池袋院 0120-822-188

銀座院 0120-261-895

カウンセリング予約

お問い合わせ

MENU

アゴ下のタルミ・二重アゴ改善

アゴ下リフト
(アゴ下筋肉縛り)

 

モニター様割引価格 600,000円(税別)(定価800,000円)


こんな方にオススメです

イラスト

  • アゴ下がたるんでいる
  • アゴと首の境界がなくなってしまった
  • とさかのようにアゴ下のすじが気になる
  • アゴ下の輪郭をはっきりさせたい
  • 二重アゴがきになる

アゴ下リフト(アゴ下筋肉縛り)とは

アゴ下リフト(アゴ下筋肉縛り)とは、アゴ下のたるみ・首の縦ジワ等を改善する手術です。「ペリカン手術」「筋肉縛り」などとも呼ばれています。アゴ下のいらない脂肪を取り除きます。首の筋肉である広頚筋(こうけいきん)のたるみを取り除き、ピンと張った状態にします。

アゴ下リフト(アゴ下筋肉縛り)の方法

アゴ下リフト(アゴ下筋肉縛り)は、アゴの下を数センチ切開します。切開した部分から、いらない脂肪を除去します。そしてたるんでしまった余分な首の筋肉を切除します。筋肉をぴんと張った状態で引きしめて固定します。切開した皮膚は縫い閉じます。下あごの骨の下の部分を切開するので、傷はかなりわからなくなります。

切開線

アゴ下リフト(アゴ下筋肉縛り)の効果

たるんでしまったアゴ下がすっきりします。余分な脂肪を切除するので、二重アゴも改善できます。アゴと首が一直線になっていた状態から、あごと首の境界がくっきりします。首全体はつながっているので、輪郭もスッキリ見えます。

アゴ下リフト(アゴ下筋肉縛り)

ルーチェのこだわり

1)アゴ下小切開

アゴ下リフト(アゴ下筋肉縛り)をする場合、アゴ下を切開をします。この時、切開が小さいほど腫れや傷跡などのダウンタイムが少なくなります。小さすぎても逆に首の引き締めができなくなってしまいます。効果を最大限にだし、最小限のダウンタイムとなるよう、小切開での手術をこころがけています。

2)ダウンタイム短縮セット

ルーチェ東京美容クリニックでは腫れ・内出血を軽減するセットをご用意しております。ダウンタイムが短くすることで、日常生活にできるだけ支障がでないよう配慮致しております。ショートダウンタイムセットには①腫れ短縮セット ②内出血短縮セット ③傷跡が綺麗になりやすいセット の3つがあります。ご希望に応じてご提案しております。

①腫れ短縮セット

・腫れ抑制点滴:手術後直後に点滴を1回だけ行います。10分程度で終わります。手術後に起こる腫れを最小限に抑えることができます。その後通院して行う必要はありません。

・腫れ抑制飲み薬:手術後にご自宅で内服して頂く飲み薬です。毎食後内服して頂くことで腫れの引きを早くします

②内出血短縮セット

・吸収性止血薬:植物由来の吸収性止血薬を手術中に使用します。麻酔がきれてからジワジワと出る微出血をとめることで手術後内出血を予防します。

・内出血を消すレーザー:「エクセルV」というレーザーを手術後に照射すると、翌日には内出血がひきます。

・内出血短縮クリーム:血行を促して内出血の排泄・消退を促します。

③傷跡が綺麗になりやすいセット

・傷を目立たなくさせる飲み薬:ケロイド体質などが心配な方は内服するとよいでしょう。傷がより綺麗に治ってくれます。

・傷を目立たなくするテープ:体など、テープが貼れる部位であれば専用のテープを貼って頂きますと傷がより綺麗になります。

 
④再生美容液
  • 再生美容液

高濃度FGF、高濃度EGF等のヒト成長因子が配合された美容液です。治療部付近に朝晩塗ることで再生を促します。


 

※上記セットを行っても、個人差や体質により腫れや内出血、傷跡ができることが考えられます。ご了承ください。

アゴ下リフト(アゴ下筋肉縛り)と効果的な組み合わせ治療

アゴ下脂肪吸引

アゴ下脂肪吸引

アゴ下脂肪吸引を同時に行うと、アゴ下の二重アゴがなくなり、よりスッキリした輪郭となって相乗効果が得られます。

詳しくはこちら

SMASリフト

SMASリフト

切るリフトアップです。同時にフェイスラインやほうれい線もスッキリ改善することができ、相乗効果が得られます。

詳しくはこちら

クリスタルリフト

クリスタルリフト

溶ける糸によるリフトアップです。同時にフェイスラインやほうれい線もスッキリ改善することができ、相乗効果が得られます。

詳しくはこちら

ルーチェリフト

ルーチェリフト

溶ける糸によるリフトアップです。同時にフェイスラインやほうれい線もスッキリ改善することができ、相乗効果が得られます。

詳しくはこちら

ドクターからわかりやすいカウンセリング

アゴ下リフト(アゴ下筋肉縛り)は、アゴ下のタルミを改善します。アゴ下がたるむと、二重アゴやあごと首の境界がなくなってしまったり、とさかのようにアゴ下から首に筋がはいってしまいます。アゴ下の筋肉を引き締めることでアゴ下が引き締まり、輪郭もくっきりします。脂肪が多い方は、アゴ下の脂肪吸引も同時に行うと効果倍増です。アゴ下のたるみが気になる方は是非ご検討ください。 コメントコメント

アゴ下リフト(アゴ下筋肉縛り)の流れ

カウンセリング
Step.1カウンセリング
手術担当となる医師がしっかりとカウンセリングを行います。理想のフェイスラインやご希望のお顔のシルエットのイメージを丁寧に伺います。手術後のシミュレーションを行い、術後のイメージをつくります。手術の内容やアフターケア等についても詳細に説明致します。
ご不明な点がございましたら、ご遠慮なく何でも質問してください。
Step.2デザイン
手術担当医師がカウンセリングで伺った内容でデザインを行います。一緒に確認し、ご納得頂けましたら手術準備を開始します。
Step.3局所麻酔
手術中の痛みをなくすために、局所麻酔を行います。局所麻酔は注射で行います。
ご希望に応じて静脈麻酔を併用することができます。
Step.4手術
局所麻酔が効いて痛みがなくなったら手術を始めます。手術時間は、約1時間程度です。局所麻酔が効いているので手術中の痛みはありません。
虫歯の治療と同じです。触ったり押されたりの感覚はわかりますが、ちくちくずきずきはありません。
Step.5手術後休憩とクーリング
手術の後は、5~10分ほど手術部位を保冷剤でクーリングします。冷やすことで腫れを軽減できます。
Step.6
歩いてお帰り頂けます。保湿、日焼け止め、お化粧等も直後から可能です。
腫れが気になる方は、マスクをご準備下さい。マスクをしてお帰り頂ければ周囲にはわかりません。
Step.7アフターケア
術後に腫れや痛みが気になる場合など、気になることがあれば、お電話などでお気軽にご相談ください。お話をうかがい、必要があるようでしたら、術後検診に来院いただきます。

アゴ下リフト(アゴ下筋肉縛り)切除後のケア

お薬 内服薬(抗生剤・胃薬・抗炎症薬)は1日3回食後。3日間
消毒 不要

<手術前>

・毎日飲む薬のある患者様(特に糖尿病のお薬や血液サラサラのお薬)は必ず申し出てください。
・健康に注意し、不規則な生活はおやめください。

<当日>

・時計、指輪、ネックレス、ピアス、ブレスレット等のアクセサリー類は外してください。
・マスクをご持参頂けるとお帰りの際、周囲にわかりません。

<手術後>

・2日間、保冷剤をハンカチなどで包み創部を軽く押しながら冷やしましょう。
腫れの引きが早まります。

シャワー浴 当日より可
洗顔 当日より可
お化粧 当日より可
洗髪 当日より可
運転 当日はお控えください。
飲食 当日より可
歯磨き 当日より可(積極的に行いましょう)
入浴 7日間程避けましょう(血行が良くなることを控えた方が腫れ・内出血が少ないです)。
飲酒 7日間程避けましょう(血行が良くなることを控えた方が腫れ・内出血が少ないです)。
運動 7日間程避けましょう(血行が良くなることを控えた方が腫れ・内出血が少ないです)。
飲み薬 すべて飲みきりましょう。特に鎮痛剤は抗炎症作用もあるので引きが早くなります。
抜糸 1週間後

※上記説明はあくまで一般的なもので、肌質・体質・症状等の個人差により差異がありうることをご理解下さい。

アゴ下リフト(アゴ下筋肉縛り)後の注意点

ダウンタイムについて
ダウンタイムは約1週間とお伝えしています。主なダウンタイムは腫れと内出血です。腫れと言ってもひどい腫れではなく、むくみ程度です。筋肉を引き締めるのでアゴ下がスッキリするはずですが、手術直後は麻酔と腫れによって一見変わっていないように見えます。腫れと麻酔でプラスマイナス0になるからです。翌日もう少しむくみがでます。ひどい腫れはありません。マスクができればわかりません。むくみがひいてくるのにおよそ1週間かかります。内出血もひくまでにおよそ一週間程度かかります。紫色が黄色になり、徐々にきえていきます。
手術後のクーリングによって腫れや内出血などのダウンタイムを軽減するには
手術後のクーリング(保冷材等をくるんで患部を冷やすこと)は、手術部位の腫れを抑えてくれます。最終的な仕上がりに差が出ることはりませんが、腫れが減ることでダウンタイムを短くすることができます。生活のペースに合わせ、1回数分~数十分を、休憩を挟みながら、1日数回程度冷やすといいでしょう。冷えすぎなければ、時間の許す限りクーリングしても問題ありません。軽く押さえながら冷やしましょう。軽く押さえる方が圧迫になるので、時間差で起こりうる内出血のリスクが減ります。保冷剤を直接長時間あてないようにしましょう。低温火傷の原因になり、赤みが残ってしまいます。冷えピタなどを長時間貼りっぱなしにすることもしないで下さい。低温火傷の原因になりますし、はがすときに内側の傷が剥がれて内出血を誘発する恐れがあります。 特に手術当日~手術翌日(手術後1日目)は積極的に冷やすことがダウンタイム軽減に最もつながります。 手術後2日目~手術後3日目頃は、腫れのピークは越えて腫れが徐々にひき始める時期なので、この期間のクーリングもダウンタイム軽減につながります。 手術後4日目~手術後7日目くらいになると腫れも落ち着き始め、冷やさないのに比べて多少マシになる程度です。 手術後7日間程度は血行がよくなること(入浴、運動、飲酒等)控えましょう。血行がよくなることで腫れが強くなってしまう可能性があります。 手術後7日目以降は、腫れが残っていればクーリングをしてもよいかもしれませんが、ほとんどの場合必要ありません。以後のむくみ程度の腫れは時間とともに引いてきます。「温めた方がよい。」という意見もありますが、大きな差はないと考えており、当院では特別お薦めはしておりません。
入浴・運動・飲酒について
これらはいずれも血行がよくなる行為です。手術5日間は身体が温まる等で血行が良くなり過ぎると、腫れが強く出ることがあります。手術で可能な限り腫れが出ないように努力しても、手術後の過ごし方で血行がよくなりすぎたために、腫れが時間差で出てしまうことがあります。特に手術後24時間は血行が良くなりすぎると、傷口から血がにじむこともあるので、最も注意しましょう。手術後7日間は、湯船に浸からず、シャワーを浴びる程度にして、運動や飲酒を控えましょう。サウナ等も同様です。手術後7日目程度になると、血行が良くなりすぎて腫れが再び出てくる、といったことはまずないので、少しずつ様子をみながら入浴・運動・飲酒をはじめて構いません。もし患部にまだ違和感を感じたり、不安があるようでしたら、無理をしないで控えるようにし、以後は徐々に様子をみながら再開していきましょう。
洗顔と消毒、洗髪とシャワーについて
顔の表面に傷ができることはないので、クレンジング、洗顔料、洗顔フォーム等を使用して洗顔して頂いて問題ありません。但し、アゴ下のお傷とその周囲ははゴシゴシ強くこすらないようにしましょう。シャンプーやリンスはいつも通りして頂いて問題ありません。
お化粧はいつからできるか?
手術当日から可能です。化粧水や美容液、日焼け止めなどのケアも当日から可能です。クレンジング、洗顔の際、お傷とその周囲を強くゴシゴシ擦らないようにしましょう。腫れが時間差で出てきてしまう可能性があります。手術後2週間経過すればお傷をあまり意識せずクレンジングや洗顔をしていいでしょう。
手術後どのくらいからレーザーやエステ、マッサージができるか
クリニックやエステサロンでの施術は1か月程度は避けましょう。少なくとも腫れが少しでも残っているうちは、控えるべきです。また、当然腫れが残っている場合も避けるべきです。エステサロン等での強いハンドマッサージも最低1か月以上は控えましょう。強い摩擦は肝斑を誘発する原因にもなるので、それ自体をお薦めしません。 ご自宅でマッサージをする習慣がある方は、1か月程度は頬の周りは控えましょうやはり強くひっぱったりこすったりする動作は目にも緊張がかかるので、控え目にしてください。強いマッサージは強い摩擦を起こして肝斑を誘発しますし、皮膚が伸びてシワ・タルミの原因にもなりうるので、それ自体をお薦めしておりません。
傷跡について
傷跡はアゴ下に数㎝程度つくだけです。一週間後に抜糸を行います。お傷は3ヶ月~半年ほどで徐々に赤みや硬さが消えて、自然とわからない状態になっていきます。
リスク・合併症

腫れ、内出血などのリスクがあります。これらが最小限になるよう、小切開、ダウンタイム短縮セットをご用意しております。
傷跡が残る可能性がありますが、非常に目立ちにくい部位、またキレイになる切開・縫合を行いますので、最終的にすっぴんでもかなりわからない状態になります。

アゴ下リフト(アゴ下筋肉縛り)切除の経過

手術前
注意点

・毎日飲む薬のある患者様(特に糖尿病のお薬や血液サラサラのお薬)は必ず申し出てください。
・健康に注意し、不規則な生活はおやめください。

手術当日
来院前注意点

・時計、指輪、ネックレス、ピアス、ブレスレット等のアクセサリー類は外してご来院ください。
・自動車の運転は控え、公共交通機関でいらしてください。

手術後の状態

・アゴ下の皮膚を数cm程を切って縫うので、手術直後はガーゼをあてています。
・マスクをしてご帰宅頂きますと、目立ちにくいです。
・アゴ下の脂肪吸引を同時に受けられた場合、フェイスバンドをしますので、帽子、マフラー、スカーフ、襟の高いコート、アウターなどをご準備されると隠しやすいです。

処方箋

・抗生剤(1日3回) 、痛み止め・炎症止め(1日3回) 、胃薬(1日3回)を処方致します。
炎症止めはなくなるまで飲みましょう。炎症の引きが早くなります。

飲み物、食事

・食事も飲み物もいつも通りして頂いて構いません。但し、熱いものや辛い物、大きな塊を食べるなどの傷口に刺激になることは控えましょう。

洗顔・クレンジング

・傷の部分を濡らさなければ、洗顔をして頂いて問題ありません。

シャワー

・手術当日のみ、患部を濡らさないようしましょう。濡らさなければシャワーは入れます。
・湯船につかるのは7日間避けましょう。

歯磨き

・歯磨きはいつも通りしましょう。特別な消毒をしなくとも歯磨きをすれば傷口周囲の衛生は保たれるので問題ありません。ただし傷口の近くは優しく磨きましょう。

スキンケア・メイク

・アゴ裏のお傷の部分でなければ、手術直後からスキンケア、メイクが可能です。
・多少むくみがあったとしてもいつも通りして頂いて構いません。

手術後1日目
患部の状態

・アゴ下が手術当日より少しむくんでいるかもしれませんが問題ありません。

清潔・消毒

・消毒をする必要はありません。

手術後7日目
患部の状態

・一週間後に抜糸をします。まだ腫れは残っている場合があります。

日常生活

・入浴できるようになります。
・飲酒できるようになります。
・運動徐々に様子を見ながら始めていきましょう。

手術後1か月
患部の状態

・完成です。
・傷口修正に赤みがあったり、触ると少し硬さがあったり、時々突っ張り感を感じたりすることがあるかもしれませんが問題ありません。3か月程度でなじんでいきます。

日常生活

・特に制限はありません。

※上記説明はあくまで一般的なもので、肌質・体質・症状等の個人差により差異がありうることをご理解下さい。

アゴ下リフト(アゴ下筋肉縛り)のよくある質問(Q&A)

ダウンタイムはありますか?
腫れと内出血が主なダウンタイムです。腫れは2,3日ありますが、1,2週間で落ち着いていきます。内出血も1,2週間程度で落ち着いていきます。
傷あとは目立ちますか?
目立ちにくいです。アゴの下なので正面から見た時わかりません。傷が可能な限り小さくなるように、できるだけ小切開で手術をおこなっている点も、私たちが努力している工夫点です。傷は落ち着くと細い白い線になり、すっぴんでもほとんどわからなくなります。
首のストレッチなどはいつからできますか?
最低1か月はあけましょう。その後3か月程度も、いきなり無理に首を伸ばすのではなく、少しずつ、強い痛みやツッパリが出ない程度に、様子をみながらストレッチをしてください。

加藤晴之輔総院長

この記事の著者

そのため、医師免許を持った加藤晴之輔総院長をはじめ、
日本形成外科学会(JSPRS)専門医、日本美容外科学会(JSAPS)正会員を有するルーチェクリニック医師陣が監修し制作しております。
記事著者・総監修:加藤晴之輔

<総院長略歴>
  • ・ 岐阜大学医学部卒
  • ・ 東京大学大学院医学博士
  • ・ 医療法人社団光美会 理事長
  • ・ ルーチェクリニック銀座院院長
  • ・ 自治医科大学形成外科非常勤講師
<代表的な資格>

アゴ下リフト(アゴ下筋肉縛り)の施術料金

アゴ下リフト(アゴ下筋肉縛り)の施術料金

※表示は全て税別価格です。

施術名 通常料金 モニター価格
アゴ下リフト(アゴ下筋肉縛り) 800,000円(税込880,000円) 600,000円(税込660,000円)
笑気麻酔 50,000円(税込55,000円)
静脈麻酔 100,000円(税込110,000円)