池袋院 0120-822-188

銀座院 0120-261-895

カウンセリング予約

お問い合わせ

MENU

豊胸は違いがわかるものなの?!本物と豊胸の差

  • 2022.01.27

豊胸の違いのポイント

  • 豊胸と本物が違いが出るかどうかは、豊胸の手術方法による
  • シリコン豊胸が、本物と違いが最も出やすい
  • 脂肪豊胸が、本物と最も違いが少ない

 

 

コンデンスリッチ脂肪注入豊胸のビフォーアフター症例はこちら↓

症例紹介

 

ルーチェクリニックの豊胸の口コミはこちら↓

豊胸口コミ

 

コンデンスリッチ脂肪注入豊胸の参考動画はこちら↓

 

豊胸の違いが分かるもなのか?

豊胸手術はバストアップする美容手術です。

本当に変化がある豊胸を実現できるのは

豊胸手術だけです。

食べ物やサプリメント、矯正下着などで

胸が大きくなることは絶対にありません。

医療の力で美容整形で

バストアップするしか

本当の豊胸になりません。

ではその美容整形で豊胸をすると、

元々胸が大きい本物のバストと

どれだけ違いが

あるものなのでしょうか?

男性に見られて分からないのか?

自分自身でもわかるものなのか?

実はこの違いは

豊胸手術の方法によって変わります。

豊胸手術は主に3種類あります。

  • シリコン豊胸
  • ヒアルロン酸豊胸
  • 脂肪豊胸

です。

また、乳癌でバストを切除した後、

「再建(さいけん)」といって

胸を再現する手術があります。

この再建による豊胸も違いがあるのか

一つ一つを見てみましょう。

豊胸 違い

 

豊胸と本物の違いはどこで見る?

豊胸手術を受けたバストと

本物のバスト違いは

どこで見分けられるのでしょうか?

違いの見分け方は、

「見た目」そして触った「感触」です。

そしてこの見た目と触った感触も

手術直後1,2年の短期間から

10年20年の長期間でも変わってきます。

まず見た目ですが、

下着でバストを寄せている状態では

豊胸か本物の違いが

分かりにくいことが多いです。

ではどのような状態で

見た目の違いがでやすいかいうと、

下着をしていない状態で

自然な形を見ることです。

立った状態、寝た状態で

胸の形の違いが出てきます。

触った感触はどうでしょうか?

自然な柔らかさか、固くないか、

しこりを触れないかなどで分かります。

また手術をして数か月、

1年程度の間もない時は

触った感じが本物と違いがなくとも、

10年20年経った時に

違いが出てくることもあります。

このように

豊胸と本物の違いが分かる分からないは

見た目、触った感じ、

それに時間変化が影響します。

 

豊胸の再建では違いがわかるか?

乳癌でバストを切除すると、

お友達と温泉に行きにくいなどの悩みから

「再建手術」と言って

バストを再現する手術を受けられます。

手術の方法は

美容整形の豊胸に似ています。

再建手術による豊胸は

シリコンバック豊胸で行われます。

シリコンバック豊胸を使った場合、

下着をつけてバストを

寄せている状態では、

違いがわかりにくいです。

しかし下着を取った時は

見た目の形でわかることがあります。

また長い年月が経つと

シリコンバッグは

必ず硬くなってくるので、

シリコンバッグの入れ替えが

必要になることがあります。

残念ながら、

シリコンバッグによる

再建手術の豊胸は

完全な再現にはなりません。

しかし保険の適用になっていますし、

安全性も確立されていて、

実績のある豊胸手術と言えます。

豊胸 違い

 

豊胸でシリコンは違いがわかるか?

シリコン豊胸は、代表的な豊胸手術です。

しかしシリコン豊胸は

他の豊胸手術に比べて

最も違いがわかりやすい方法です。

下着を着けていない状態であれば、

バストが不自然に膨らんで

大きくなるので、見た目に分かりやすいです。

本物のバストであれば、

自然な胸の膨らみになります。

シリコンバッグの場合

急に胸が盛り上がる見た目になります。

もともとの胸がないところに

大きなバッグを無理矢理

入れようとすればするほど、

その極端な変化が目立ちます。

また横になった時に、

本物のバストは胸が垂れますが

シリコンバックを垂れません。

寝た時の違和感があります。

手術後1,2年は許せる範囲としても、

10年20年の長期間で見ていくと、

シリコンバックは必ず変形をきたします。

形が崩れる、左右差が出てくる、

また破裂して形が変形するなどの

リスクが必ずつきまといます。

触った感じは

シリコンバッグは直後から

明らかに硬いです。

また冷たく感じられることもあります。

10年ごとに入れ替えが一般的なのです。

シリコンバッグは年々硬くなっていき、

徐々に岩のように固くなる

確率もかなり高いのです。

どのようなシリコンバッグを使っても

必ずこれは起きることです。

その意味でシリコン豊胸は

最も違いがわかる方法です。

 

豊胸のヒアルロン酸は違いがわかるか?

ヒアルロン酸豊胸は

比較的違いがわかりにくいです。

そもそもヒアルロン酸で

極端に胸を大きくすることができません。

もし極端に大きくしてしまうと

明らかにしこりのような

ボコボコした感じがでてしまいます。

それは触ってもはっきりわかってしまいます。

また、最大のデメリットは

ヒアルロン酸は

必ずなくなってしまいます。

大きくなったとしても

1,2年たつと胸は小さくなり、

やがてなくなってもとにもどります。

これでは受けた意味がなくなってしまいます。

 

豊胸脂肪は違いがわかるか?

自分自身のいらない脂肪を使って

豊胸をする方法があります。

「脂肪豊胸」と呼ばれています。

脂肪豊胸は、全ての豊胸の中で

最も違いが分かりににくい方法です。

そもそも自分自身の

脂肪を使っていますから、

見た目が自然です。

起きていても寝ていた状態でも

自然にもたれますし、

胸を寄せても寄せなくても

自然な見た目です。

触った感じも

自然な脂肪のやらかさです。

10年20年経っても

シリコン豊胸のように

硬くなるリスクもありません。

年齢とともに自然に変化するので、

長い年月がたっても

違いがわからないのです。

豊胸 違い

 

豊胸の違いまとめ

豊胸が本物のバストと

違いがわかるかどうかというのは

豊胸の方法によって違います。

最も違いがわからない方法は

自分自身のいらない

脂肪を使ってバストを

大きくする脂肪豊胸です。

どのような姿勢

どのような下着を着けた状態でも

脂肪は自然に見えます。

触った感じも自然な柔らかさです。

最大のメリットは効果が半永久です。

年齢と共になんじでいきますから、

60歳70歳になっても

バランスのおかしさなどはありません。

美容外科医である私達が触っても

分からないぐらいです。

脂肪豊胸がナチュラルに見えて

本物のバストと違いがわからない方法の

有力候補と考えて間違いありません。

できるだけ本物に近づけたい、

本物と違いがないようにしたいという方は

脂肪豊胸を考えてみてください。

 

記事著者

このページは医療に関わる専門的な内容になっていますそのため、

医師免許を持った加藤晴之輔総院長をはじめ、

日本形成外科学会(JSPRS)専門医、

日本美容外科学会(JSAPS)正会員を有する

ルーチェクリニック医師陣が監修・著者をし制作しております。

記事著者医師:加藤晴之輔 

   

 

総院長略歴

  • 岐阜大学医学部卒
  • 東京大学大学院医学博士
  • 医療法人社団光美会 理事長
  • ルーチェクリニック 総院長
  • 自治医科大学形成外科非常勤講師

 

代表的な資格

 

お問い合わせ

ルーチェクリニックではカウンセリング料、診察料、再診料などは

頂いておりません。お話だけならお金はかかりません。

後日検討して治療を始める事もできます。

無料カウンセリングはこちらからどうぞ↓



お問い合わせはこちらからどうぞ↓



この記事をシェアする