気になるお悩み、まずはお気軽にご相談ください。

診療時間:10:00~19:00 休診日:不定休

池袋院 0120-822-188

銀座院 0120-261-895

カウンセリング予約

婦人科形成をモニター価格で受診する~「モニター」とは何か

美容整形手術は、コンプレックスを解消し、

自分自身の体を前向きにとらえられるようにするための施術です。

また、特に婦人科形成の分野においては、

パートナーとの快適で楽しい時間を過ごすために

受けるという人も多くみられます。

下半身の問題の場合、

自分の力(たとえばダイエットや筋肉トレーニングなど)で

対応するのは難しい分野でもあります。

このため、コンプレックス解消やパートナーとの時間を

より楽しく過ごしたいと考える人にとっては、

クリニックでの整形手術が選択肢として挙がってくることでしょう。

 

しかし、クリニックでの整形手術にはやはりお金がかかります。

そこで、解決策として考えたいのが、「モニター制度」です。

 

 

整形手術の費用が高くつく理由

整形手術は、コンプレックスを解消するための

もっとも有効な手段のうちのひとつです。

しかし、整形手術の費用は決して安くありません。

整形手術にかかる薬剤などの金額も理由になりますし、

人件費がかさむという理由もあります。

特に婦人科形成を担当する医師には高い技術と長い経験が求められます。

また、婦人科形成に限ったことではありませんが、

美容外科手術の分野は

「保険の適用外の診療(自由診療)」にあたるところです。

美容整形手術は、「健康的な生活を送るために受けるもの」ではないため、

保険の対象外となってしまいます。

保険が効く場合は、

自己負担の割合は1割~3割(年齢や収入によって異なります)ですが、

美容整形手術の場合は10割全負担となってしまいます。

そのため、一般的な病気の治療とは異なり、値段が高くなります。

※ただし、乳がんによって乳房を切除したときに、

乳房の再建手術を行う場合などは保険適用内とされることもあります。

加えて、美容外科手術は美容外科クリニックが

自由に値段を設定してもよいとされています。

このため、比較的値段の安いところと

そうではないところを比べた場合、同じ部位の手術であっても

値段が2倍ほども変わってきてしまうこともあります。

もっとも、「値段が高いところが悪くて、値段の安いところが良い」とも

「値段が高いところは良くて、値段の悪いところは悪い」ともいえません。

美容クリニックの価値を決めるのは、

単純に「費用」だけではないからです。

しかし、この「費用の高さ」に、

「コンプレックスを解消するために美容整形を受けたいけれど、

二の足を踏んでしまう……」という人もいるのではないでしょうか。

 

費用面で悩むのであれば、「モニター制度」を利用してください

このように費用面で悩む人におすすめしたいのが、

「モニター制度」です。

モニター制度は、簡単に言うのであれば、

「マスメディアやホームページでの露出を条件として、

一般的な価格よりもずっと安く手術を受けることができる」

という制度です。

実施している病院もあれば実施していない病院もありますが、

これは患者様にとってもクリニック側に

とっても大きなメリットがあります。

患者様のメリットとして、

「安い金額で受けられる」というものが挙げられます。

病院によって異なりますが、

20パーセントオフ~70パーセントオフの価格で施術を提供する

というところが多いといえます。

美容整形の場合、

もともとの金額が非常に高く設定されていることが多いため、

モニターであるときとモニターでないときで、

費用が10万円以上もかわってくることもあります。

 

「美容整形を受けてみたいけれど、少し怖い」

「どんな風になるのかを確認してから受けたい」という人にとって、

症例のビフォア・アフター写真は重要な手がかりとなります。

自分が受けたいと思っている病院で

実際に手術を受けた人の写真であるならば、

なおさらです。クリニックもまた、

このような「潜在的な顧客」にアピールする方法として、

モニターの写真を利用できるというメリットがあるのです。

このように、モニター制度は患者様とクリニック側、

そして潜在的な患者様にとってメリットがあるものなのです。

 

 

モニターのかたちは実にさまざまです

一口に「モニター」といっても、その種類はさまざまです。

「インターネットサイトでだけ公開するモニターを募集している」

というところもあれば、

「全身を移してテレビなどに出演してくれる人を求めている」

としているところもあります。

「モニターになるには構わないけれど、

インターネットに流されたり、

テレビなどに出演したりはしたくない」と考える人には、

「院内モニター」という形態を提案する場合もあります。

これは、インターネットやテレビなどには露出せず、

院内のファイルとしてクリニックのなかでだけ画像などを

共有するやり方です。

どのような形態のモニターを募集しているかは、

病院ごとによって違いがあります。

露出媒体がすでに定められているところもあれば、

「好きなタイプを選んでもらえる」としているところもあります。

一度医師に相談してみてください。

 

 

ルーチェクリニックにおける婦人科形成のモニター制度について

ルーチェクリニックでも、婦人科形成のモニター制度を実施しています。

2020年3月現在、モニター制度の対象となっているのは、

・小陰唇縮小手術

・大陰唇脂肪注入手術

の2つです。

 

小陰唇縮小手術は、婦人科形成のなかでも

非常によく知られている手術です。

小陰唇の一部を切除するなどして、

小さくしたり形を整えたりする手術です。

大陰唇脂肪注入手術は、自分の体からとった死亡を大陰唇に注入し、

大陰唇をふっくらと魅力的に見せるための手術をいいます。

 

小陰唇手術は、通常価格から70パーセントオフとなった費用

(通常価格35万円、モニター価格98,000円)で受けることができます。

 

大陰唇脂肪注入手術の場合は、通常価格から10万円引きの金額

(通常価格50万円、モニター価格40万円)で施術することができます。

 

婦人科形成は、非常にデリケートな部分に対して

アプローチしていくものです。

ただ、モニターを務めることで

非常に安い値段で手術を受けることができますし、

同じようなコンプレックスを抱えている「後輩たち」の

背中を押すことにもつながります。

ご興味があるのであれば、ぜひご相談ください。

 

担当医師

山口 華央
魚住 知美
栄 由貴

 

記事監修

このページは医療に関わる専門的な内容になっていますそのため、

医師免許を持った加藤晴之輔総院長をはじめ、
日本形成外科学会(JSPRS)専門医、日本美容外科学会(JSAPS)正会員を

有するルーチェクリニック医師陣が監修し制作しております。
記事総監修医師:加藤晴之輔

 

総院長略歴

  • 岐阜大学医学部卒
  • 東京大学大学院医学博士
  • 医療法人社団光美会 理事長
  • ルーチェクリニック 総院長
  • 自治医科大学形成外科非常勤講師

 

代表的な資格

 

関連記事

 

ルーチェクリニックの小陰唇縮小術の3つメリット

  1. 小陰唇の大きさや厚さに形、ご本人の希望によって10種類以上の手術方法から一番、
  2. 患者様にあった安全で美しい手術を提案致します。
  3. 女性医師(形成外科専門医)による細やかな手術が受けられます。
  4. 万全のアフターケアで安心です。

小陰唇縮小手術の詳細はこちらです。

お気軽にご相談下さい。

 

お問い合わせ・ご予約

お問い合わせ、ご予約は以下からお気軽にご連絡下さい。女性医師が対応可能です。

 

お問い合わせ↓

 

 

診察ご予約↓

 

 

 

 

 

この記事をシェアする