かわかってきます。

共通していることは

手術当日は痛みがあるということです。

手術翌日以降の回復具合は

手術方法によって違います。

もちろん手術の痛みが少ない方がいい、

となるわけですが、

胸の仕上がりが自然かどうか

どれだけ効果が長持ちするか

リスクが多いか少ないか、

元々の体型、胸の形など考慮すると

必ずしも痛いかどうかだけで

豊胸の方法を決めることできません。

また手術と手術後の痛みから

長期的な 経過での痛いかどうかも

合わせてみていきましょう。

 

豊胸は痛い?シリコンの場合

シリコンにによる豊胸は

痛みが一番強いです。

なぜならまず皮膚を切開するからです。

脇の下から切開するか

胸の下のないから切開するか

いずれにしても切開する痛みがあります。

また切開した部分からシリコンが通過する

トンネルを作らないといけません。

皮膚の奥全体を「はくり」と言って

はがさなければいけません。

本来くっついている組織を剥がして

スペースを作るので

痛みがあります。

はがしたスペースにシリコンを入れるので、

擦り傷に物が当たるようなものですから

痛みがあります。

特に最初の1週間~2週間は痛みが強いようです。

また手術直後シリコンが移動しないように

2、3日はシリコンの上にも下にも

強力な圧迫を行います。

これがまた息苦しさを伴います。

1週間から2週間経過しても

ちょっと腕を動かしたりする時、

ものを持とうとした時に

痛みが走ることがあります。

本格的に回復して来るまで

2ヶ月程度かかることも少なくありません。

また極端に大きなシリコンを入れてしまうと

シリコンは異物ですから

痛みが引いてきても

人工的な形の不自然さを感じます。

 

ヒアルロン酸の豊胸は痛い?

ヒアルロン酸豊胸は

痛みが最も少ないと言えます。

脂肪注入によりもシリコンバックよりも

ヒアルロン酸注射の場合

単純に注射だけで終わってしまうからです。

手術当日に多少痛みがあっても

翌日以降は胸の張り感程度で

徐々に違和感もなくなっていきます。

痛みだけで考えればヒアルロン酸は

最も痛みが少ないです。

しかしヒアルロン酸の決定的な問題は

必ずなくなってしまうということです。

なくなってバストサイズ戻りますから

そこが残念な点です。

豊胸 痛い 3

 

豊胸の脂肪は痛いの?

脂肪注入による豊胸は

シリコンバッグよりは痛くありません。

ヒアルロン酸よりは痛みがあるので

痛みは2番目です。

とはいえ豊胸した胸が痛いかと言うと、

意外と胸は痛くなく、

手術当日から翌日以降も張り感がある程度です。

このハリ感は1,2週で消えていきます。

脂肪注入は自分自身の脂肪を使います。

お腹や太ももなどの自分のいらない脂肪を

脂肪吸引によって取ってくるのです。

脂肪吸引した部分に筋肉痛のような鈍痛があります。

特に最初の2、3日は筋肉痛が強いですが、

それ以降はどんどん気にならなくなります。

数日で日常生活の支障がなくなります。

2、3日後からデスクワークを

始める方もいらっしゃるので

そこまで負担は強くありません。

脂肪注入で定着した脂肪は

半永久で効果が持ちますし、

ひとたび胸の張り感、

吸引部分の鈍痛がなくなれば

全く違和感がなくなりバレません。

触って自然、見た目にも自然、

豊胸手術の中では最もナチュラルで

効果持続が長い方法です。

 

豊胸の麻酔は痛い?

豊胸手術における麻酔全く痛くありません。

なぜならばどの手術も

眠って行うからです。

クリニックによっては

起きた状態で手術をするところもあるようですが、

これは激痛を伴います。

基本的には眠って受けたほうが楽です。

眠れば記憶もなく痛さも覚えていません。

 

豊胸は痛いマッサージが必要か?

シリコンバッグの場合、

シリコンの種類によっては

手術後にマッサージをしなければいけません。

このマッサージはとても痛いです。

そもそもシリコンバッグを入れるために

皮膚を切開していますし

そこをさらにマッサージしなければなりませんから

痛いです。

マッサージで皮膜拘縮(ひまくこうしゅく)と呼ばれる

大きな合併症リスクを減らすためなのです。

手術直後の痛みだけでなく

手術後のアフターケアでも

痛みが伴うものがシリコンバックでよる豊胸です。

ちなみにクリニックによっては

脂肪注入後にマッサージをしなさいという

クリニックがありますが、

ルーチェクリニックでは

禁忌としています。

脂肪注入後にマッサージをしてはいけません。

脂肪が減ってしまいます。

 

豊胸のしこりは痛い?

豊胸後にしこりを感じるのは

特にヒアルロン酸注入で起こりうることです。

また不適切な脂肪注入でも

しこりが起こる可能性があります。

このしこりにもし感染が起きた場合

痛みや赤みの原因になったりします。

ヒアルロン酸注射であれば

溶かさなければいけませんし、

脂肪注入の場合

吸い出すなどの処置が必要となります。

ヒアルロン酸は極端に

量を入れすぎないこと、

脂肪注入では適切な方法で行うことで

リスクを回避できます。

 

豊胸で授乳は痛い?

豊胸うけても授乳の痛みはありません。

腕の張り具合によっては

胸が痛いと感じることがあるかもしれませんが、

どの豊胸手術でも

授乳に支障が出ることはありません。

豊胸 痛い 4

 

豊胸は痛いの?まとめ

豊胸で最も痛みを伴うものは

シリコンバッグです。

痛みが少ないものが

ヒアルロン酸注射です。

しかし見た目、触った感じ、

効果が長持ちという点では

痛みがややあるものの

脂肪注入が豊胸手術で一番おススメです。

ルーチェクリニックでは

コンデンスリッチ脂肪注入豊胸を

おすすめしています。

コンデンスリッチ脂肪注入あれば

痛みを最小限に抑えることができます。

痛みは手術後数日程度です。

それよりもより自然で

効果が長持ちする豊胸手術だからです。

 

記事監修

このページは医療に関わる専門的な内容になっていますそのため、医師免許を持った加藤晴之輔総院長をはじめ、
日本形成外科学会(JSPRS)専門医、日本美容外科学会(JSAPS)正会員を有するルーチェクリニック医師陣が監修し制作しております。
記事総監修医師:加藤晴之輔

 

<総院長略歴>

  • 岐阜大学医学部卒
  • 東京大学大学院医学博士
  • 医療法人社団光美会 理事長
  • ルーチェクリニック 総院長
  • 自治医科大学形成外科非常勤講師

 

<代表的な資格>

 

お問い合わせ

ルーチェクリニックではカウンセリング料、診察料、再診料などは頂いておりません。お話だけならお金はかかりません。後日検討して治療を始める事もできます。

無料カウンセリングはこちらからどうぞ↓



お問い合わせはこちらからどうぞ↓



フリーダイヤルはこちらです↓


 

 

 

この記事をシェアする