0120-822-188

カウンセリング予約

お問い合わせ

MENU

膣ヒアルロン酸

膣にヒアルロン酸を注射して膣の若返りと感度UP
女性医師、女性スタッフが対応します。

 

キャンペーン価格 100,000円 (税別)


次のような方が膣ヒアルロン酸注射に向いています。

イラスト

  • 膣の引き締め、締まりをよくしたい
  • 湯船に入ると膣内にお湯が入ってしまう
  • 膣乾燥によるヒリヒリ感を改善したい
  • くしゃみをすると尿が漏れる
  • 膣のゆるみをパートナーに指摘された
  • 性交時の不快感や痛みによる不感症治したい
  • 性交時の感度を高めたい

膣ヒアルロン酸注射とは?

膣ヒアルロン酸注射とは、ヒアルロン酸を膣粘膜に注入にすることによって、膣の引き締め、若返り、性感度アップなどの効果を出す治療です。具体的には次の4つが可能です。

  • 膣の締まり、引き締め
  • 乾燥改善、潤いアップ
  • 尿漏れ予防
  • 性感度アップ

これらを約30分程度のヒアルロン酸注射で実現します。1回の治療で完結し、で即効性があるので効果はすぐにわかります。腫れなどのダウンタイムもな負担の少ない治療です。また、オプション治療として、同時に性感を高める「G shot」や、性交時にパートナーが大満足できる「名器形成」も行うことができます。膣の若返りと性生活を充実させることができます。

膣が引き締まる理由

膣のゆるみが起きている時、膣内の空間が広くなっています。ヒアルロン酸を膣に注射することで、膣がボリュームアップして厚くなるので、空間が狭くなって膣の締まります。また、ヒアルロン酸を注射した部位はしっかりと締まりがでるので、膣を押し上げてくれます。お湯漏れや空気が入るなどの不快感を改善します。また膣が狭くなり引き締まったことで性感度がアップし、性交時の満足度が高まります。

膣の乾燥が改善して膣内が潤う理由

ヒアルロン酸には水分を吸収し、とどめる性質があります。お肌がしっとりしているのはヒアルロン酸が水分をとどめてくれるからです。同じ理由で、膣粘膜は老化と共に萎縮し、粘膜内のヒアルロン酸も減ってしまいます。水分をとどめることができなくなり、ヒリヒリ感や乾燥につながります。膣ヒアルロン酸注射を行うことで、膣粘膜に厚みが戻り、同時にヒアルロン酸が水分をたっぷり吸収して、キープしてくれるので、乾燥した膣がしっとりと改善し、潤いが戻るのです。

尿漏れが改善する理由

膣が緩んでいる時は膣内の空間が大きくなっています。そのため、膣に接している膀胱や尿道も開いて尿が通りやすい状態になってしまっています。このために、くしゃみをした時やおへその下に力をいれると尿漏れが起きてしまいます。膣ヒアルロン酸を行うことで膣が厚くなり、空間も狭くなるのでおのずと尿道が圧迫されて尿漏れが起きにくい状態となります

ご自身の性感度アップしてとパートナーの満足度もアップする理由

女性の性感度が高まる理由はなぜでしょうか?それは膣ヒアルロン酸注射を行うことによって膣が締まり、性交時に男性器とより触れるようになるからです。粘膜面に感覚神経がありますので、触れる面が大きくなるほどに、感覚神経から性感がより伝わることになります。これが性感度が高まる理由です。パートナーの男性が満足度がアップする理由はなぜでしょうか?これも女性と同じ理由です。締まりのある膣で男性器によりしっかりと触れることで、男性側も男性器の皮膚表面にある感覚神経から性感がより伝わることになります。性生活をより充実させることができます。

性感を更に高める「G shot」

「G shot」とは、性感度を更に高める膣ヒアルロン酸注射のオプションです。アメリカ発祥の注入技法です。膣ヒアルロン酸注射をする際に、同時にG shotを行うことで性感度を高めます。「G spot」という言葉をご存知でしょうか?膣の中でも特に性感度が高い部位があり、ここには神経がより多く集まっています。その部位に神経を傷つけないようにヒアルロン酸注射をしっかり行います。そうすることで女性の性感度が更にアップします。

Gスポットと呼ばれる神経が集中しているところにしっかりヒアルロン酸を注射することで性感度が更に高まる

パートナー性交時大満足「名器形成」

「名器」という言葉をご存知でしょうか?俗語ではありますが、男性側の満足度が高い女性器のことを指します。解剖学的には、膣粘膜面がぼこぼこした状態と言えます。ヒアルロン酸の注入テクニックで、この状態を再現できます。パートナーへの刺激がより高まるので、性生活を更に充実させることができます。

膣へのヒアルロン酸注射はリスクの少ない安心安全な治療です

ヒアルロン酸とは、もともと皮膚や関節、粘膜など人の体に存在する成分です。保湿・弾力・柔軟性があるので、お肌のハリや潤いを保つために必要な成分なのです。ヒアルロン酸自体が本来体内に存在するので、注入してもアレルギーが起こるなどのリスクはほとんどありません。
またヒアルロン酸は徐々に体内で吸収されます。“しこり”などになるリスクが少なく安全です。
さらに、手術ではなく注射なので、治療後に腫れたり痛みが残るといったダウンタイムがほとんどありません。傷跡も残らないのでお気軽にできる治療とえいます。
初めての方でも安心してお受けいただけます。お気軽にご相談ください。

ルーチェのこだわり

 1)ルーチェ東京美容クリニックでは、カウンセリング・診察・執刀・術後再診まで女性医師が一貫して対応いたします。

デリケートゾーンのお悩みはなかなか伝えにくいものです。患者様がお悩みを相談しやすいような空気づくりを大切にしています。お悩みをじっくり相談し、治療内容や術後の経過などをしっかりお伝えすることで、安心して治療に臨めると考えております。一人で悩まず、お気軽にご相談くださいね。

2)痛みを最小限にする工夫をしております。

ルーチェ東京美容クリニックでは、痛みをできるだけ減らすことに力を入れています。「注射」と聞くだけでも痛そうなのに、「膣に注射」と聞いたら、もっと怖そうですよね。そこで、針自体がすごく細い「極細針」や、針ではなく先が丸い「マイクロカニューレ」など最適なものを選択しながら使用しています。また、注射自体の意味を和らげる、ガスの痛み止め麻酔である「笑気麻酔」を使うことができます。とにかく痛いのは嫌だ、という方は眠っている間に治療が終わる、「静脈麻酔」も行うことができます。胃カメラや大腸カメラの時に使用される、外来で使われる眠る麻酔です。お薬はすぐに代謝されるので気持ち悪さが残る、などもありません。ご希望の際は遠慮なくお申し付け下さい。

3)極細針使用で腫れ・内出血はありません。

通常の針で注入すると高確率で内出血が起こります。当院では専用の特殊針である「極細針」を使用しますので、腫れ・内出血はでません。安心して治療を受けられます。

針もこだわって数種類ご用意しております。
写真
一回り細くなるだけで
通常の針がカニューレに代わるだけで、
痛み・針跡・内出血・ダウンタイム
がグッと減ります。

4)ダウンタイム短縮セット

ルーチェ東京美容クリニックでは腫れ・内出血を軽減するセットをご用意しております。
ダウンタイムが短くすることで、日常生活にできるだけ支障がでないよう配慮致しております。ショートダウンタイムセットには①腫れ短縮セット、②傷跡が綺麗になりやすいセット の2つがあります。ご希望に応じてご提案しております。

①腫れ短縮セット

・腫れ抑制点滴:手術後直後に点滴を1回だけ行います。10分程度で終わります。手術後に起こる腫れを最小限に抑えることができます。その後通院して行う必要はありません。

・腫れ抑制飲み薬:手術後にご自宅で内服して頂く飲み薬です。毎食後内服して頂くことで腫れの引きを早くします

②傷跡が綺麗になりやすいセット

・傷を目立たなくさせる飲み薬:ケロイド体質などが心配な方は内服するとよいでしょう。傷がより綺麗に治ってくれます。

※上記セットを行っても、個人差や体質により腫れや内出血、傷跡ができることが考えられます。ご了承ください。

効果的な膣ヒアルロン酸注射との組み合わせ治療

 

膣縮小引き締めレーザー

膣内にレーザーを照射することで、膣粘膜が厚くなり、コラーゲンなどが作られて膣の縮小、引き締め効果がでます。ヒアルロン酸注射と組み合わせることで相乗効果が得られます。

詳しくはこちら

膣ヒアルロン酸注射のケア

治療について

治療時間 約30分程度(初めてのご来院の場合、カウンセリングと治療で約1時間半程度かかります)
痛み 少しだけ1瞬チクッとした痛みがあります。笑気麻酔や静脈麻酔で痛みを和らげることができます。
施術期間 1回で終わります。いつでも追加の注射が可能です。

治療後の経過

即効性があるので、注射後から膣引き締しめ、潤い効果が得られます。

治療後の過ごし方

アルコール 当日のみ控えましょう。翌日から飲めます。
シャワー 当日から可能です。
入浴 7日後から可能です。
性交 7日目から可能です。
通院 とくに必要ございません。

※上記説明はあくまで一般的なもので、肌質・体質・症状等の個人差により差異がありうることをご理解下さい。

膣ヒアルロン酸の治療の流れ

Step.1カウンセリング・診察
カウンセリングと診察を行います。ご希望のイメージ、注入量、アフターケア等についても詳細に説明致します。ご不明な点がございましたら、ご遠慮なく何でも質問してください。
Step.2お会計
治療内容が決まりましたらお会計をして頂きます。現金払いだけでなく、クレジットカード、医療ローン、電子決済などもできます。当院はカウンセリング・ドクター診察料金は頂いておりません。治療はしないでご自宅で一旦検討したい、という場合はお帰り頂いて問題ありません。その場合はお会計は頂いておりません。お気軽にご相談ください。
Step.3膣ヒアルロン酸注射
治療時間は約30分程度です。注射の痛みが心配な方は、痛みを和らげる笑気麻酔や、眠っている間に終わってしまう静脈麻酔などを同時に行うことをお勧めします。
Step.4ご帰宅
初めての来院の場合、来院、カウンセリング、治療、ご帰宅まで約2時間程度かかります。2回目以降のご来院は治療のみですので約1時間程度です。治療後に気になることがあれば、お電話・メールなどでお気軽にご相談ください。

合併症・リスク

合併症は、仮に起きたとしても軽微なことがほとんどです。
合併症予防には手術後のケアが重要です。
・疼痛:手術後、多少の痛みがあります。痛み止めを処方いたします。
・感染:抗生剤を処方します。
・出血・血腫:傷をこする・血圧上昇により、おこります。冷やす・安静にすることが大切です。
・吸収糸の早期脱落:溶ける糸が早く取れてしまう。ご連絡下さい。
・創傷治癒遅延、創離開・瘻孔形成:キズが開くことがあります。感染、手術後にキズをこすってしまった場合、糖尿病などでキズの治りが悪い方でおこりやすいです。
・傷跡・凹凸・ノッチ形成:凹凸が残ることがあります。再手術で修正することができます。
・色調の不調和:wedge法で縫い合わせた皮膚同士の色調が異なる場合に起こります。半年から1年程度でなんじでくることが多いです。
・性交時痛・感覚の変化(感覚過敏・感覚鈍麻):手術後1カ月程度キズがピリピリすることがあります。ほとんどの方が自然に改善します。
・左右差:ほとんどの方に、もともと左右差があります。このため全く同じ量を切除しても左右差が出ることがあります。再手術で修正することができます。
・形態の不満足(過剰切除・切除不足):再手術で修正することができます。
・薬のアレルギー:必要に応じて対処します。アレルギー体質のかたは事前にお申し出ください。
・糸の露出:体質により糸が出てくることがあります。ご来院いただき、抜糸します。

膣ヒアルロン酸のよくある質問(Q&A)

膣ヒアルロン酸注射後は痛いですか?
注射後の痛みはありません。日常生活に支障をきたすこともないのでご安心下さい。

このページは医療に関わる専門的な内容になっています
そのため、医師免許を持った加藤晴之輔総院長をはじめ、
日本形成外科学会(JSPRS)専門医、日本美容外科学会(JSAPS)正会員を有するルーチェ東京美容クリニック医師陣が監修し制作しております。
記事総監修医師:加藤晴之輔

<総院長略歴>
  • ・ 岐阜大学医学部卒
  • ・ 東京大学大学院医学博士
  • ・ 医療法人社団光美会 理事長
  • ・ ルーチェクリニック銀座院院長
  • ・ 自治医科大学形成外科非常勤講師
<代表的な資格>

膣ヒアルロン酸の施術料金

膣ヒアルロン酸の施術料金

※表示は全て税別価格です。

施術名 通常料金 キャンペーン価格
膣ヒアルロン酸 1本 160,000円 100,000円
Gスポット注射(オプション) 100,000円
名器形成(オプション) 100,000円
笑気麻酔 50,000円
静脈麻酔 100,000円

婦人科形成 婦人科形成

関連施術

膣縮小レーザー
膣引き締めのレーザーです。