池袋院 0120-822-188

銀座院 0120-261-895

カウンセリング予約

お問い合わせ

MENU

豊胸の方法にはどんなものがある?おすすめはコンデンスリッチ脂肪注入

豊胸の方法ポイント

  • 豊胸の代表的な方法はシリコンバッグ、ヒアルロン酸注射、脂肪注入の三つの方法
  • 最もオススメなものは自然で長持ちするコンデンスリッチ脂肪注入
  • 適切な方法で行うことで脂肪の定着率が高まる

 

コンデンスリッチ脂肪注入豊胸のビフォーアフター症例はこちら↓

症例紹介

 

ルーチェクリニックの豊胸の口コミはこちら↓

豊胸口コミ

 

コンデンスリッチ脂肪注入豊胸の参考動画はこちら↓

 

 

豊胸とわかる方法はあるの?

豊胸手術はその名の通り

バストアップを実現する手術です。

A カップや B カップの形も

C や D、 E カップ F カップなど

より大きなバストになることができます。

豊胸の方法にはいくつかの種類があります。

豊胸手術をしたことが分かる方法もあれば

全くわからない方法もあります。

手術の方法によって

わかるわからない、バレるバレないは変わります。

どの方向の方法にも

メリットやデメリットがありますし

一人一人に合う合わないがあります

そこで代表的な豊胸の方法について解説していきます。

 

豊胸で安全な方法は何?

豊胸で代表的な方法は三つあります。

シリコンパック、ヒアルロン酸注射、脂肪注入の3つです。

これらの三つはどれも手術方法が確立されており、

安全性も確立されています。

もちろん手術は魔法ではないので

リスクや合併症がゼロ、

ではありません。

それでもこれらの方法は

非常に安全にバストアップを実現できる方法です。

これまで豊胸手術中で生まれてきた方法には、

問題があるものもあります。

例えばアクアフィリングと言って、

吸収されないアクアミドと呼ばれる異物が

混入された物質の注射をが流行りました。

生理食塩水を注入するとすべてなくなるという

うたい文句でしたが、

これには全く根拠がありません。

このようなものは絶対に使うべきものではありません。

そういった中で

シリコンバッグ、ヒアルロン酸注射、脂肪注入は

安全性が確立されてる方法ですので

安心して選択肢として考えられます。

豊胸 方法 2

 

豊胸の方法で手術以外ってある?

バストアップをする方法として、

手術以外の方法は残念ながらありません。

マッサージやサプリメント、エステの機械などで

バストアップは絶対にありえません。

サプリメントや下着、エステの機械、マッサージ等で

バストアップできたら

こんなに楽なことはありません。

絶対にバストアップはできないので

時間とお金の無駄です。

これらで解決できないために

医療福祉して我々が何とかバストアップを安全に

効果的に実現しようとしているわけです

効果のない治療には 手を出さない方が良いです

 

豊胸の方法を比較してみよう

豊胸の方法には代表的に三つがありました。

シリコンバッグ、ヒアルロン酸注射、脂肪注入です。

それぞれのメリット、デメリットを挙げてみます。

シリコンバックのメリットは

効果が半永久であるという点です。

シリコンバッグ自体は変化しないからです。

デメリットとしては完全な人工異物であるために

位置がずれる、被膜拘縮と言って

シリコン周囲に膜ができ、

岩のように固くなってくる症状や、

感染など数多くのリスクがあります。

ヒアルロン酸注射の場合、

メリットは手術の方法が簡単な点です。

デメリットは、

ヒアルロン酸は必ずなくなります。

大金をかけてダウンタイムや痛い思いをしたのに、

1、2年後、下手したら半年後には全部なくなった、

元に戻ってしまった、

悲しい結末になります。

脂肪注入のメリットは

自分の脂肪を使うので

とても自然にバストアップできます。

定着した脂肪は半永久で効果が持続します。

形も自然ですし

豊胸していることは全く分かりません。

デメリットとして、

ちゃんと適切な方法で手術を

行わないと定着率に影響を与えます。

 

豊胸で簡単な方法はどれ?

豊胸で簡単な方法は

しいてあげればヒアルロン酸注射です。

しかしヒアルロン酸の決定的なデメリットとして

必ずなくなり、

0になって戻ってしまうことです。

もったいないですし、

ヒアルロン酸注射自体はお勧めしません。

 

豊胸の方法でおすすめはどれ?

それでは豊胸手術の方法の中で

どれが最もお勧めはどれかと言うと

それは脂肪注入です。

脂肪を注入するために、

いらないところから

脂肪吸引によって自分の脂肪を採取します。

その脂肪を胸に入れてあげるわけです

そもそもバストの膨らみというものは

筋肉、乳腺、脂肪層からできています。

本来バストを構成する一つである脂肪を

増やしてあげるということは

とても自然であり理にかなってる方法です。

ヒアルロン酸やシリコンバックが

触ると硬いのに比べて

脂肪はとてもふわふわで自然です。

最もおすすめなの、脂肪注入です。

豊胸 方法 3

 

豊胸の脂肪の方法

この脂肪注入にも

さらにいくつかの方法がありますが、

最もお勧めの方法はコンデンスリッチ脂肪注入です。

注入する脂肪というものは

取った直後は麻酔や血液体液など

不純物が数多く混ざっています。

これらを残したまま注入してしまうと

かなり減って定着率が下がります。

コンデンスリッチ脂肪注入法では、

遠心分離という方法で

この不純物を取り除き、

脂肪をを濃縮した状態で注入します。

こうすることで定着率が飛躍的に高まります。

注入した脂肪が生着し、

バストアップ効果が長持ちします。

 

アメリカの豊胸の方法は?豊胸大国の実情

アメリカでの豊胸手術は

シリコンバックが非常に多いです。

しかしシリコンバッグにも限界があり、

合併症やリスクも数多く報告されているのも事実です。

このような流れで最近はアメリカでも、

脂肪注入のケースが増えています。

世界全体を通し脂肪による豊胸手術が

トレンドとなっています。

豊胸 方法 4

 

豊胸の方法のまとめ

豊胸手術にはいくつかの方法がありますが

その中で最もおすすめの方法は

コンデンスリッチ脂肪注入です。

自分自身の脂肪で

ふわふわで柔らかく、

見た目に分からない自然さ、

半永久の効果持続、

脂肪による豊胸術を是非ご検討下さい。

 

記事監修

このページは医療に関わる専門的な内容になっていますそのため、医師免許を持った加藤晴之輔総院長をはじめ、
日本形成外科学会(JSPRS)専門医、日本美容外科学会(JSAPS)正会員を有するルーチェクリニック医師陣が監修し制作しております。
記事総監修医師:加藤晴之輔

 

総院長略歴

  • 岐阜大学医学部卒
  • 東京大学大学院医学博士
  • 医療法人社団光美会 理事長
  • ルーチェクリニック 総院長
  • 自治医科大学形成外科非常勤講師

 

代表的な資格

 

お問い合わせ

ルーチェクリニックではカウンセリング料、診察料、再診料などは頂いておりません。お話だけならお金はかかりません。後日検討して治療を始める事もできます。

無料カウンセリングはこちらからどうぞ↓



お問い合わせはこちらからどうぞ↓



この記事をシェアする