池袋院 0120-822-188

銀座院 0120-261-895

カウンセリング予約

お問い合わせ

MENU

ハイブリッド豊胸
(コンデンスリッチ脂肪注入+シリコンバッグ)

自然に&しっかりサイズアップ!

モニター様価格 両胸 1,500,000円(税別)
※モニター様は人数に限りがございます


ハイブリッド豊胸のメリット

  • 自然な仕上がり
  • 2CUP以上の
    サイズアップ
  • 痩せていても
    手術可能

希望通りのバストアップで自信もUP!

食事や運動、マッサージ、補正下着だけでは限界もあります。自分だけでお悩みになる前に一度ご相談ください。女性らしいボディイラインを手に入れて、おしゃれも人生も自分らしく楽しみましょう。

こんな方にオススメです

イラスト

  • 元々胸のサイズが小さく、しっかりとサイズを変えたい
  • 授乳後にサイズが小さくなってしまい、胸がたるんでしまった
  • バランスが良く柔らかいバストにしたい
  • 胸のサイズを大きく、きれいに、しかも長持ちさせたい
  • デコルテをふっくらさせたい
  • シリコンバックだけではさわり心地が心配
  • 痩せ型のため、脂肪移植の手術を断られてしまった
  • バストアップもしたいが、同時に痩せたい部分がる
  • 以前受けた豊胸に不満がある

ハイブリッド豊胸(コンデンスリッチ脂肪注入+シリコンバッグ挿入の組合せ豊胸)とは?

ハイブリッド豊胸とはコンデンスリッチ脂肪注入とシリコンバック、
両方の手術を同じ日に行う手術方法
です。
シリコンバックで大幅なサイズアップ、その周囲にコンデンスリッチ脂肪注入で全く自然な触り心地。2つの豊胸術のメリット同士を組み合わせた、最高の豊胸術です。シリコンバックの大きさが変化することはありませんし、定着した脂肪も半永久的に維持されます。効果の持続が非常に長くおすすめできます。コンデンスリッチ脂肪注入だけを単独で行う時と同様、いらない部分の脂肪を取って痩せさせる脂肪吸引の効果もあります。バストアップと同時にメリハリの有る女性らしいボディラインを作ることができます。

ルーチェのこだわり

①オーダーメイドシリコンバック

患者様のご希望に沿って完全にオーダーメイドのシリコンバック手術を行います。
バックには大きさ、形、表面処理、また挿入する部位も大胸筋膜下、大胸筋下、乳腺下と選ぶべきポイントがたくさんあります。手術前の診察でしっかりとニーズを汲み取り、お体に合ったバックや手術方法についてアドバイスさせていただいています。お選びいただく方法によって立っているときと寝ているときの形、触り心地、術後の痛み、術後のマッサージ有無などが変わってきます。当院使用のバックはEstablishment Labs(エスタブリシュメント・ラブス社)のMotiva(モティバ)です。

②大きさと自然さを兼ね備えた究極のビッグ美バストをオーダーメイドで

シリコンバッグでサイズアップを行い、その周囲にコンデンスリッチ脂肪注入を行うことで、水着や下着を着た時に谷間がほしい、授乳後しぼんでしまった胸を戻したい、デコルテをふっくらさせたい、などご希望に応じたバストのサイズと形を実現します。

オーダーメイド注入

③脂肪注入専用デバイス「スクリューインジェクター」を使用してリスクを回避する

スクリューインジェクターバストの脂肪注入では、一般的な注入方法では、しこりや石灰化が起こるリスクが急激に高まります。ルーチェクリニックではそれらのリスクを限界まで回避するために、スクリューインジェクターを使用して少量ずつ細かく丁寧に注入することで、合併症を回避して自然な質感の豊胸術を実現しております。

④コンデンスリッチ脂肪注入は高い定着率をほこる

コンデンスリッチ脂肪とは、吸引した脂肪内の麻酔薬や血液等の不純物を取り除き、脂肪組織のみを抽出・濃縮します。その結果高い定着量を実現します。

FDAコンデンスリッチ脂肪を抽出する遠心分離機はFDAの承認を得ています。

定着率の高いコンデンスリッチ脂肪注入

定着率の高いコンデンスリッチ脂肪注入

定着率の高いコンデンスリッチ脂肪注入

ハイブリッド豊胸とコンデンスリッチ脂肪注入のちがい

ハイブリッド豊胸もコンデンスリッチ脂肪注入も一度の手術でバストのサイズを大きくするという意味では同じです。しかし、痩せ型の患者様は脂肪を十分に取れない事があり、コンデンスリッチ脂肪注入だけではご希望のサイズまでお胸を大きくすることができないことがあります。したがって2CUP以上のサイズアップを確実にご希望される場合にはハイブリット豊胸がおすすめになります。また、ハイブリッド豊胸ではシリコンバックによるサイズアップに差はないので、より個人差の少ない確実な効果が期待できます。

ハイブリッド豊胸とヒアルロン酸豊胸のちがい

ハイブリッド豊胸とヒアルロン酸豊胸は大きく異なります。自然さ、効果の大きさ、効果の持続期間など、ハイブリッド豊胸が圧倒的に優れています。ヒアルロン酸豊胸は、結局時間とともにヒアルロン酸が吸収されてなくなります。また、ヒアルロン酸が不自然にかたよって形がくずれることがあります。ヒアルロン酸をいれれいれるほど、さわった時に岩のように硬く感じられて不自然です。バストアップはコンデンスリッチ豊胸、シリコンバック豊胸、ハイブリッド豊胸を合わせてご検討ください。

豊胸で失敗しないために

豊胸手術には様々な方法があり、どんな方法が良いかお悩みになることも多いと思います。いずれの方法であってもメリット・デメリットの両方があり、それらをしっかりとご理解いただくことが最も重要です。豊胸で失敗してしまうと、左右差、カプセル拘縮、石灰化、しこり、ダブルバブル(段差)などの合併症が原因で不自然で人工的なバストになってしまうことがあります。どういった合併症をどのように避け、ご自身のお悩みと体の状態に合った方法を適切に選ぶのか。豊胸で後悔することを避けるには、やはりプロの診断とアドバイスが必要不可欠だと思います。特にハイブリッド豊胸は美容外科手術の中でも難易度の高い手術となります。シリコンバック豊胸とコンデンスリッチ豊胸という2つの手術を合わせたものではあるのですが、その片方ずつの手術ができてもハイブリッド豊胸が出来るわけではありません。ルーチェクリニックでは形成外科を背景とした知識と経験が豊富な医師が手術を担当しております。手術担当医に直接ご相談いただき、ご理解を深めていただきつつ、担当医師との相性もチェックしていただくのが良いでしょう。

ハイブリッド豊胸で授乳はできるの?

ルーチェクリニックでは授乳に関わる乳管や乳腺を傷をつけない手術方法なので、どの豊胸の方法でも出産、妊娠、授乳に影響はありません。サイズアップさせる部分は、授乳に関わる部分以外を増やすからです。授乳後に少し垂れてしまった、しぼんでしまったという方にも豊胸術は可能です。むしろ、組織が一度伸びた状態の方がゆとりがあり、手術の結果が良くなる事が多いです。

ハイブリッド豊胸はわかるの?光る?

シリコンバック豊胸だけではバックがご自身に合わないと、形や触り心地などが不自然に感じられてしまうことがあります。ハイブリッド豊胸は、シリコンを自分の脂肪でカバーして隠れてしまうので不自然になりません。なので、生まれつきのバストのような、より自然なバストになることができます。他人に知られたくない、でも大きくて自然なバストにしたい場合は、ハイブリッド豊胸がおススメです。

また、某テレビ番組でシリコンバックにLEDライトを当てると光るという特集があり、それを見て「不安です。」感じられる方がいらっしゃいます。確かにシリコンバック豊胸を受けたバストに、強い光を出すLEDライトを強く押し当てると、シリコンバックの部分が赤く光ってバックの形が浮かび上がる事があります。しかし、LEDライトをそのように使うことは通常ありません。日常生活や一般的な環境でブラックライトやLEDのスポットライト等で照らされる程度ではバック部分が光ることはないのでご安心ください。また、ハイブリッド豊胸ではご自身の脂肪がシリコンバッグを厚くおおっていますので、シリコンバック豊胸よりもわかりにくいです。非常に特殊な環境下の事ですので、「強い光でバレてしまうのでは?」と過度に心配される必要はありません。どうしても気になる場合には、光らないタイプのシリコンバックもございます。

ハイブリッド豊胸は痛いの?

手術中は、静脈麻酔といって完全に眠る麻酔を使いますので、意識もなく、全く痛くありません。 手術後は、痛みというより筋肉痛のような感じがあります。特に手術日含めた3日間は、お仕事などをお休みされゆっくりとお過ごしになると良いでしょう。その後は次第に軽くなりますので、痛み止めを飲みながらお仕事に復帰される方がほとんどです。術後2週間でかなり改善します。体を動かすと時々違和感がある程度です。それも約1ヶ月程度で時間とともにどんどんと良くなっていきます。

ドクターからわかりやすいカウンセリング

ハイブリッド豊胸は自然で大きなバストを作るのに
最高の方法
です。
お体にインプラントを入れることに抵抗がなければ、
ぜひご検討いただきたいですね。 コメントコメント

ハイブリッド豊胸との組み合わせ

ハイブリッド豊胸と組み合わせることでお胸に関する悩みを同時に解消してくことも可能です。
・乳頭縮小
・乳輪縮小
・モントゴメリー腺除去

乳頭縮小

乳頭縮小

生まれつきや授乳後など、乳頭のサイズが気になる場合に同時に手術を受けられる患者様もいらっしゃいます。

詳しくはこちら

乳輪縮小

乳輪縮小

乳輪のサイズを小さくする手術です。旧来の手術方法(内側法、外側法)では傷口がとても目立ちましたが、当院オリジナルのデザインをご提案できます。

詳しくはこちら

モントゴメリー腺除去

乳輪のプツプツをなくし、つるっと綺麗な乳輪になります。

詳しくはこちら

ハイブリッド豊胸の流れ

カウンセリング
Step.1カウンセリング
・まずは問診票に必要事項をご記入いただき、女性カウンセラーがご希望や理想をお伺いします。
・豊胸治療はハイブリッド豊胸だけではありません。最もご自身に合った方法を選んでいただきたいので、他の方法についてもご案内します。コンデンスリッチ脂肪注入、シリコンバック豊胸、ヒアルロン酸など、それぞれのメリット・デメリットをしっかりご理解いただきます。
・ご不明な点、ご不安なことなど、気になることは何でもお聞きください。
デザイン
Step.2ドクター診察
・カウンセリングの内容を受けて、豊胸術の豊富な経験をもつ医師が、現在の状態を診察致します。
・繰り返しの内容もあるかもしれませんが、しっかりと患者さまの理想を伺います。
どのくらいのサイズを希望されるのか、痩せたい部分はあるのか、など、術後の限界と効果の中で、なりたい自分となれる自分を確認します。
・術後の安静や処置も手術同様に大切です。ご無理のない、ご都合に合った範囲で日程をご提案させていただきます。
・手術後の圧迫やガーゼの交換など、ご自宅で積極的なケアが必要なのは約2~4週ですが、完成するには3~6ヶ月かかります。万が一の合併症を早期発見するためにも術後の診察が必要ですので、大まかなタイミングをお知らせします。
Step.3手術前の準備
静脈麻酔のため食事制限などが始まります。
手術開始6時間前から絶食です。朝食を抜くと良いことが多いです。
ご来院3時前からは絶飲食です。3時間前からは水分も禁止です。やむを得ない場合も少量にして下さい。生体モニターを付けられるように、ネイルを最低1か所は外して頂いていおります。
Step.4手術当日
まずデザインを行います。改めて伺っていたご希望や理想に間違いが無いかしっかりと確認します。お胸のデザインと脂肪吸引のデザインを合わせ、総合的に美しいボディイラインを作ります。
無理なダイエットなどを繰り返しているとミシュランの様なデコボコとしたボディラインになってしまいます。細かいデコボコは消し、女性らしいなめらかな曲線に仕上げていきます。
点滴・生体モニターの準備
Step.5点滴・生体モニターの準備
当院では静脈麻酔でハイブリッド豊胸を行います。
点滴を取る際のお痛みが終われば、手術終了後までお痛みを感じることはありません。意識が全くないので、手術が終わったことをお伝えすると、「気づかないうちに手術が終わった!」と驚かれる方も多いです。全身麻酔と違って喉に管を入れませんので、喉が痛くなったりすることはありません。胃カメラなどの検診でも良く使われる完成された麻酔方法です。お体の負担も少ないので、日帰りで手術を行うことができます。
局所麻酔も併用しますので、術直後のお痛みも最小限です。
手術
Step.6手術
静脈麻酔後、ツメセント法と呼ばれる局所麻酔も併用します。
まずはコンデンスリッチ脂肪注入用の脂肪を採取し、移植するために不純物を取る処置を行います。その後、お胸にシリコンバックを挿入します。シリコンバックのその周囲と表面にコンデンスリッチ脂肪注入を行い、シリコンバックの不自然な部分を解消します。また、シリコンバックでは効果の少ないデコルテや谷間部分などにコンデンスリッチ脂肪注入を追加することで、更に美しい胸を仕上げていきます。傷口を縫合し、手術終了です。
手術直後・圧迫用包帯による圧迫
Step.7手術直後・圧迫用包帯による圧迫
脂肪吸引した部分やシリコンバックを挿入した部分には空洞ができています。そのままにしておくと血の塊ができたり、デコボコしてしまったり、シリコンバックが移動してしまったりという合併症の原因となります。その空洞を潰すために、包帯やサポーターを使ってしっかりと圧迫して行きます。圧迫することでその隙間は自然と治りますのでご安心下さい。
Step.8術後の安静
手術直後は、麻酔から覚めても少しふらついたり、意識がふわっとして状態のこともあります。はっきりと目が覚めるまではしばらくお休みいただきます。その後、徒歩でご帰宅いただけます。

ハイブリッド豊胸のダウンタイム

施術時間 4時間程度
痛み 2~4週間、筋肉痛の様なお痛みがあります
内出血 2週間程度。紫、黄色と時間とともに変化していきます。
腫れ 2周間程度。腫れ予防の圧迫は1ヶ月間必要です。

治療後の過ごし方

お薬 内服薬(抗生剤・胃薬・鎮痛薬)は1日3回食後。7日間。
全て飲みきりましょう。特に鎮痛剤には抗炎症作用もあるので痛みが無くても飲みましょう。
外用薬(抗生剤)1日2回(朝夜)7日間。
消毒 不要
クーリング 可能であれば術後3日間は適度に冷やしても良い。
抜糸 不要
シャワー浴 翌日より可。傷口の清潔を保つため、優しく洗いましょう。
洗顔 当日より可
お化粧 当日より可
洗髪 当日より可
入浴 7日程避けましょう(血行が良くなることを控えた方が腫れ・内出血が少ないです)。
飲酒 7日程避けましょう(血行が良くなることを控えた方が腫れ・内出血が少ないです)。
運動 14日程避けましょう(血行が良くなることを控えた方が腫れ・内出血が少ないです)。
喫煙 禁煙をおすすめします。最低限、手術2週間前から手術後3ヶ月の禁煙が必要です。

ハイブリッド豊胸のアフターケア

手術前
注意点

・毎日飲む薬のある患者様(特に糖尿病のお薬や血液サラサラのお薬)は必ず申し出てください。
・健康に注意し、不規則な生活はおやめください。
・手術をきっかけに禁煙をおすすめします。

手術当日
来院前注意点

・時計、指輪、ネックレス、ピアス、ブレスレット等のアクセサリー類は外してご来院ください。
・自動車の運転は控え、公共交通機関でいらしてください。
・手術後包帯を巻くので、ゆったりした服装でいらしてください。
・静脈麻酔なので、手の指もしくは足の指のネイルを外しておきましょう。
・静脈麻酔なので、来院3時間前から飲水を控えましょう。6時間前から食事を控えましょう。

手術後胸の状態

圧迫のバンドと包帯で固定します。脇を溶ける糸と溶けない糸の両方で縫っています。

手術後脂肪吸引部の状態

・皮膚の中を溶ける糸で縫っています。皮膚の表面には傷を保護するテープが貼ってあります。テープは剥がさないで、自然にはがれるまではりっぱなしにしましょう。1週間程度でとれます。そのままシャワーを浴びて問題ありません。シャワー後も自然に乾いて張り付いています。
・圧迫用包帯を厚めに巻きます。巻いたままでご帰宅頂きます。

処方箋

・抗生剤(1日3回) 、痛み止め・炎症止め(1日3回) 、胃薬(1日3回)を処方致します。 炎症止めはなくなるまで飲みましょう。腫れの引きが早くなります。

清潔

・包帯をしているので、シャワー
・入浴はできません。タオルで拭く、などにとどめましょう。

基礎化粧品

・ボディークリームなどの保湿は可能です。
・日焼け止めも可能です。

手術後禁止事項

・注入部位のマッサージは絶対にしないで下さい。脂肪が吸収されやすくなり、せっかく注入した脂肪が減ってしまいます。
・仰向けで寝始めないで、必ずうつ伏せか横にになって寝るようにしましょう。仰向けだと注入脂肪が圧迫され、定着量が減ってしまいます。

手術後1日目
患部の状態

・患部とその周囲に少し腫れがでることがあります。直後より腫れた感じがするかもしれませんが、時間と共に引いていきます。青あざのような打ち身のような状態で内出血がでることがありますが、時間と共に消えていきます。

術後検診・来院

・手術翌日に来院して頂きます。包帯を取って染み出しがなければ、専用の圧迫下着に着替えます。以後はこの圧迫下着を1~3か月程度使用します。

清潔

・湯船に入るのは1週間控えましょう。

手術後7日目
胸の状態

・大きな腫れは落ち着きますが、まだ中の腫れや内出血はあります。
・必要に応じて脇の傷口の抜糸をします。

脂肪吸引部の状態

・部分的に内出血が残っていることがありますが、時間と共に消えていきます。内出血が消えるまでに2週間程度かかることもあります。
・必要に応じて抜糸します。

日常生活

・入浴
・飲酒 少しづつ様子を見ながら始めましょう
・運動 上半身は安静を保って下さい。徐々に様子を見ながら始めていきましょう。

手術後1か月
胸の状態

・ほぼ落ち着いた状態になりますが、まだ脂肪が吸収されやすい時期ですので、寝るときは仰向けか横が良いでしょう。

脂肪吸引部の状態

・触ると固いところやしこりを感じることがあるかもしれません。皮膚の内側にかさぶたがついたような、一時的な状態です。時間と共に柔らかくなり、馴染んでいきます。

日常生活

・注入された脂肪はまだ吸収されやすい状態になっているので、シャワーやボディークリームを塗る際も強くこすらないで優しく丁寧に触れるようにしましょう。
・移植脂肪に良くないので禁煙がおすすめですが、どうしても再開したい場合も術後3ヶ月まではお控え下さい。

手術後3か月
日常生活

・注入された脂肪は吸収されにくくなり、安定した状態に入りますが、可能な限り強くこすらないで優しく丁寧に触れるようにしましょう。
・脂肪吸引した部分の圧迫下着(サポーター)も理想的には最低3か月は継続しましょう。

※上記説明はあくまで一般的なもので、肌質・体質・症状等の個人差により差異がありうることをご理解下さい。

ハイブリッド豊胸のデメリット・副作用

・術後腫れ、内出血は必ず出ます。1~2週間で改善します。
・脇の傷跡が目立つように感じられることがあります。時間とともに次第に良くなります。
・バックの周りの組織が次第に固くなる事があります(シリコンバック拘縮、破損など)。
※このほか、体調に異変を感じた際は、ご遠慮なくクリニックへご相談ください。

よくある質問

シリコンバック豊胸は痛いですか?
手術中、手術直後はしっかりと麻酔を使いますので、痛みはほとんどありません。3日程度腕を動かすと筋肉痛のようなお痛みを感じることも多いようです。2週間程度は動きによってお痛みを感じられる事があるとおもいますが、日に日に良くなっています。対策として痛み止めの内服薬やお胸の固定バンドをお出ししています。
傷跡は残りますか?
脇に傷跡が残ります。ただし、シワに沿って丁寧に手術を行いますので、時間とともに次第に目立たなくなっていきます。術後一ヶ月で最も赤みが強くなり、その後3~6ヶ月で次第に良くなっていきます。特に傷跡を気にされる場合には内服薬やボトックス等の併用もご案内しています。
授乳はできますか?
できます。母乳を作る乳腺や母乳が通る乳管等には影響を与えないので問題ありません。将来的にご出産、授乳のご予定があっても安心して治療を受けることができます。
マッサージは必要ですか?
選ばれるバックによって変わります。スムースタイプはマッサージが必要ですが、触り心地が良い、テクチャードタイプはマッサージ不要で合併症が少ない等の特徴があります。ご自身の体型にも合った物を選ぶ必要がありますので、ぜひ診察でご相談ください。
結局どのバック、手術方法が良いの?
患者様のご希望にもよりますが、当院ではマッサージの不要な表面がテクスチャードタイプのアナトミカル型のインプラントを大胸筋下入れる手術をおすすめすることが多いです。
アフターケアは必要ですか?
術後1~2ヶ月たち、状態が安定していれば特に必要ありません。お胸が固くなったりお痛みを感じるようになる事がまれにありますので、違和感を感じられた際はすぐにクリニックを受診してください。心配な方は1年に1回の診察をおすすめしております。

加藤晴之輔総院長

このページは医療に関わる専門的な内容になっています
そのため、医師免許を持った加藤晴之輔総院長をはじめ、
日本形成外科学会(JSPRS)専門医、日本美容外科学会(JSAPS)正会員を有するルーチェクリニック医師陣が監修し制作しております。
記事総監修医師:加藤晴之輔

<総院長略歴>
  • ・ 岐阜大学医学部卒
  • ・ 東京大学大学院医学博士
  • ・ 医療法人社団光美会 理事長
  • ・ ルーチェクリニック銀座院院長
  • ・ 自治医科大学形成外科非常勤講師
<代表的な資格>

ハイブリッド豊胸の施術料金

ハイブリッド豊胸の施術料金

※表示は全て税別価格です。

施術名 通常料金 モニター価格
ハイブリッド豊胸 2,000,000円 1,500,000円