気になるお悩み、まずはお気軽にご相談ください。

診療時間:10:00~19:00 休診日:不定休

池袋院 0120-822-188

銀座院 0120-261-895

カウンセリング予約

小陰唇縮小・膣ヒアルロン酸・副皮切除・会陰贅皮切除・膣脂肪注入・クリトリス包茎・大陰唇たるみ取りなどの婦人科手術は当日即日手術ができるの?

婦人科形成の多くは手術による治療が多いです。

カウンセリングや診察などの受けてその日のうちに

手術はできるのでしょうか?

当日、即日手術を受けられるための準備などをご紹介します。

 

婦人科形成手術の症例写真はこちらです。↓

 

婦人科症例バナー

☆婦人科手術(デリケートゾーンの治療)のyoutubeはこちら☆↓

 

 

 

小陰唇縮小は当日・即日に受けられるの?

小陰唇縮小手術は当日その日のうちに手術を受けることができます。

ただし、生理の期間は手術をすることができません。

生理の期間を外してスケジュールを立てることが大切です。

小陰唇縮小手術の流れは、まず電話やメールで

カウンセリング診察の予約を取ります。

その際にメールでも電話でも、

「当日の治療を希望」とご希望をお伝え頂ければ、

当日に手術ができるよう対応致します。

カウンセリング当日、

まずはカウンセラーからのカウンセリング、

そしてドクターの診察を行います。

診察をして必要な手術方法を確認します。

その後リスクなどの説明をしてトータルの費用を算出します。

この段階で当日の手術希望であれば

そのまま手術を受けることができます。

来院してから帰るまでに

5時間程度見ていただく必要があります。

半日程度かかりますので、時間に余裕を持って

ご予定を立てて頂くことをお勧めします。

さてここで診察や実際の手術を受ける場合、

生理中ですと、やはり診察も手術も受けることができません。

生理の時は出血が起きているので、デリケートゾーンの正しい形や

仕上がりを予測することが難しくなってしまいます。

また生理による出血なのか手術部位からの出血なのかが

判別しにくくなる可能性があり、

生理中の診察・手術をお勧めしておりません。

生理を避けて診察・手術のスケジュールを立てましょう。

 

ヒアルロン酸注入②

 

副皮切除・会陰贅皮切除・クリトリス包茎は当日・即日受けられるの?

副皮切除や会陰贅皮切除、クリトリス包茎は

小陰唇縮小手術と同時に行われることが多い手術方法です。

副皮切除や会陰贅皮切除を単独で行うことはあまりありません。

副皮切除等を受ける場合も、カウンセリングと診察を受けた後、

そのまま当日・即日の治療を受けることができます。

予約問い合わせの段階で診察と同時に手術希望、という

ご希望をお伝え頂ければ手術の枠をあらかじめ確保いたします。

診察を行い、期待できる効果やリスクを聞いたのち

会計が済めば、

そのまま手術を受けることが可能です。

ただし小陰唇縮小手術と同じで

生理中はやはり診察・手術を受けることができません

生理のタイミングを避けたスケジュールを立てましょう。

 

膣ヒアルロン酸注射・膣脂肪注入は当日・即日できるの?

膣ヒアルロン酸注射と膣脂肪注入はどちらも

膣のたるみに対して、引き締め効果が期待できる治療法です。

膣の引き締めに加えて、うるおいの改善、尿漏れ改善、

不感症の改善なども合わせて期待することが出来ます。

膣ヒアルロン酸注射は注射治療ですが、

しっかりと麻酔をかけた状態で行います。

膣脂肪注入は、

注入する脂肪をお腹や腰、太ももをなどから

採取するので、単なる注射というよりは

手術に近い治療法となります。

どちらも診察と同じ日に治療を受けることが可能です。

小陰唇縮小と同じようにカウンセリングと診察を受け、

注射が可能と判断した段階で当日治療を行います。

クリニックにご来院いただきカウンセリングと診察を行い

治療をして少し休憩しご帰宅されるまでに

やはり4時間から5時間ほど見ていただく必要があります。

特に膣脂肪注入の場合、

必ず静脈麻酔と言って点滴で眠る麻酔を行います。

静脈麻酔を行う場合は3時間前から水分を取らない、

6時間前から食事をとらない、という準備が必要です。

詳細の説明は予約やお問い合わせの段階でご案内いたしますが

お腹が満腹の状態では静脈麻酔はかけられませんので

事前の準備を行うことが必要です。

また膣ヒアルロン酸注射、膣脂肪注入どちらも

生理中はやはり治療を行うことができません。

血液で表面が覆われてしまっていると

適切な部位に注射ができなくなってしまうので

やはり生理を避けたスケジュールを立てて

ご予約をお願いいたします。

 

ヒアルロン酸注入③

 

大陰唇たるみ取り・大陰唇脂肪注入は当日・即日受けることができるの?

大陰唇たるみとは、老化現象が進んで

大陰唇がシワシワした状態になることです。

大陰唇のたるみを改善する方法は二つあります。

大陰唇の脂肪注入と大陰唇のたるみ取りです。

大陰唇のたるみ取りは、たるんでしまった大陰唇の

皮膚を切って除去し、その傷の部分を縫います。

大陰唇の皮膚がピンと張った状態になります。

大陰唇脂肪注入の場合、大陰唇に自分自身の脂肪を入れることで

ふっくらとしたハリのある大陰唇にすることができます。

どちらの方法も診察と同じ日に手術を行うことができます。

やはり予約お問い合わせの段階で当日手術希望という

ご希望をお伝えください。

また他の治療と同じで

やはり生理中は診察や手術を避けていただきます。

手術後のアフターケアは生理ではない時の方が

衛生状態を保って傷を治せます。

やはり生理のタイミングを外してのご来院治療をお勧めしております。

 

ヒアルロン酸注入④

 

小陰唇縮小・副皮切除・会陰贅皮切除・クリトリス包茎・膣ヒアルロン酸注射・膣脂肪注入・大陰唇脂肪注入・大陰唇たるみ取りは当日・即日できるの?のまとめ

婦人科形成の手術は、当日・即日、診察と同じ日に

手術を受けることができます

何度も来るよりは出来るだけ少ない来院回数で

治療が終わったほうが楽ですよね。

しかしどの治療も同じですが、

診察と手術にあたり

生理のタイミングを外すことを忘れないでください。

また治療の内容によっては、眠る点滴の麻酔(静脈麻酔)を行います。

静脈麻酔を行うにあたり

食事や水の制限がありますので、こちらもしっかりと準備を行いましょう。

 

関連記事

婦人科形成手術の症例写真はこちらです。↓

 

婦人科症例バナー

☆婦人科手術(デリケートゾーンの治療)のyoutubeはこちら☆↓

 

 

 

ルーチェクリニックの小陰唇縮小術の3つメリット

  1. 小陰唇の大きさや厚さに形、ご本人の希望によって10種類以上の手術方法から一番、
  2. 患者様にあった安全で美しい手術を提案致します。
  3. 女性医師(形成外科専門医)による細やかな手術が受けられます。
  4. 万全のアフターケアで安心です。

 

 

担当医師

佐野仁美

山口 華央

魚住 知美

栄 由貴

 

記事監修

このページは医療に関わる専門的な内容になっていますそのため、

医師免許を持った加藤晴之輔総院長をはじめ、
日本形成外科学会(JSPRS)専門医、日本美容外科学会(JSAPS)正会員を

有するルーチェクリニック医師陣が監修し制作しております。
記事総監修医師:加藤晴之輔

 

総院長略歴

  • 岐阜大学医学部卒
  • 東京大学大学院医学博士
  • 医療法人社団光美会 理事長
  • ルーチェクリニック 総院長
  • 自治医科大学形成外科非常勤講師

 

代表的な資格

 

お問い合わせ・ご予約

お問い合わせ、ご予約は以下からお気軽にご連絡下さい。女性医師が対応可能です。

 

お問い合わせ↓

 

 

診察ご予約↓

 

この記事をシェアする