池袋院 0120-822-188

銀座院 0120-261-895

カウンセリング予約

お問い合わせ

MENU

豊胸の整形って実際どうなの?美容クリニックが教える豊胸整形の真実

  • 2021.11.24

豊胸の整形のポイント

  • 豊胸整形にはシリコン、ヒアルロン酸、脂肪がある
  • 一番オススメは脂肪による豊胸整形
  • 脂肪による豊胸整形は見た目に自然、さわって自然、バレない半永久のバストアップ治療

 

コンデンスリッチ脂肪注入豊胸のビフォーアフター症例はこちら↓

症例紹介

 

ルーチェクリニックの豊胸の口コミはこちら↓

豊胸口コミ

 

コンデンスリッチ脂肪注入豊胸の参考動画はこちら↓

 

 

豊胸整形とは?

美容整形手術の中で

代表的な手術の一つとして

豊胸手術があります。

バストアップ

バストサイズを

大きくする手術です。

この豊胸の整形は

大きく三つの方法があります。

  • シリコンバッグ
  • ヒアルロン酸注入
  • 脂肪注入です。

この三つはどれも

手術になります。

豊胸の整形で

レーザーや

飲み薬などで

胸を大きくすることは

できません。

この三つの手術のうちの

どれかの代表的なものに

なります。

 

豊胸整形の種類の特徴

ではこの三つの手術

豊胸整形の方法の

それぞれの特徴を

挙げてみましょう。

まずシリコンバッグですが

シリコンバッグは

皮膚の余裕さえあれば

どれだけでも大きな

サイズにすることができる

ということです。

もちろん皮膚の伸びに

限界があるので、

サイズアップにも限界はあります。

細身の人で

脂肪がない方でも

ある程度

胸のサイズを

アップをすることができます。

2カップ3カップ

場合によっては

3カップ4カップを

上げることも

不可能ではありません。

次に

ヒアルロン酸注入による

豊胸ですが

ヒアルロン酸注射による

豊胸の特徴は

手術のダウンタイムが

非常に少ないということです。

ヒアルロン酸の注射を

注入して手術が終わるので

かなりダウンタイムが

少ない点がポイントと

いえるでしょう。

三つめの

脂肪注入による

豊胸の特徴は

とにかく自然で

ナチュラルという点です。

入れて間もない時も

そうですし

時間が経っても

とても自然です。

自分自身の脂肪を使うので

安全性が高いですし

見た目にも

触っても

全くわからないのが

脂肪注入の

最大の特徴です。

 

豊胸整形の見分け方ってあるの?

豊胸整形の見分け方は

手術の方法によって違います。

まずシリコンバッグですが

かなりの確率で

見分けることができます。

まず見た目に

不自然であったり

不自然に大き過ぎたり

また胸のふちの部分が

急激に盛り上がってたりした場合は

シリコンバッグによる

可能性が高いです。

また触って硬い、

人肌に比べると

不自然に冷たい、

などは

シリコンパッグの可能性が

高いでしょう。

ヒアルロン酸の場合は

触るとしこりのように

感じられます。

どんな柔らかい

ヒアルロン酸でも

ヒアルロン酸は

脂肪より硬いのです。

なので触った時に

しこりのように触れたら

ヒアルロン酸の可能性が

高いです。

脂肪注入による豊胸は

かなり見分けが難しいです。

プロでもわからないことが

ほとんどです。

なぜならば自分自身の

脂肪を使っているので

最も自然で

ナチュラルになるのです。

豊胸 整形

 

豊胸整形のリスクは?

では逆にリスクは

どのようなものが

あるでしょうか。

シリコンバッグの

最大のリスクは

必ず時間がたつと

硬くなって

変形していくという点です。

一つの目安は10年です。

10年経つと胸の形が変形し

触ると硬くなります。

状況によっては

岩のように

硬くなったりしますし

横になってもお椀が

乗っかっているような

不自然な形になって

しまいます。

触ると素人の人でも

バレてしまうという

リスクがあります。

ヒアルロン酸よる

豊胸整形では

ヒアルロン酸は

必ずなくなってしまう

という点です。

せっかく高いお金を払って

ヒアルロン酸を入れたのに

早ければ半年

長くても1,2年で

なくなってしまう

という点です。

必ずなくなりますから

なくなって元のサイズに

戻ってしまうと

残念です。

脂肪注入によるリスクは

ほとんどありません。

まれに小さな石灰化や

しこりが起こるリスクは

ゼロではありませんが

徐々に吸収されていきます。

日常生活で全く支障はありません。

正しい手術の方法を

適切な方法で

行うことが大切です。

 

豊胸整形 ヒアルロン酸のメリット・デメリット

ヒアルロン酸による

豊胸整形は

簡単に手術ができる点が

最大のメリットですが

必ずヒアルロン酸がなくなって

しまうという点が

最大のデメリットです。

長期的な目で考えれば

ヒアルロン酸は

なくなってしまいますから

その時ダウンタイムは少なく

簡単に済んでしまっても

なくなってしまうことを

考えると

あまりお勧めできません。

 

豊胸整形 脂肪豊胸のメリット・デメリット

脂肪豊胸は

お腹や太もも

二の腕から

脂肪吸引をおこなって

吸引した脂肪を胸に入れます。

いわばいらない脂肪を

必要なところに

入れてあげる

究極のリサイクルの治療です。

脂肪吸引をしたところは痩せて、

脂肪をいれた胸は

バストアップして、

一石二鳥の豊胸整形です。

また見た目にわからない

触ってもわからない

最も自然でナチュラルで

バレない豊胸といえます。

豊胸 整形

 

豊胸整形の値段費用はどのぐらい?

豊胸整形の値段や費用は

大まかに

50万円~300万円程度の間です。

方法によって異なるのです。

三つの方法で

比較的値段が安いことが

多いのが

ヒアルロン酸です。

ヒアルロン酸をどれだけ

注入するかによって

金額が変わります。

ヒアルロン酸が少なければ

安くなりますし

多くなると高くなることも

多いようです。

50万円~100万円位に

なることも

多いでしょう。

一方で

シリコンバッグは

80万円~150万円位のことが

多いようです。

脂肪注入による豊胸は

80万円~300万円程度で

方法によって

かなり異なります。

 

豊胸整形のオススメは結局どれ?

それぞれの手術方法に

メリット

デメリットが

ありますし

値段も違います。

その中で

最もオススメする方法は

脂肪注入による豊胸整形です。

なぜならば胸を

大きくするということは

一生に一回の

大きな手術です。

人によっては

よりサイズアップを

目指して二回することも

ありますが

基本的には

一回で一生もてば

それに越したことは

ありません。

そして何より自分自身の

脂肪を使うことが

一番自然でバレないで

ナチュラルに

半永久の効果が続く

のだからです。

シリコンバッグは異物です。

固くなったり変形します。

ヒアルロン酸はなくなります。

自分自身の脂肪は

ダイエットしても

なかなか減らないように

胸に注入された脂肪も

病的にやせない限りは

脂肪が減ったりすることは

ありません。

ダウンタイムや金額が

他に比べると

多少高くなったとしても

バレない自然で

一生モノの

豊胸整形と考えれば

おすすめは脂肪注入です。

 

豊胸整形の画像ってあるの?

ルーチェクリニックでは

豊胸整形を専門に行っています。

その中でも

とくに脂肪注入よる

豊胸に力を入れています。

画像は症例

ビフォーアフターとして

たくさんありますので

ぜひこちらをご覧ください。

豊胸 整形 

 

豊胸整形のポイントまとめ

豊胸整形には

  • シリコンバッグ
  • ヒアルロン酸
  • 脂肪注入

三つの手術の方法があります。

この中で

最もオススメは

脂肪注入による豊胸です。

自分自身のいらない脂肪を

バストアップのために

使ってあげる

まさに夢のリサイクル豊胸整形です。

自分自身の脂肪ですから

見た目に自然で

バレない

バストアップ治療になります。

いらない脂肪を利用して

脂肪を取ったところ

例えばお腹や太ももなど

お腹は細くなりますし

太ももは細くなります。

一石二鳥の

脂肪による

豊胸整形を

ぜひご検討下さい。

 

記事著者

このページは医療に関わる専門的な内容になっています

そのため、医師免許を持った加藤晴之輔総院長をはじめ、日本形成外科学会(JSPRS)専門医、日本美容外科学会(JSAPS)正会員を有するルーチェクリニック医師陣が監修・著者をし制作しております。


記事著者医師:加藤晴之輔 

   

 

総院長略歴

  • 岐阜大学医学部卒
  • 東京大学大学院医学博士
  • 医療法人社団光美会 理事長
  • ルーチェクリニック 総院長
  • 自治医科大学形成外科非常勤講師

 

代表的な資格

 

お問い合わせ

ルーチェクリニックではカウンセリング料、診察料、再診料などは頂いておりません。

お話だけならお金はかかりません。

後日検討して治療を始める事もできます。

無料カウンセリングはこちらからどうぞ↓



お問い合わせはこちらからどうぞ↓



この記事をシェアする